サブスクリプション(定期購入)ECとは?ノウハウや事例をたっぷり紹介

なにやら最近よく耳にする「サブスクリプションEC」という言葉。
言葉自体は知っていても、その意味までは意外と知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、話題のサブスクリプションECについてご紹介します。
サブスクリプションECという言葉の意味や、実際にどのような事例があるのかチェックしていきましょう。

サブスクリプションとは?

さて、まずは「サブスクリプション」という言葉の意味から確認していきましょう。

サブスクリプションとは、商品の数やサービスの数ではなく、利用する価値や期間に対して料金を支払うビジネスモデルのことを言います。
簡単に言えば「定額制」のビジネスサービスのこと。

Netflix

日本国内でも近年急速に注目を集めており、とくに動画の配信や音楽配信などは知名度を高めています。

月額料金だけで音楽が聞き放題になる配信サービス「Spotify」や、映画やドラマの配信でお馴染みの「Netflix」や「Hulu」。
また、多彩なスポーツチャンネルを視聴することができる「DAZN」なども、代表的なサブスクリプションサービスの1つです。

サブスクの波はソフトからハードへも波及

当初は音楽や映像といったソフト媒体の配信がメインだったサブスクリプションですが、近年では洋服やアクセサリーといったファッションアイテムなどハード媒体のサービスも広がりを見せています。

芸能人にも愛用者が多い「airCloset」は、プロのスタイリストが選んだ洋服を定額でレンタルできるサービス。
また、ルイ・ヴィトンやシャネルといった一流ブランドのバッグを定額でレンタルできる「Laxus」も人気サービスの1つです。

サブスクリプションECとは?

サブスクリプションECとは?

さて、ここまでサブスクリプションというビジネスモデルについてご紹介してきましたが、ここからは「サブスクリプションEC」について見ていきましょう。

サブスクリプションコマースとも呼ばれるサブスクリプションECですが、サービスの概念はこれまで皆さんが利用してきた定期購入ECとおなじと言えます。
ネット上に展開するECサイト(通販サイト)で定期購入を申し込み、申し込んだ好みの商品が自分の手元まで直接届く、というシステムです。

お店側がセレクトするという新しさ

さて、サービスの概要は同じとご紹介しましたが、サブスクリプションECならではのトレンドとして、商品をお店側がセレクトするという特徴があげられます。

例えば、化粧品やコスメのサブスクリプションECを手掛ける「GLOSSYBOX」では、ユーザーが興味のあるカテゴリを入力しておくだけで、お店がセレクトしたおすすめ商品を毎月4~5点届けてくれます。
もちろん料金は定額制。

ECサイトでの買い物の際、ユーザーはどの商品を購入すれば良いのか迷ってしまうことがあります。
サイト側からすれば、迷った末に商品を購入せずにサイトから離れてしまっては、機会損失となってしまいます。

そこでお店側がユーザーの代わりに商品をセレクトすることで、こうした離脱ユーザーを減らしサイトの売上に繋げるというのがこのサービスの面白いところです。

時代の流れとマッチしたサブスクリプションEC

もちろん、サブスクリプションECでも従来の定期購入ECのように申し込んだ商品だけを定期的に届けてくれるサービスも存在します。
このあたりは、まだまだお店側もきちんとした定義づけができていない部分もあるようです。

いずれにしても、サブスクリプションECは単純に商品を購入する、というショッピング形態ではなく、「お店側が商品を選んでくれる=なにが届くのかワクワクする」、といった体験型のビジネスとしても価値を高めはじめています。

これは体験型ビジネスのニーズが求められる近年のトレンドと見事に合致しています。

また、体験型ビジネスはSNSでの波及効果も高く、自社サービスの拡散も見込めるなど、今後ますます広がりを見せていきそうです。

注目のサブスクリプションECをご紹介

それでは最後に、実際にサブスクリプションECのサービスを展開している事例をいくつか見ていくことにしましょう。

1.【化粧品】BLOOMBOX

BLOOMBOX

まずご紹介するのは、化粧品やコスメを販売するサブスクリプションECの「BLOOMBOX」。

こちらのサイトでは、月額1,620円からプロのビューティーアドバイザーがセレクトした商品を箱(BOX)に詰めて届けてくれるというもの。
取り扱うブランドも500種類以上と豊富で、さまざまな化粧品を試してみたい、プロおすすめのコスメを使いたいというユーザーから人気を集めています。

2.【日本酒】KURAND CLUB

KURAND CLUB

次にご紹介するのは、毎月全国の酒蔵からセレクトされた日本酒を定期購入できるサブスクリプションEC「KURAND CLUB」です。

3.【非常食】yamory

yamory

もしもの災害時に必要な非常食を、半年に1回自宅まで届けてくれるユニークなサービスが「yamory」です。

非常食は定期的に中身をチェックしておかないと、賞味期限切れでいざという時に食べられないといったトラブルが考えられます。
この問題に着目したのがyamoryのサービスで、半年に一回非常食が自宅に届くので、その都度中身が新しい食品に入れ替えられます。
安心と便利をうまく組み割あわせたユニークなサービスと言えるでしょう。

まとめ

今回は最近話題の「サブスクリプション(定期購入)EC」についてご紹介しました。
いかがだったでしょうか?
サブスクリプションECは従来の定期購入ECとおなじサービス形態で、お店側が商品をセレクトするという新たな視点が加えられています。

今後さらに発展が見込める定期購入ECですが、売上アップに欠かせないのが魅力的なサイト作りですよね。
リピストでは、ページのデザイン性はもちろん、機能性にも優れたサイトを誰でも簡単に作ることができます。
これから定期購入ECをスタートする方はもちろん、ページのリニューアルをお考えの方もぜひ一度リピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト