リピート通販を運営するメリットとは?

EC関連の情報を検索すると「リピート通販」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。

リピート通販とは、ユーザーにリピート購入や定期購入を促すことを目指した通販モデルです。
では、一般的な通販との違いや、メリットはどこにあるのでしょうか?

今回はリピート通販の概要と、一般的な通販と比べたときのメリットについて解説します。

リピート通販とは?

リピート通販とは、ECサイトを訪れたお客様を、リピーターや定期購入ユーザーになってもらうことを目指したビジネスモデルです。

一般的な通販サイト(総合通販)では、ユーザーが欲しい商品をその都度購入する仕組みになっています。
一方のリピート通販では、消耗品や定期的に使用する商品を取り扱うことで、自社サイトで繰り返し購入してもらうことが目的。

そのため、ユーザーと中長期的な関係を構築することができ、一般通販のような過度な価格競争に巻き込まれる心配もありません。

1つの商品に特化した「単品リピート通販」

リピート通販では、サイトで取り扱う商品を1種類に限定した「単品リピート通販(単品通販)」が多く見られます。

単品リピート通販では、1つの商品に特化してサイト運営を行うことで、ビジネスの効率化や利益率のアップが可能。そのため、個人や小規模の事業者でも簡単に通販ビジネスをスタートさせることができます。

例えば、化粧品サイトや健康食品サイトなどが例に挙げられますね。

リピート通販の5つのメリット

リピート通販の5つのメリット

では、一般的な通販サイトと比較した、リピート通販のメリットを見ていくことにしましょう。メリットには大きく5つのポイントが挙げられます。

1.導入・運営コストが少ない

1つ目のメリットは、一般の通販サイトに比べて、事業の導入や運営にかかるコストが少ないということです。

一般通販では、取り扱う商品の種類が多く、サイトの規模も大きくなってしまいます。
そのため、ECサイトの構築や仕入れといった導入コストだけでなく、事業を運営するための費用も膨らんでしまいます。

一方のリピート通販では、取り扱う商品の数も少なく、導入コストを抑えることができます。

また、リピーターの獲得が事業の中心となるため、新規顧客の獲得が基本となる一般通販に比べマーケティング費用も抑えることが可能。
キャンペーンや価格競争に巻き込まれないことから、利益率も高い水準に設定できるでしょう。

2.売上の目安が立ちやすい

リピート通販のメリットに、売上の目安が立ちやすい点が挙げられます。これは、リピート通販は定期購入や会員販売が中心で、コースの申し込み状況などから売上の規模を予想しやすいため。

EC事業では新規購入がメインとなると、売上が季節やトレンドに左右されがちです。こうした外的な要因に左右されることなく、安定したサイト運営を行える点も、リピート通販のメリットでしょう。

売上アップ

3.ファンの育成やブランディングに取り組みやすい

通販事業では、ファンの育成やブランディングが売上拡大への大きな鍵を握ります。

リピート通販では、定期的にユーザーとの接点を持つことができるため、ファンの育成が行いやすいという特徴があります。
また、長く1つの商品を使い続けることで、顧客ロイヤリティが高まり、サイトのブランディングにも好影響を与えてくれるでしょう。

ファンの育成やブランディングが上手く進めば、中長期的な利益をもたらしてくれます。こうした取り組みが、しっかりとサイトの利益に繋がる点も、リピート通販のメリットです。

4.大手との競合が少ない

「通販サイト」と聞いてすぐに思い浮かべるのが、Amazon(アマゾン)や楽天ですよね。

こうした大手の総合通販は、事業規模の大きさを生かして割引やキャンペーンによる価格競争を仕掛けることができます。
また、サイトのブランドイメージが確立しており、ユーザーの信頼感も高いことから、新規の通販サイトではなかなか太刀打ちできません。

しかしリピート通販では、商品数やサイトの規模は小さいものの、1つのジャンルに特化することができます。
専門的な知識や情報を深掘りし、総合通販にはない付加価値を提供できれば、大手のサイトと正面から競い合う必要はありません。

OEM等を利用してオリジナルブランドなどを作成すれば、サイトに「個性」を色付けすることができるでしょう。

5.事業のリスクが少ない

リピート通販では、事業を立ち上げる際のリスクが比較的少ないと言えます。

導入や運営コストを抑えられる点も理由の1つですが、商品の数を少なく保つことができるため、在庫を大量に抱えるリスクを抑えることができます。
また、単品リピート通販なら、同一の商品やセットを販売するため、製造や仕入れの見積りミスも発生しづらくなります。

こうしたリスクの少なさは、個人や小規模の事業者にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、リピート通販の概要や、一般的な通販(総合通販)と比較した際のメリットについてご紹介しました。

リピート通販は、ユーザーに対して定期購入やリピート購入を促すことを目指したビジネスモデルです。一般通販に比べて、導入や運営コストが少なく、売上の予測が立てやすいというメリットがあります。

また、ファンの育成やブランディングがしやすく、大手との価格競争に巻き込まれにくいことから、事業のリスクが低い点もメリットと言えるでしょう。

一般通販に比べてメリットの多いリポート通販ですが、自社サイトを構築するならレンタルカートサービスを利用するのがおすすめです。
PRECSの「リピスト」は、単品通販に特化したレンタルカートを提供しており、多彩な機能と自由度の高いサイトデザインを行うことができます。

新規でリピート通販に取り組みたい方はもちろん、サイトのリニューアルをお考えの方も、ぜひ一度リピストへご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト