EC業界とは?市場動向/最新トレンド/流通額など

ECとはElectronic Commerceの略で、ネット通販やネットショップといった電子商取引のことを指します。近年はこれに関連するEC業界がビジネストレンドに1つなっており、事業者はもちろん一般ユーザーからも大きな注目を集めています。

そこで今回は、EC業界とは何か?というテーマで市場動向や流通額、最新のトレンドについてご紹介。EC業界の「いま」を知りたい方にとって参考になる内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。

EC業界とは?

ECとはElectronic Commerceの略で、日本語では電子商取引と訳されます。ネット通販やネットショップなどはECの代表例で、「ECサイト」や「Eコマース」といった名称が一般的です。

こうしたECに関連するビジネス全般はEC業界と呼ばれています。近年はネットショッピングの人気から業界全体に勢いがあり、ビジネストレンドの1つとして大きな注目を集めています。

EC業界の市場規模は?

経済産業省による調査によると、2018年BtoC向けのEC市場規模は約18兆円。またBtoB向けの市場規模は約344.2兆円となっています。これはBtoCが前年比の8.96%増(前年16.5兆円)、BtoB向けは前年比8.1%増(前年318.2兆円)といずれも高水準の成長を見せています。

ec btoc
ec btob

上記は過去のEC業界の市場規模をグラフにしたものですが、これを見ても毎年右肩上がりで成長を続けていることが伺えます。市場規模の大きさもさることながら、今後のさらなる成長が期待できるという点もEC業界が注目集める要因の1つでしょう。

参考:『平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備』

EC化率の推移にも注目

上記のグラフでもう一点注目してもらいたいのが、「EC化率」という項目です。EC化率とは、電子商取引を用いて商品やサービスの売買を行っている割合のことを言います。BtoC市場では6.22%、BtoB市場では30.2%という数字が出ています。

とくにBtoC市場の6%台という数字は、アメリカや中国といったEC先進国が10%以上のEC化率となっていることからすると、低い値です。言い換えれば、それだけ日本国内のEC市場には伸びしろが残っているということ。これは今後EC業界への参入を目指す事業者にとっては心強い情報ではないでしょうか。

大手ECサイトの流通総額は?

では、大手ECサイトの流通総額はどれくらいなのでしょうか?ここでは、モール型とサイト型に分けて、流通総額上位3社の数字を見ていきましょう。

2018年の国内モール1位は楽天

大手ECモールの国内流通総額は1位は楽天で約3兆4,310億円。次いでAmazonジャパン約1兆5,280億円で2位にランクインしています。国内モールでは楽天とAmazonが2強を形成しており、今後も両社の激しい争いが予想されます。

これを追いかけるのがYahoo!ショッピングで約7,314億円。これまでモール型では3番手甘んじてきましたが、2019年後半に大手ファッションECのZOZOの買収を発表。またLINEとの経営統合を進めるなど、今後の動きに注目が集まっています。

国内ECサイトの1位はAmazon

Amazonはマーケットプレイス型という販売形式もあって、単体のECサイトとしても認識位されています。そのため、サイトランキングではAmazonが第1位

これを追うのがヨドバシカメラの約1,212億円と、ZOZOの約1,184億円。ここでもZOZOの名前が挙がっていますが、やはりソフトバンクグループへの買収により、来年以降のランキングにどのような影響があるのか気になるところです。

気になるニュースはこれ!EC業界の最新トレンド

topics news
では、EC業界における最新トレンドにはどのような項目が挙げられるのでしょうか?事業者なら押さえておきたい気になるニュースを見ていきましょう。

1.DtoCモデルが注目を集める

1つ目はDtoC(D2C)モデルが注目を集めているということ。DtoCとはDirect to Consumer(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)の略で商品を開発するメーカーが、ECサイトから直接商品を販売する方法です。

従来までは大手モールやECサイトを使って商品を販売していますたが、これでは手数料や仲介料によって利益率が下がってしまいます。また、マーケティング戦略を考える上でも、サイト側の意向が大きく反映されるため独自色の強い施策や柔軟なキャンペーン戦略が難しくなっていました。

そこで、自社のECサイトを使って商品をダイレクトに販売すれば、コスト面はもちろんマーケティング面でも大きなメリットを得ることができます。大手企業もこぞってDtoCモデルでの販売に力を入れており、EC業界でもっとも注目されるニュースの1つです。

2.キャッシュレスブームが加速

2つ目のトレンドは、キャッシュレス決済。2018年後半の「PayPay(ペイペイ)」の登場以降、国内は空前のキャッシュレスブームが訪れています。ユーザーにとってはポイントの還元率が高いサービスが人気を集めており、EC事業者でもこうした人気決済を導入する流れがトレンドです。

多彩な決済方法を用意することは、ユーザーの利便性を向上させる上でも、ECサイトにとって重要なポイントに挙げられます。多様なユーザーのニーズを満たす上でも、複数の決済方法の導入はEC事業者の至上命題と呼べるでしょう。

3.流通コストの増加

ECビジネスが拡大を続ける中、課題となっているのが流通改革です。流通大手各社はキャパオーバーの状態が続いており、人件費の高騰などから配送料の値上げも続いています。これはEC業界にとっては喫緊と課題で、流通改革に繋がるアイデアが求められています。

具体的には、不在時でも商品を受け取れる宅配ボックス(置き配)の普及や、個人事業主による配送といったアイデアがすでに実用化されています。Amazonや楽天といった大手EC企業では自社物流の強化を目指すなど、流通改革の動向も今後継続してチェックしておきたいニュースの1つです。

4.SNSマーケティングの普及

近年のECトレンドの1つとして、SNSマーケティングの普及も見逃せないポイントでしょう。SNSがユーザーの情報収集ツールとして日常化したことで、事業者もSNSをターゲットとした戦略を用いるようになりました。

インスタやTwitterはもちろん、LINEなどを使った戦略もトレンドの1つで、Web広告と並んで今後もSNSマーケティングがECマーケのスタンダートとして定着していきそうです。

まとめ

今回は、EC業界とは?というテーマで、業界の動向や最新のトレンド情報などをまとめてご紹介しました。

EC業界は他の業界に比べてスピード感が早く、トレンドが大きく変動することも少なくありません。こうした状況の中で安定したショップ運営を目指すなら、しっかりとしたカートサービスの存在が不可欠と言えます。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」では、単品通販に強いネットショップ構築に最適なサービスを提供しています。豊富な機能と高い利便性で、結果に繋がるEC運営をしっかりサポート!

ネットショップの構築をお考えなら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト