LINE@とメルマガ、どっちをすればいい?それぞれの違いと特徴を解説します

長くビジネスシーンでの集客ツールとして活躍し続けるメルマガ。
近年急速に利用者数を拡大しているLINEのビジネス向けアカウント「LINE@(ラインアット)」。

ECサイトでのマーケティングツールとして、どちらを選べば良いのかは運営者としても悩むところですよね。
そこで今回は、LINE@とメルマガ、それぞれの特徴についてご紹介します。両者の違いを確認しながら、どちらを選ぶべきなのか一緒に考えていきましょう。

LINE@(ラインアット)とは?

LINE@とは、LINEアプリが提供するビジネス向けのアカウントです。
LINEはビジネス向けに「公式アカウント」も提供していますが、LINE@は運用コストが低く抑えられる上、機能面でも大きな違いはないことから多くの企業が導入を進めています。

ユーザーに直接メッセージを送れるほか、タイムラインなどでショップの情報を発信できるLINE@ですが、それ以外にもさまざまな機能が搭載されています。

例えばクーポン機能。これはLINE@だけで発行されるクーポンをお買い物の際に利用できるというもので、商品のセールス情報などと合わせるとより効果を発揮します。
また、ショップカード機能はいわゆるポイントカードのことで、LINE@で発行されたショップカードにポイントが溜まる仕組みです。

ユーザー層が若くスマホユーザーが多い

LINE@のユーザー層には特徴的な傾向があります。
1つは年齢層が若いということ。これはLINEアプリ自体でも同じ傾向にあり「LINEを使っている → LINE@も利用する」という流れが見てとれます。

もう1つは、スマホユーザーが多いということ。
LINEはスマホやタブレット、パソコンで利用することができますが、利用者は圧倒的にスマホユーザーが多いようです。自然とLINE@のユーザー層にもスマホユーザーが多くなるという傾向が出ています。

ユーザー層が若くスマホユーザーが多い

開封率が高くユーザーとの距離感が近い

特筆すべき点として、LINE@は開封率が非常に高い点があげられます。
日常的なコミュニケーションツールとして浸透しているLINEは、おなじみのプッシュ音を聞くとついつい画面を確認してしまいますよね。その流れからメッセージを開封してもらえることが多く、開封率の高さに繋がっています。

また、ユーザーとの距離感が近く、親近感を抱きやすい点も特徴の1つでしょう。

メルマガとは?

一方、メルマガとはみなさんもご存知の通り「メールマガジン」の略称です。
企業からユーザーへ一斉配信するメールのことを言い、2000年代のビジネスシーンには欠かすことのできないツールと言えます。

特徴は、メールアドレスさえ知っていればユーザーに情報を一斉送信できるということ。
とくに文字数の容量が多いことから、シンプルな販促メールはもちろん、ステップメール、関連情報の紹介、読み物など、さまざまな形式のアプローチに対応できる点は大きなメリットです。

メルマガとは?

ユーザーはパソコンメイン、幅広い世代が利用する

メルマガは最近ではパソコンユーザーが多く利用する傾向にあります。
これはメールをビジネスツールとして使用する頻度が高いため。ビジネスでメールのやり取りをする場合は、パソコンを使用する頻度が高くなりますよね。そのため、自然とメルマガのユーザー層もパソコンデバイスを使用する人が多くなる傾向にあります。

また、LINE@では若い世代に利用者が集中する傾向が見られましたが、メルマガでは特定の世代に偏りは見られず、幅広い世代がツールを利用しています。

情報をしっかり盛り込める

メルマガのメリットとして、情報量の多い内容を送信できる点があげられるでしょう。
例えば、文字数の多いメッセージは縦型の画面デザインを採用しているLINE@では読みづらくなってしまいます。その点メルマガは、多少長い文章であってもパソコンで開けば読みづらさを感じることはありません。

また、一通のメルマガに複数の情報を盛り込めるのも特徴の1つです。LINE@では画像と文章は別々に送信することになるため、情報が細切れになってしまう印象を与えます。

一通の情報をまとめることができるメルマガは、ボリューム感を求めるユーザーにとっては魅力的なコンテンツになるでしょう。

ターゲットや目的に合わせて使い分ける

ここまでLINE@とメルマガの特徴をご紹介してきましたが、結局のところECサイトのマーケティングにはどちらのサービスを選べばよいのでしょうか。

結論から言うと、
「ターゲットや目的に合わせて使い分ける」
という方法が最適でしょう。

例えば、若い世代をターゲットにした商品を扱っているなら、圧倒的にLINE@の方が有利です。とくにBtoCのサービスを提供しているなら、クーポン機能などで集客に繋げられるのも大きなメリットとなります。
一方BtoB向けのサービスでは、詳細なサービス情報を盛り込めるメルマガの方は相性が良いと言えるでしょう。

このように、ターゲットや利用シーンに合わせてLINE@とメルマガの両者を使い分けるのは戦略として「あり」です。もちろん、両者を併用する方法も選択肢の1つとして用意しておきましょう。

まとめ

今回はLINE@とメルマガの特徴や違いについてご紹介しました。
それぞれのツールには、年齢層やデバイス、利用シーンなどに違った特徴があります。どちらのツールを導入するのかは、自社が取り扱う商品のターゲットや目的に合わせて柔軟に対応を検討してみましょう。

ショップカートサービスの導入を検討する際は、LINEやメルマガの機能が用意されたサービスを選ぶのがおすすめ。

リピストでは、LINEとの連携はもちろん、ステップメール機能も用意されているのでメルマガの導入にもしっかり対応してくれます。
機能性に優れたリピストのサービスで、集客力と収益性に優れたネットショップを立ち上げてみましょう。