コンサルが教える、売れる単品通販の秘訣!

単品通販ビジネスで売上を上げるには具体的に何をすればよいのでしょうか?

単品通販のメリットや特徴に合った戦略を意識することは、ビジネスの成功に大きく関わってきます。「商品の数が多ければ多いほど売れる」といわれていますが、実際には商品数を限定している人気通販は数多く存在します。

ここでは、単品通販で売れるための秘訣を紹介します。単品通販ビジネスを運営する人は必見です!

単品通販で売上を上げるためのストーリー

単品通販ビジネスで儲けるためには、しっかりと順序立てた経営戦略が必要となります。

1.広告などを利用して多くの「見込み客」を効率よく集めること。

2.集めた見込み客の多くを商品注文まで誘導し、「新規顧客」にすること。

3.獲得した新規顧客にリピート購入してもらい、「既存顧客(リピーター)」に移行すること。

上記の3点をしっかり実行できた通販ビジネスはすべて成功を修めているといっても過言ではありません。いわば、単品通販ビジネスにおける勝利の方程式なのです。

「見込み客」を集める

見込み客を集めるためには、消費者に対して何らかのアプローチをかける必要があります。

その代表策が「インターネット広告」です。インターネット広告を利用する場合、商品のアピールの仕方で結果が大きく左右します。ただ闇雲に商品をアピールしても消費者には商品の本当の良さは伝わらず印象に残りません。

そこで、商品のアピールの仕方を少し変えてみましょう。消費者の対象を限定して呼びかけをすると集客効率が爆発的に上がります。

単品通販では扱う商品が限定的なので、その商品に興味がある消費者も限定されます。その限定された消費者を効率よく集められるような広告作りが集客効率UPに繋がります。
その商品に興味がある人を集めよう!という意識で広告を制作することが重要なのです。

「既存顧客」を増やす努力

単品通販の強みは、特定の商品のみを扱うことでニーズにあった顧客をつくりやすいところです。

しかし、化粧品などの人気ジャンルを扱う単品通販ビジネスでは、顧客の取り合いが付き物です。せっかく商品をアピールして新規顧客を獲得しても、既存顧客(リピーター)へ移行させなければ安定した収益は見込めません。

さらに、顧客離反を防止するための策も必要です。
顧客離反とは、多くの既存顧客が他社に乗り換えてしまうことで、商品の欠陥や事業の不祥事、他社での爆発的な人気向上などが原因でおこります。一度顧客離反がおきると取り戻すことは容易ではありません。

単品通販では扱う商品のバリエーションが少ないので、マンネリ化した運営になりがちですが、定期的に新しいことに取り組む姿勢によって顧客の心をつかんでいきましょう!

値引きはしない方が良い

単品通販という手法では、むやみにキャンペーンを開いて商品の値引きをすることは好ましくありません。

通販では卸を介さずに商品を直接販売できるので、商品の価格を固定することでコスト管理に集中できます。そうすることで経営が効率的になります。タイミングを意識せずにただ闇雲に期間限定の値引きを実施すると、通常価格に戻したときに顧客離反がおきる可能性があります。

また、扱う商品のジャンルが限定的な単品通販において、顧客の幅も狭く新規顧客を集めることは容易ではないので、値引きキャンペーンを実施しても、それに見合うだけの新規顧客を集めることは難しいのです。

ネット限定販売の商品

単品通販ビジネスで売れるためには、いかにネットから注文する顧客を増やせるかどうかがカギとなります。

ネット限定販売の商品を設定する理由づけとして、例えば「数量限定」や「期間限定」などが考えられます。そうして購入する窓口をネットに誘導し、ネット顧客を増やすことも戦略の一つです。

単品通販成功の秘訣

単品通販ビジネスで成功を修めるには、単品通販の特徴を活かした戦略が必要となります。

上記に挙げた戦略は多くのコンサルでも勧められている手法ですが、まだまだ売上UPを図ることができる方法はたくさんあります。扱う商品のジャンルによっても対象となる客層や商品のリピート性が変わってくるので、自社が扱う商品を考慮にいれてさらなる売上UPを目指しましょう!

単品通販をはじめるならリピスト