D2Cブランドの始め方。商材、集客、資金集めなど

ECビジネスのトレンドの1つでもある「D2C(DtoC)」。みなさんの中にも、事業に挑戦してみたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にスタートするには商材の選び方や資金調達、集客方法など分からないことだらけですよね。

そこで今回は、D2C事業を始め方についての情報をまとめてご紹介します。

D2Cとは?

D2Cとは、Direct to Consumerの略称でDtoCと呼ばれることもあります。

メーカーが自社ECを使って、売業者を介さずに製造から販売まで直接おこなうビジネスモデルのことで、いわゆるメーカー直販型の販売形態のことを言います。

世界観を売るのがD2C

一見、従来までのメーカー直販と同じビジネスモデルに思えますが、メーカー直販が商品の「機能性」を押し出していたのに対し、D2Cでは「世界観」を軸に商品を販売します。

これは、商品やメーカーのブランドイメージやストーリーを重視する考え方で、体験型の購買行動を重視する現代トレンド(モノからコトへ)にマッチしたビジネス形態です。

また、SNSなどのテクノロジーをフルに活用してユーザーの情報や行動を詳細に分析し、より効率的なアプローチを採用する点も特徴の1つでしょう。

D2Cブランドの始め方4つのポイント

では、実際にD2Cブランドの始め方として押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

1.まず「絞り込む」

business idea

D2Cブランドを始める際は、まず「絞り込む」ことから始めましょう。具体的には、ターゲットとブランドイメージの2つを徹底的に絞り込みます。

D2Cでは、ユーザーを獲得するよりもファンを育成することに軸足が置かれます。コンバージョンに繋がる短期的な施策よりも、中長期的な視野でアプローチするということです。

そのため、どのユーザー層にアプローチするのかを、まず徹底的にリサーチして絞り込んでおきましょう。しっかりとターゲットが定まれば、それだけ「刺さりやすい」マーケティング戦略を展開できます。

また、ブランドの強みを際立たせることも重要です。ブランドのコンセプトを徹底することで、他者との差別化が図れ「エッジ」が立ちます。ユーザー視点で見ても、ブランドのイメージが鮮明になりファン化を促進することに繋がるでしょう。

2.商材選びや開発にこだわる

order management

2つ目は、商材選びや開発にこだわるということ。

D2Cでは商品の質はもちろん、パッケージなど見た目にも工夫が必要です。洗練されたおしゃれなデザインや、統一感のあるデザインはそのままブランドの強みとなり、ユーザーへ好印象を与えます。

デザインにこだわるとなると、オリジナルブランドの開発が鍵を握ってきます。しかし、工場を持ってない事業者にとっては資金や技術的な面で大きなハードルとなってしまうでしょう。

そういったケースでは、OEMを上手に利用します。OEMは専門の製品開発業者が企業から依頼を受けてオリジナル商品を開発する仕組みです。コンビニや量販店のプライベートブランドをイメージすると分かりやすいでしょう。

OEMを利用すれば、資金や専門知識に乏しい事業者でも、質の高いオリジナル商品を開発することができます。OEM業者を選ぶ場合は、じっくりとコミュニケーションを取ることができ、自社のコンセプトを汲み取ってくれる相手を探してみましょう。

3.資金を集める

women to negotiate

資金集めの方法も、D2Cでは気になるポイントでしょう。

ひと口にD2Cといっても、目指す事業規模によって必要な資金の額も違ってきます。まずは、一般的な事業計画と同じように、自社がどの程度の売上や規模を目指すのか検討しておきましょう。

資金集めの際は、日本政策金融公庫の創業融資等を利用する方法があります。また、近年のトレンドとしては、クラウドファンディングで資金を集める方法も人気を集めています。

クラウドファンディングは事業のコンセプトやビジョンに共感したファンが資金を提供する仕組みです。これはD2Cモデルのファンを獲得するという考え方と相性がよく、創業前の段階から一定数のファンを持つことができます。

「クラファンで事業をスタートした」というストーリーは魅力的で、D2Cの資金集めを考える際はぜひ検討してみましょう。

4.集客の方法

Profits increased

D2Cモデルでは、SNSなどのデジタルテクノロジーを活用した集客がポイントとなってきます。

SNSでは商品やブランドのコンセプトや関連情報を発信し、ユーザーにファンになってもらいましょう。

また、ライブ配信を利用して、ユーザー参加型のコンテンツを作成するのもおすすめです。例えば、商品開発の際にパッケージデザインなどを一緒に考えるといった手法は、ファン育成→集客という流れを生み出します。

D2Cでの集客は、アイデアが大事です。集客関連のイベントやアプローチ自体が人気を集めれば、それだけサイトへの流入を増やすことができるでしょう

まとめ

今回は、新たにD2Cに挑戦したいという方に向けて、D2Cの始め方のポイントをご紹介しました。

D2Cは現代型のビジネスモデルとあって、SNSや動画コンテンツ、ファンベースのアプローチなど従来までのモデルとは一線を画す面が多々あります。事業に取り組む側も、既存の枠に捉われない柔軟なアプローチが必要です。魅力的なアイデアを生み出し、ユーザーに提供できれば、ビジネスの成功に一歩近付くことができるでしょう。

PRECSの「リピスト」は、単品リピート通販に強いレンタルカートサービスです。D2CモデルのEC事業者にも使いやすく、結果に繋がる機能を豊富に搭載しています。

ECサイトの構築を検討中なら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト