ECサイトのマーケティングで活用すべき「UGC」とは?

近年ECサイトでのマーケティング手法として注目を集めているのが、「UGC」です。UGCとは「ユーザーが制作したコンテンツ」の総称で、ECサイトではUGCを活用して企業の広告・宣伝活動を行うケースが増えてきました。

今回はこれからのECマーケティングに欠かせないUGCの概要や、ECサイトにUGCを取り入れるメリットについてご紹介します。

「UGC」とは?

UGC(User Generated Contents:ユーザー生成コンテンツ)とは、SNSやブログ、口コミ等で「ユーザーが制作したコンテンツ」のことを指します。例えば、インスタにアップされた商品写真や、Twitterで投稿された商品に関する感想、レビューサイトや商品ページなどの口コミなどが挙げられます。

ECサイトでは近年、企業がオリジナルのコンテンツを制作するのではなく、このUGCを使った広告・宣伝活動が目立っており、マーケティング手法の「新定番」とも呼べるでしょう。

UGCをECマーケティングに活用するメリットとは?

それでは、UGCをECサイトのマーケティングに活用するメリットはどこにあるのでしょうか?

1.リアルな商品情報が信頼と共感を生む

1つ目は、ユーザーに対してリアルな商品情報を提供できる点が挙げられます。

UGCを利用した広告は、まさにユーザーの「生の声」を反映したもの。そのため、ユーザーにとっては広告への信頼性が高く、共感性を高める効果も期待できます。

信頼や共感はECサイトでの購買意欲を高めるキーワード(鍵)と呼ぶべきものですが、UGCを活用した広告にはこの「2つの鍵」が含まれていると言えるでしょう。

レビューや口コミを活用する

2.客観的な評価を提供できる

UGCを活用することで客観的な評価を提供できる点もメリットの1つでしょう。

ECサイトでは、実際に商品を手に取って確認することができません。ユーザーはより正確な情報を集めることで、できる限り「間違いのない」商品を選ぶ傾向にあります。

そこで重要となってくるのが客観的な評価です。ユーザーが口コミやレビュー情報を参考に商品を購入するのは、客観性に重きを置いているから。その点UGCを活用した広告なら、ユーザー発信のコンテンツを使っているので、客観性を提供することができます。

3.ユーザーの意思決定に大きく影響している

ECサイトで商品を購入する際に、SNSや商品レビューを参考にして購入を決める方も多いのではないでしょうか?

2017年のアメリカでの調査によると、「ECでの商品購入の際、UGCをSNSで検索している」と回答した人は63%にのぼりました。これはユーザーの意思決定のプロセスにおいて、UGCが大きな影響を与えているということ。

つまり、UGCをマーケティングに活用することは、サイトのコンバージョンを高める意味でもメリットがあると言えるでしょう。

出典:Olapic『Facebook & Instagram Advertising With UGC : A Practitioner’s Guide』

ユーザーの意思決定に大きく影響

4.UGCの活用を通じて顧客ロイヤリティが高まる

UGCをサイトの広告などに利用することは、ユーザーのロイヤリティを高めるメリットも得られます。

自身が制作したコンテンツが公式アカウントやホームページに掲載されれば、ユーザーは大きな喜びを感じるはずです。また、こうした取り組みを行っているサイトやブラントそのものに対しての評価や忠誠心(顧客ロイヤリティ)も高まるでしょう。

ECサイトでの具体的なUGC活用方法は?

では、具体的にECサイトではどのようなUGCの活用方法が挙げられるのでしょうか?

SNSを使ったアプローチ

ECサイトにおけるUGC活用方法として、SNSは欠かせないでしょう。

インスタグラムやTwitter、Facebookから、自社の商品をアップしているコンテンツを活用してみましょう。例えば、キャンペーンを利用して「自社商品のタグを付けて商品画像を投稿を募る」といった手法が挙げられます。

自社の商品を効果的にアピールできるだけでなく、ユーザーの「ファン化」を後押しすることもにも繋がるでしょう。

SNS

レビューや口コミを活用する

商品に対してのレビューや口コミを用いるのも、UGCの活用方法として効果的です。とくに化粧品や健康食品といった商品を取り扱うECサイトにおいては、ユーザーの生の声が商品への信頼感を与えてくれます。

UGCをメインに据えたページを作成する

UGCのコンテンツをメインに扱うページを運営してみるのも、面白いアイデアでしょう。自社のSNSや口コミ・レビュー情報をまとめてチェックできるページがあれば、ユーザーの利便性が高まります。

また、UGCの本筋からは離れますが、そこからファン同士の繋がりが生まれれば、結果として商品に対しての客観性や正確な情報が拡散していくでしょう。

まとめ

今回はECサイトのマーケティングで注目される「UGC」についてご紹介しました。

UGCはユーザーが制作したコンテンツの総称で、ECサイトのマーケティングに活用する事例が年々注目を集めています。UGCは商品やブランドに信頼や共感を持ってもらえる上、コンバージョンに繋がりやすいというメリットがあります。
ECサイトの売上アップを目指すなら、UGCを活用したマーケティング戦略に取り組んでみましょう。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」は、単品通販に強いカートシステムです。多彩な機能に加え、自由度の高いデザインを形にできるカスタマイズ性も充実。もちろん、UGCマーケティングに欠かせないSNS連携機能も備えています。

ネットショップの新規立ち上げやリニューアルをお考えなら、ぜひ一度リピストへご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト