コンバージョン率を上げるにはランディングページ最適化

ランディングページ最適化」は「LPO(Landing Page Optimization)」や「コンバージョン率最適化」とも表され、顧客となる可能性のあるサイト訪問者の比率を向上させることを目的としたインターネットマーケティング手法のことです。

すなわち、ランディングページに対する訪問者の興味を高めることで、訪問者がサイトから離脱せずにコンバージョンしやすくなるように行う施策のことを意味します。この施策は効率的なサイトの運営やネットマーケティングには必要不可欠なものです。

ユーザーに適したコンテンツの提供

ランディングページの大きな目的は、ユーザーがサイトから離脱するのを防ぎ、多くのユーザーに商品・サービスを販売することです。そのためには、ランディングページに対するユーザーの興味・関心を高めなければなりません。

しかし、あらゆるユーザーが興味を示すようなランディングページはこの世には存在しないでしょう。ユーザーが求めている情報やユーザー自身の性質に多様性があるためです。

そこで、サイト訪問してきたユーザーの性質や閲覧状況に合わせてコンテンツを切り替えることが重要となります。ユーザーにはあらゆる情報があります。例えば、性別や年齢などのユーザー自身の情報や、検索キーワードや過去の閲覧状況などがあります。

さらに、ユーザーが何曜日のどの時間帯に訪問したかということも重要な情報です。これらの情報を利用することで、ユーザーを目的ページに誘導することがコンバージョン率UPにつながるのです。

ランディングページ最適化の方法

ここでは、ランディングページ最適化に関する具体的な方法のうち、一般的かつ効果的なものを紹介します。

ターゲティング機能

ターゲティング機能とは、ユーザーの多様性を意識した機能です。ユーザーの条件や状況に適したコンテンツを配信できるので、効率よくユーザーを誘導することで高いコンバージョン率を期待することができるようになります。ターゲティング機能には手法によりいくつか種類分けがされています。

予測的ターゲティング

ユーザーのネット上での行動履歴から配信するコンテンツを決定する機能です。行動履歴とは、具体的にはサイト閲覧履歴や訪問回数、商品購入履歴や会員登録情報などが挙げられ、それらの情報を基にもっとも効果の高いコンテンツを配信します。

連想ターゲティング

ユーザーの基本的な情報を基に効果的なコンテンツを配信します。ユーザーの所属や性別、年齢などの個人情報やPC及びデバイスの環境、検索キーワードなどから総合的に判断して配信するコンテンツを決定します。

時間によるターゲティング

時期、曜日、時間帯などを指定してコンテンツの配信をすることもできます。ユーザーが欲しいときに商品情報を提供できるメリットがあり、テレビCMやタイムセール、期間限定キャンペーンなどで利用するターゲティング手法です。

A/Bテスト

ランディングページ最適化に用いられるテストの代表例が「A/Bテスト」です。A/Bテストは二つのバージョンのページ比較テストする際に用いられる手法です。このテストを用いるとサイト上にある各々のページに関して複数のページを用意しておき、比較テストをしてもっとも効果の高いページを採用することができます。ここでいう効果とは、コンバージョン率のことです。

このA/Bテストは、ランディングページの各要素を対象に利用することもできます。タイトル・キャッチコピーのみを比較することもできますし、商品説明の部分のみを比べる事もできるので、よりよいものを採用することが可能です。

A/Bテストには無料で使えるツールが多く出回っています。しかし、複数のページ同士を比較するにあたり問題となるのは、ページ同士の相違点が複数ある場合、どこを評価されて採用されたのかが明確にならない点です。

ランディングページ最適化の重要性

ランディングページ最適化はターゲットとなるユーザーに適したコンテンツを配信することを目的としており、効率的にコンバージョン率を上げることができるマーケティング手法です。

ここでは紹介しきれなかったものもあるので、ランディングページ最適化に関してもっと知りたい場合は一度勉強してみてはいかがでしょうか?

単品通販をはじめるならリピスト