化粧品の売り方│化粧品販売で押さえておきたい3つのポイントとは?

いつの時代でも、美しさを追及するための化粧品の販売戦略は、担当者の頭を悩ませるものです。「どうすれば自社の商品がユーザーに届くのか」、日々頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、化粧品の売り方にフォーカスにして、化粧品を販売する際のポイントをご紹介します。自社の化粧品を手に取ってもらうにはどうすれば良いのか、この機会にしっかりチェックしておきましょう。

化粧品は「イメージを売る」商品

さて、化粧品の売り方を考える際、まず押さえておきたいのが化粧品は「イメージを売る」商品だということです。

化粧品を求めるユーザーの多くは、「美しくなりたい」「可愛くなりたい」「若々しくみられたい」といった思いを持っています。こうしたニーズに応えるには、化粧品そのものも美しく洗練されたものでなければなりません。

例えば、商品の品質はもちろん、パッケージや販売手法、SNSの運用などはしっかりとイメージ戦略を練っておくことが大切です。

化粧品の売り方を考える際は、まず自社ブランドや商品のイメージをどう売り出すのか、社内でしっかり統一を図っておきましょう。

化粧品の売り方3つのポイントとは?

それでは、具体的に化粧品の売り方についてポイントを見ていきましょう。今回は3つのポイントについてご紹介します。

1.第一印象を強く意識する

1つ目のポイントは、第一印象を強く意識するということ。

化粧品販売における一番のターゲットは、女性です。女性は男性に比べ、商品のスペックよりも、イメージやストーリーに親近感を覚える傾向にあります。

そこで、売り方を考える場合も、まずはスペックを全面に押し出さず商品のイメージや第一印象にこだわった戦略を打ち出しましょう。

百貨店の化粧品コーナーを思い浮かべてください。他の店舗に比べ、ひと際きらびやかに彩られていませんか?
これはユーザーが受け取る第一印象を強く意識しているため。店内が薄暗く華やかさに欠けていれば、その店舗の化粧品を買おうとは考えないでしょう。

実店舗はもちろん、ECサイトでもサイトのファーストビューやデザインにこだわることで、ユーザーにしっかり印象付けを行いましょう。

第一印象を強く意識する

2.共感でユーザーのファン化を目指す

2つ目は、共感を呼ぶことでユーザーにファンになってもらうということ。

化粧品の販売において、ファンの存在はとても重要です。とくに口コミやレビューの反響は大きく、ファンのひと声が売上に大きく影響します。

共感を呼ぶアプローチとして、SNSの運用があげられるでしょう。SNSは私たちの生活になくてはならない存在と言えます。
ライフツールとも呼べるSNSで商品やブランドの存在を知るといったケースも多く、この強みを販売に生かさない手はありません。

化粧品では、とくにインスタグラムとの相性が良く、多くの企業でも自社のインスタアカウントを運用しています。
ヴィジュアルメインのコンテンツで、イメージをしっかりとアピールできるインスタは、共感を呼ぶにはぴったりのツールと言えるでしょう。

インスタアカウントを運用

3.商品の魅力や根拠を伝える

再三にわたって「化粧品はイメージが大切」とご紹介してきましたが、やはり商品の魅力や根拠を伝えることも忘れてはなりません。

とくに数ある化粧品の中から、自社の商品を購入してもらうには強みとなる明確な根拠が必要です。
具体的には、数字を使った方法がユーザーにとっても納得感があるでしょう。「保湿力○○%アップ」「顧客満足度98%」といった情報は、インパクトがあります。

もちろん、数字を提示する際は信頼のおけるデータを使用しましょう。できるなら、「当社比」といった表現は曖昧さを生むため避けたいところです。

商品の魅力や根拠を伝える

まとめ

今回は、化粧品を販売する際の「売り方」のポイントについてご紹介しました。

化粧品は、ユーザーが「美しさ」や「若々しさ」を求める傾向にあります。そのため、商品そのもののイメージを強く意識することが重要です。イメージ戦略をしっかり土台に据えながら、売上に繋がるための施策にじっくり取り組んでみましょう。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」では、自由度の高いデザインでお好みのサイトを立ち上げることができます。化粧品の売上に繋がるためのアイデアを、すぐに形にできる使いやすさは大きな魅力です。もちろん、多彩な機能も備えているので、ユーザビリティにもしっかりこだわることができます。

オリジナリティあるサイトの構築や運営を行いたいなら、ぜひリピストのサービスをご利用ください!