このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019年】日本ブランドのランキング!ECがブランド価値に与える影響は?

【2019年】日本ブランドのランキング!ECがブランド価値に与える影響は?

国内最大のブランディング会社、インターブランドジャパンが毎年発表している「Best Japan Brands」。国内企業のブランド価値をランキング形式にしたものですが、その最新版となる「Best Japan Brands2019」が2019年2月に発表されました。

注目したいのがECを取り扱う企業の躍進です。今回は、Best Japan Brands2019のランキングから見えてくる、ECのブランド価値に迫ってみましょう。

Best Japan Brandsとは?

「Best Japan Brands」は国内最大のブランディング会社、インターブランドジャパンが2009年から発表している、企業のブランド価値をランキングしたものです。

ランキングは独自の価値評価基準を用い、ブランド価値を金銭換算化。ランキングは2つの部門が発表され、日本のグローバルブランド(海外売上高比率30%以上)を対象とした「Japanʼs Best Global Brands(JBGB)」と、国内ブランド(海外売上高比率30%未満)を対象とした「Japanʼs Best Domestic Brands(JBDB)」に分けられます。

ブランド価値という目に見えづらい部分を、数値化しランキングするこの取り組みは、客観的に企業のブランド価値を知る目安として注目されています。

2019年のブランドランキングは?

さっそく、2019年のランキングを詳しく見ていくことにしましょう。今回取り上げるのは国内ブランド(海外売上高比率30%未満)を対象とした「Japanʼs Best Domestic Brands(JBDB)」部門。

JBDBは国内でのシェアが多い企業がランキングされるため、日本でのブランド価値を測るのに打ってつけです。

ランキングの詳細は→こちら

ECを取り扱う企業の躍進が目立つ

JBDBのランキング上位10社

こちらはJBDBのランキング上位10社を一覧にしたものです。上位には通信ネットワーク系の企業が名を連ねていることが分かります。

JBDBのランキング上位前年比

注目したいのが、前年からの成長の目安となる「対前年比」の項目です。対前年比の上位5社を抽出すると、全ての企業がECに力を入れていることが分かります。とくに対前年比で1位となったZOZO TOWNの+38%という数字は驚きです。

2019年のランキング(全40社)新規

また、2019年のランキング(全40社)の中で、今回新たにランクインしたのが4社。この企業を細かく見ていくと、ライオンとPOLAは自社ECを取り扱っていることが分かります。また、メルカリと佐川も新たにランクインした企業ですが、前者はCtoC型のECビジネス、後者はECには欠かせない物流企業です。

ブランド価値の創出の鍵はECにあり

上記のランキング傾向を見ていくと、国内でのブランド価値を創出するには、ECが大きな鍵を握っていると考察できるでしょう。

ECを取り扱うということは、それだけユーザーにとっての利便性も高まるということ。比例して、企業に対するブランドイメージも向上するという流れが見て取れます。
今後もライブコマースの浸透や、サブスクブーム、越境ECの拡大といった観点から、EC事業への注目度は高まることが予想されます。来年以降のランキングでも、EC企業の躍進が注目されそうです。

今後のECのブランディングのポイントは「付加価値」の提供

それでは、今後のEC業界においてブランディングを行っていくには、どのようなポイントが考えられるのでしょうか。

キーワードとなるとは「付加価値」の提供です。

「どこでも買える」は当たり前。そこにプラスαを提供する

ECのブランディング施策として、サイトのデザインや機能を充実させるユーザービリティの向上や、ユーザーにとって有益な情報を発信し、顧客ロイヤリティを高めるといった手法が挙げられます。

かつてのECサイトでは「どこに居てもネットで商品が買える」という利便性がフォーカスされていました。しかし、これだけ多くのECサイトが乱立し、通販での買い物がユーザーにとって「当たり前」となった現在では、利便性だけでは生き残っていけません。

そこで重要となってくるのが、ユーザーが「このサイトで購入したい」「このサイトでなら購入する」と思わせる付加価値の提供です。

例えば、メディアと一体型となったECの形態「メディアコマース」はその一例でしょう。また、ブランド価値を高めるためのSNSマーケティングも、欠かせない施策の1つと言えます。ECの利便性にどんな付加価値をプラスできるのかが、事業成長のポイントとなりそうです。

まとめ

日本企業のブランド価値ランキング

今回は、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands2019」から、EC企業の躍進についてご紹介しました。

ランキングを見ると、企業のブランド価値を向上させる鍵として、ECが大きな役割を担っていることが分かります。しかし、競争の激しい近年のEC業界で自社ブランドを際立たせるには、従来までの通販サービスという枠に捉われない新たな価値を提供することが重要です。

難易度の高いミッションに思えますが、ユーザーのニーズにしっかり応えるという基本を押さえていくことが、ECのブランディングを向上させる第一歩です。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」なら、ユーザービリティ向上に役立つさまざまな機能や、ブランド価値の向上に繋がる自由度の高いサイトデザインを形にすることができます。ECでのブランディングをお考えなら、「欲しい」機能が揃っているリピストのサービスをぜひご利用ください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加