このエントリーをはてなブックマークに追加

サブスクリプション型サービスのメリットとは?

サブスクリプション型サービスのメリットとは?

国内でも爆発的な広がりを見せている「サブスクリプション(サブスク)」型サービス。

サブスクリプションは便利さやお得感といったユーザー(利用者)目線のメリットが注目されがちですが、実は提供する事業者(提供者)にとってもメリットの大きいサービスです。今回は、ユーザーと事業者、双方のメリットをそれぞれをご紹介していきます。

両者のメリットを知ることで、サブスクリプションの特徴や強みをさらに掘り下げていきましょう。

【提供者編】サブスクリプション3つのメリット

【提供者編】サブスクリプション3つのメリット

まずは、サブスクリプション型のサービスの提供者側となる、事業者の視点からメリットを見ていきましょう。

1.幅広いユーザー層へリーチできる

1つ目のメリットは、幅広いユーザー層に対してリーチできるということ。

サブスクリプションサービスでは、定額料金を支払うことで、さまざまなサービスを安価に利用することができます。そのため、これまで一括の購入では価格が高く躊躇していたユーザー層も、手軽にサービスを利用することができます。

また、価格が抑えられたことで「試しに使ってみよう」といった新規層にもアプローチすることが可能です。ユーザーの数を増やしたい提供者側からすれば、大きなメリットと言えるでしょう。

2.事業計画を立てやすい

サブスクリプションサービスでは、定額での売上が見込めることから、事業計画や予算を立てやすいといったメリットがあります。

事業計画を前もって練ることができれば、新規事業への投資や新たなサービスの導入にも踏み切りやすくなるでしょう。消費者行動をはじめとした各種データの蓄積が進む点も魅力的です。

また、シーズンイベントなどの外的要因にも左右されず、安定した売上が見込める点もサブスクリプションサービスのメリットと言えます。

3.商材の選択肢や新規立ち上げがしやすい

提供者にとってのメリットとして、サブスクリプションサービスでは多彩な商材を選べる点も大きなメリットです。

サブスクの定番とも言えるECや配信サービスはもちろん、レンタルサービスなど幅広い商材を軸に事業を展開することができます。

また、商材の幅が広いということは、新規での参入もしやすいということ。とくに定期購入ECは個人からでも立ち上げやすく、サブスクリプションサービスの中でも魅力ある形態とよべるでしょう。

【利用者編】サブスクリプション3つのメリット

【利用者編】サブスクリプション3つのメリット

次に、ユーザー側となる利用者の視点からメリットを見ていきましょう。

1.低価格でサービスを利用できる

ユーザーにとってのサブスクリプションサービスのメリットは、やはり価格面です。低価格でサービスを利用することができることから、これまで利用を躊躇していたサービスへのハードルが一気に低くなります。

例えば、Adobeの定額購入サービスの導入などは、元々プロ向けだったツールが一般ユーザーにも手が届く価格帯になったことでユーザーに大きく受け入れられた好例と言えるでしょう。

2.新しいジャンルを開拓できる

サブスクリプションサービスを利用することで、新しいジャンルへの興味や関心が生まれる点もユーザーにとってはメリットと言えます。

先ほどのAdobeを例にあげると、様々なツールがセットになったサブスクリプションサービスとなっているため、「最初はフォトシショップの購入が目的だったけど、せっかくだからイラストレーターでデザインにも挑戦してみよう」といった具合に、興味や関心の幅が拡大していきます。

最初の一歩を踏み出すには、思いがけずエネルギーが必要となるものです。サブスクリプションサービスは、この一歩目を後押ししてくれる大きな助けとなるでしょう。

3.ライフスタイルに合わせた選択が可能

ユーザーにとってサービスとは、半永久的に必要という訳でありません。ときには転勤や結婚といったライフスタイルの変化からサービスを途中で解約したいといったケースも出てくるでしょう。こういった場合でも、サブスクリプションサービスなら手軽にサービスを解約することが可能です。

また、「気になる商品を購入したけど、失敗だった…」といった経験がある方も多いのではないでしょうか?こういった場面でも、サブスクリプションサービスを利用していれば、手痛い出費を心配することなく、お試しで1〜2ヶ月間だけサービスを利用するといったことも可能です。

まとめ

matome

サブスクリプションサービスは、定額で商品を購入できるという利用者側のメリットだけでなく、サービスを提供する事業者にもたくさんのメリットがあります。双方にとってのメリットが大きいということも、サブスクリプションサービスがこれだけ流行している理由の1つと言えるでしょう。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」は、サブスクリプション型の代表と呼べる定期購入ECに特化したサービスです。サイトデザインのカスタマイズ性の高さはもちろん、売上に繋がる多彩な機能をしっかり揃えています。

サブスクリプションでのEC構築をお考えの方は、ぜひリピストのサービスをご利用ください!

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加