D2Cブランドの成功を左右するオフラインの重要性とは?

近年のEC業界の中でも、トレンドとして定着しているD2Cマーケティング。企業がECを通じて自社ブランドを直接販売するマーケティング手法ですが、実はオフラインン(実店舗)の存在が重要であることをご存知でしょうか?

今回は、D2Cブランドの成功におけるフラインの重要性を解説します。

D2Cとは?

ec shopping

D2CとはDirect to Consumer(DtoC)の略称で、企業が自社で開発したオリジナルブランドを、ECを使って顧客に直接販売するマーケティング手法のことを言います。

従来の販売形式では、商品の開発や生産は自社で行うものの、販売は他社の店舗や卸業者に任せることが一般的でした。しかしD2Cの仕組みでは、自社ECを使って直接ユーザーに商品を販売できるため、仲介料や実店舗のコストなどを削減することができます。

いわゆる「メーカー直販型」の販売手法ですが、最新のテクノロジーやデジタルツールを使いより効率的にユーザーにアプローチできる点が、D2Cが注目を集める理由の1つでしょう。

柔軟なブランディングやマーケティング戦略が可能

また、ブランディングやマーケティング戦略を行う際、自社がダイレクトに施策を反映できることから、スピーディーで柔軟なアプローチが可能となります。

EC業界では年々競争が過熱しており、独自色のあるサイトがユーザーの評価を獲得する傾向にあります。その点D2Cはオリジナリティあるサイト運営にはうってつけで、集客や売上の向上を目指す施策を投入しやすい販売手法と呼べるでしょう。

D2Cでオフラインが注目される4つの理由

さて、ECというオンライン上での取り引き形態がメリットのD2Cですが、実はオフライン(実店舗)の存在がブランドの成功を左右すると言われています。これはどうしてなのでしょうか?

D2Cでオフラインが注目される理由を見ていきましょう。

1.ユーザーとの接点を作りやすい

It is fun to speak with the customer

1つ目の理由は、ユーザーとの接点を作りやすいということ。

EC事業を成功させる上でのポイントとなるのが集客です。いかにしてユーザーをサイトへ導き、コンバージョンに繋げるのかが鍵となりますが、オンライン上での集客は想像以上にハードルが高く他社との競争も激しいのが実情です。

そこで注目されるのがオフライン店舗の存在。実際に商品を展示してアピールできる空間があれば、ユーザーとの接点を生み出しやすくなります。

また、D2Cはオリジナルブランドを取り扱うことが多く、初回購入時は商品のイメージが掴みにくいでしょう。その点オフライン店舗では商品のイメージや質感を手に取って確認することができるため、ユーザーへの認知度を高める効果も期待できます。

2.実際に商品を確認してもらえる

2つ目は、実際に商品を確認してもらえるということ。

オンラインとオフラインの最大の違いは「商品に実際に触れることができるか」という点です。D2CではECの利便性の高さを存分に活かしたマーケティング手法ですが、実際に商品を確認できない点はデメリットといえます。とくに高単価の商品や、サイズや質感が気になるファッション系のアイテムはこのデメリットの影響を受けやすくなります。

オフラインが注目されるのは、こうしたユーザーの不安感を払拭して、安心感を提供できるから。商品のイメージや質感を掴むことができれば、その後の購入を後押しすることができ、顧客獲得において大きなメリットとなるでしょう。

3.ファンやコミュニティを築きやすい

create a community

3つ目は、ファンやコミュニティを築きやすいという点です。

オフライン店舗では、実際にユーザーと店員が顔をあわせてコミュニケーションを取ることができます。こうした空間では互いに親近感を抱きやすく、商品やブランドのファンを生み出しやすいことが知られています。こうしたファンはリピーターへと繋がりやすいことから、自社サイトの集客や売上アップに繋がるでしょう。

また、オフライン店舗でのリアルイベントを開催することができる点も、ファン・コミュニティを築きやすい理由の1つです。

4.SNSで拡散しやすい

4つ目は、SNSで拡散しやすいということ。

SNSを使ったマーケティング活動はD2Cにおいても重要なポイントですが、オンライン店舗だけの運営では投稿する画像が商品だけとなってしまいます。これはUGC(ユーザーが自ら発信したコンテンツ:SNSの投稿やレビューなど)を獲得するには、不利な状況です。

しかしオフライン店舗でのイベントなどなら、ユーザーも気軽に投稿をアップしやすくUGCが生まれやすい環境を提供できます。インフルエンサーなどをゲストとして招待すれば、そこを起点に新しい顧客を獲得できるでしょう。

このように、オフライン店舗はSNSとの相性がよく、D2Cの強みをより引き出すことができます。

まとめ

今回は、D2Cブランドにおけるオフライン(実店舗)の重要性について解説しました。

D2Cはオンラインの強みを活かしたマーケティング手法ですが、オフライン店舗との連携を深めればより効果的に集客や売上に繋げることができます。継続的な実店舗の運営が難しい場合でも、期間限定のポップアップ店やイベントの開催などを通じて、オフラインの強みを取り込んでみましょう。

PRECSの「リピスト」は、単品通販に強いカートシステムを提供しています。D2Cの柱となる魅力的なECサイトを構築したいなら、ぜひ一度私たちにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト