化粧品ECで大切なブランディングのポイント

数ある化粧品ECの中から自社のサイトを選んでもらうには、他社との差別化を図る必要があります。

その方法の1つがブランディングです。ブランディグを通して自社サイトにエッジが立てば、集客や販促を大きく加速することができます。
今回は化粧品ECにとって大切な、ブランディングについてポイントをご紹介します。

ブランディングとは何か?

ECサイトでのブランディングとは、ユーザーに企業を理解してもらうためのアプローチを言います。

具体的には、

  1. 商品やブランドを知ってもらう
  2. 商品やブランドのファンになってもらう

この2点が重要となってきます。

どうしてブランディングが必要なのか?

では、どうしてECサイトではブランディングが必要なのでしょうか。

化粧品ECはもちろん、現在のEC業界では膨大な数のサイトが運営されています。この数あるサイトの中から、ユーザーに自社のサイトを選んでもらうのは至難の業です。
集客力や価格競争ではやはりAmazonや楽天などの大手総合通販が優勢でしょう。

こうした状況を打開するには、自社サイトならではのエッジを立てる必要があります。個性や魅力で秀でた部分を生み出すことで、他社サイトとの差別化を図るのです。
ブランディングはECサイトのこうした差別化を図るためにはうってつけのアプローチと言えるでしょう。

化粧品ECブランディングの5つのポイント

ここからは化粧品ECでのブランディングに関して、より詳しく5つのポイントを見ていくことにしましょう。

point

1.オリジナル商品

ECサイトのブランディングで効果的なのがオリジナル商品です。
化粧品ECは取り扱う種類が多くなるため、一般に流通している商品ではどうしても価格競争に巻き込まれてしまいます。

その点オリジナルブランドの商品は価格競争に巻き込まれる心配もなく、自社サイトの顔として集客の柱となってくれるでしょう。
「○○商品のお店」というイメージが浸透すれば、そこから新たな戦略に繋げることも可能です。

自社だけでオリジナル商品の開発が難しい場合も、近年はOEMメーカーに開発を依頼することで、低コストでオリジナル商品を作ることができます。

2.自社メディア

ブランディングを強化したいなら、自社メディアの運営がおすすめです。
自社メディアを持てば、例えば商品開発の詳細や、作り手や売り手の想いを発信することができます。

こうしたユーザーとの距離感や親近感を意識したコンテンツの制作が、サイトのブランドを高めることに繋がります。
とくに化粧品ECを訪れるユーザーは商品の成分や製造工程に敏感です。こうしたユーザーが求める情報を発信してブランディングを進めていきましょう。

3.サイトデザイン

化粧品という言葉を聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

多くの人は「美しさ」や「可愛さ」といった美のイメージを想像するでしょう。
ユーザーが美のイメージを求めるのは、なにも商品だけではありません。訪れたサイトのデザインも、美のイメージを意識づける大きなポイントとなります。

つまり、サイトデザインにこだわりを持つことも、化粧品ECのブランディングの1つという訳です。具体的には、サイト全体のテーマやコンセプトに統一感を持たせましょう。また、商品の画像やバナーもおしゃれさを意識したデザインが効果的です。もちろん、サイトの機能性にもしっかり気を配っておきましょう。

4.SNS

SNSはECサイトのブランディングを行うには、とても有効なツールです。
ユーザーとの距離感が近いうえ、アカウントを開設すればすぐに運用できることからコストも低く抑えることができます。

例えばInstagramは化粧品と相性が良いツールの代表格。ツールを利用する年齢層も若い女性が多く、化粧品のターゲット層と合致します。おしゃれな画像を投稿してヴィジュアル的にアプローチするという手法も、見た目の美しさがキーとなる化粧品のコンセプトと親和性が良いポイントです。

SNSはネット広告のようにすぐさま集客に繋がるツールではありませんが、商品やブランドを知ってもらい、ファンを育てるという意味ではとても有益なツールと言えるでしょう。

Instagramは化粧品と相性が良い

5.CSR

企業がCSR活動を通して、社会に貢献したり還元したりする行動を取るのは、近年では一般的なものになってきました。

このCSR活動に敏感なのは、なにも企業側だけではありません。ユーザー側も、CSR活動に積極的な企業を評価する傾向が強まっています。
ブランド(企業)が社会のどんな課題に関心があり、どんな取り組みをしているかは化粧品の販売だけでは伝えきれませんが、CSR活動を通じてユーザーに伝えることができます。また、その活動は積極的にWEBサイトなどを通じて発信するのがよいでしょう。

まとめ

今回は化粧品ECサイトにおけるブランディングの重要性についてご紹介しました。

競争が過熱するEC業界では、いかに他社との差別化を図っていくのかが問われています。
自社の強みをしっかりとアピールし、幅広いユーザーに認知してもらうブランディング活動は差別化を図る有効な手段と言えます。

自社の特徴をより際立たせるためには、魅力あるネットショップ作りが欠かせません。
リピストでは、カスタマイズ性の高いサービスを提供しているので、オリジナリティあるネットショップを立ち上げることができます。
他社に差をつける魅力あるショップ作りを目指すなら、ぜひリピストにお声掛けください。

単品通販をはじめるならリピスト