このエントリーをはてなブックマークに追加

メディアコマースとは?あなたのECサイトもメディア化すべき?

メディアコマースとは?あなたのECサイトもメディア化すべき?

近年EC業界で注目を集めている「メディアコマース」。さまざまな成功事例も耳にしますが、そもそもメディアコマースとは一体どんな仕組みなのでしょうか?

今回は、「メディアコマースとは何か」「自社ECもメディア化すべきなのか」という疑問についてご紹介します。ECのトレンドとも呼べるメディアコマースについて一緒にチェックしていきましょう。

メディアコマースって何?

「メディアコマース」とは、メディアとEC(Eコマース)が1つになった形態のことを言います。これまでのECサイトでは、商品を販売するだけの運営がメインでした。
しかしメディアコマースでは、サイト自体がメディアとしての役割を担うことで、情報の発信源としても活用することができます。

北欧暮らしの道具箱

メディアコマースの代表例として挙げられるのが「北欧、暮らしの道具箱」。丁寧に作り込まれたサイトは、情報メディアとしての価値が高く、商品紹介にも力を入れています。メディアコマースの成功事例としてお手本にしたいサイトの1つです。

メディアコマースのメリットは?

メディアコマースのメリットとして、商品情報を発信できる点や、顧客ロイヤリティを高められる点が挙げられます。

サイトを使って商品の強みや特徴、使い方を発信すれば、商品への理解力が高まります。また、ユーザーの欲しがる情報を発信することで、サイトへの信頼感や満足度が高まれば、顧客ロイヤリティの向上にも繋がるでしょう。

検索順位に影響するSEOの面でも、コンテンツが充実し質が伴っていれば、大きな集客効果を期待できます。

あなたのECサイトでもメディアコマースを導入すべきなのか?

さて、ここで気になるのが、皆さんの運営するECサイトでもメディアコマースに取り組むべきなのか?ということ。

自社ECのメディア化を図るなら、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

押さえておきたいポイント

1.メディアが運営できる体制が整っているか?

メディアコマースがEC業界で注目を集めているとご紹介しましたが、この流れに乗ってやみくもにメディア化を目指すのはおすすめできません。

メディアコマースの運営は、短期間で効果が得られる「特効薬」ではありません。しっかりと時間を掛け、腰を据えて取り組むべき施策です。
やみくもにメディアコマースの運営をスタートしても、コンテンツの配信やアイデア出しに行き詰まってしまい、中途半端な結果に終わってしまうでしょう。

ユーザー目線でサイトを訪れたとき、メディア情報の更新が1年以上も滞っているサイトで購入をしようとは思いませんよね。やはり更新日付が近いサイトを選びたいものです。

自社でメディアコマースに取り組みたいなら、まずは「メディアを運営できる体制が整っているのか」確認しましょう。

商品ページは充実しているか?

メディアコマースの導入に迷っているなら、自社サイトの商品ページを覗いてみましょう。

商品ページはECサイトの中でもとくに力を入れたい部分です。このページの情報量や、画像の質といった部分に改善点があるなら、まずはそちらを優先させましょう。せっかく情報メディアを運営していても、商品ページに魅力がなければ購入には至らないでしょう。

「北欧、暮らしの道具箱」の商品ページ

先ほどもご紹介した「北欧、暮らしの道具箱」の商品ページは、コンテンツの質だけでなくボリューム感もあります。上部の画像は商品ページを並べて表示したものですが、1つの商品に対して、メディア記事1本分ほどのボリュームをもたせています。

ECサイトでは、実際に商品を手に取って確認することができません。この弱点をしっかり補うために、商品ページを充実させることでユーザーへの安心感を与えることができます。顧客ロイヤリティを高めるという意味でも、まずは商品ページに力を入れましょう。

取り組める体制が整っているならメディアコマースは◎

自社ECでメディアコマースに取り組むなら、運営できる体制が整っているのか、ECの軸といえる商品ページは充実しているのか、という2つのポイントをまずチェックしましょう。

その上で、サイトの独自性や拡大を目指していくなら、ECのメディアコマース化は「あり」だと言えます。取り組む際は、しっかりとプランを練ってから、じっくりと運営に取り組んでいきましょう。

まとめ

メディアコマースとは、ECサイトとメディアが一体となった仕組みのことを言います。メディアによる情報発信に取り組むことで、商品への理解度が高まるだけでなく、顧客ロイヤリティの向上も期待できるでしょう。

一方で、やみくもにメディアコマースに取り組んでも成果を得ることはできません。自社サイトの現状をしっかり確認し、運営体制が整ってから取り組むのが得策です。

PRECSのカートサービス「リピスト」なら、カスタマイズ性や機能性に優れており、自由度の高いサイト構築を実現できます。自社の特色をしっかりアピールしたいなら、ぜひリピストのサービスでサイトを構築してみましょう。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加