定期通販ECでメルマガの効果を最大化する5つのポイント

定期通販ECの重要なマーケティング手法と呼べる「メルマガ(メールマガジン)」。
みなさんの中にも、メルマガの運用を行っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にメルマガを送信しても、「なかなか効果が見られない」という悩みを抱えることもしばしば…。

そこで今回は、定期通販ECでのメルマガの効果を最大化させる、5つのポイントをご紹介します。

メルマガの最初の目的は「開封してもらう」こと

メルマガの最初の目的は「開封してもらう」こと

定期通販ECでメルマガを運用する場合、まず大切にしたいのがメールを「開封してもらう」ということです。

メルマガはツールの特性上、開封してもらわなければ内容を読むことができません。どれだけ内容が充実していても、開封されなければ効果はゼロです。
届いたそばからゴミ箱フォルダに移動…なんて悲しいことにならないためにも、まずは開封してもらうための工夫を心掛けましょう。

定期通販ECのメルマガに効果的な5つの手法

では、定期通販ECで効果的なメルマガの運用を行うには、具体的にどのような手法があげられるのでしょうか?
メルマガを開封してもらうためのポイントや、ECサイトへアクセスしてもらうための方法を見ていきましょう。

1.配信時間や頻度を意識する

1つ目のポイントは、メルマガを配信する時間や頻度を意識するということです。

あなたが定期通販ECの利用者なら、どんなタイミングでメルマガを開くでしょうか?日中に仕事をしている方なら、通勤時間やお昼の休憩時間、帰宅後のリラックスタイムなどが多いでしょう。

また、自宅で家事や子育てをしている方なら、家事が一息つくお昼前後や、午後の時間帯が多いかもしれません。

このように、メルマガを配信するユーザーの行動にあわせて、配信時間を調整することは開封率(メルマガを開封する割合)のアップが期待できます。

また、あまりに配信頻度が多いと、ユーザーにストレスを与える可能性だけでなく、メルマガの質を保つことも難しくなってきます。ユーザーと運営者側の双方にとって最適な頻度を意識してみましょう。

配信時間や頻度を意識する

2.魅力的なタイトルで開封率を高める

メルマガの開封率に大きく影響するのが、タイトルです。届いたメールのタイトルにインパクトがあれば、思わずメールを開いてしまいますよね。

具体的には、「シンプルにひと目で分かる」タイトル設定がベストと言えます。メルマガの内容にあわせたキーワードを盛り込む方法や、数字を使って説得力を高める方法が効果的でしょう。

例えば、『これ1本でスキンケアは完了!あこがれの肌を手に入れる○○(商品名)』といったタイトルなら、「これ1本」という表現でオールインワンのスキンケア化粧品ということが分かります。

また、「あこがれの肌」という言葉を使うことで、ユーザーそれぞれの理想像をイメージさせることができます。最後に商品名を入れているので、ブランドのPRにも抜かりはありません。

また、『限定クーポン〇月〇日まで!』といったタイトルは、ユーザーの焦燥感をあおるテクニックの1つです。

(こちらの記事もチェック?:「メルマガの反応が悪い時はまずタイトルを見なおそう」)

3.読みやすさと見やすさにこだわる

メールを開封してもらったら、次のステップとして「読みやすさ」と「見やすさ」にこだわった内容を意識してみましょう。

メルマガでは文章が「読みやすい」だけでなく、見出しや改行を上手に使うことで「見やすさ」を工夫することができます。
あまりにボリュームが多く、文字だらけのメルマガでは、ユーザーに圧迫感を与えてしまい、途中で読むのをあきらめてしまうでしょう。

ユーザーがストレスなく読むことができるよう、見出しごとにポイントを絞り、簡潔な表現で文章を作成してみましょう。また、箇条書きや記号を使ってビジュアルデザインを意識することも効果的です。

読みやすさと見やすさにこだわる

4.サイトへの導線を用意する

定期通販ECの最終目的は、商品を購入してもらうこと。そこで、メルマガの中にECサイトへと繋がる導線をしっかり用意しておきましょう。

メルマガの最後にURLを記載する方法もありますが、例えば見出しごとにURLを挟んでおくことで、購入意欲が高まったユーザーがすぐにURLをクリックできるよう工夫を施すことができます。

また、メルマガで説明するには情報が多すぎると感じたら、ポイントだけを箇条書きにして詳細情報をチェックできるLP(ランディングページ)へのリンクを貼っておくのもアイデアの1つです。

5.分析やテストを用いて効果を上げる

メルマガの効果を最大化するためには、各種分析やテストに取り組むようにしましょう。

例えば、CPM分析やRFM分析などは、メルマガの効果を図るにはうってつけです(→CPM・RFM分析とは?)。また、ABテストなどを用いることで、より効果的なメルマガ戦略を探っていくことも必要でしょう。

分析やテストなどから得られたアイデアを元に、PDCAサイクル回していきましょう。

PDCA

まとめ

今回は、定期通販ECのメルマガの効果を最大化するための方法についてご紹介しました。

メルマガは、まずユーザーに開封してもらうことを第一に、タイトルや配信時間・頻度を工夫する必要があります。開封後は、「読みやすさ」や「見やすさ」を工夫することで、サイトへのアクセスに繋げていきましょう。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」は、メルマガやステップメール機能を搭載。その他にも、定期通販ECの売上アップに貢献してくれる各種機能が揃っているので、「売れる」ネットショップ作りの強い味方となってくれます。ネットショップの構築やリニューアルをお考えなら、ぜひ一度リピストにお声掛けください。

単品通販をはじめるならリピスト