単品通販のビジネスモデルを解説!どんな収益構造なのか徹底解剖

近年急速に拡大を続ける単品通販。
しかし「単品通販という言葉は耳にするけど、詳しい内容までは分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、単品通販とはどんな内容なのか、ビジネスモデルはどうなっているのか分かりやすくご紹介します。

単品通販ってなに?

まずは「単品通販」とはどんなビジネスなのか確認していきましょう。

単品通販は、「リピート通販」「単品リピート通販」とも呼ばれており、ECサイトの普及にあわせて急激に成長を続けています。
単品通販を理解するには、総合通販と比較するのが分かりやすいでしょう。

単品通販ってなに?

総合通販とは

代表的な総合通販として挙げられるのが、Amazonや楽天です。
専門店のように1つの商品だけを用意するのではなく、百貨店のように品揃えを多くすることでユーザーの利便性を高めるのが総合通販の特徴です。
ここに来れば欲しい商品がすぐ見つかる」という点は、総合通販の大きな魅力と言えるでしょう。

一方で、販売する商品はメーカーから仕入れて販売する形態が多くなるため、価格競争に巻き込まれやすい点がデメリットに挙げられます。

単品通販とは

単品通販とは、専門店のように1つ(1ジャンル)の商品だけを取り扱う通販のことを言います。
例えば、化粧品や健康食品は代表的な単品通販のジャンルです。

総合通販と比べ品揃えの面で不利に思えますが、単品通販ではリピート販売に繋がりやすいというメリットがあります。
総合通販では同じ商品を繰り返し購入するのではなく、欲しい商品をすぐに購入する、といった購買行動が一般的。そのためリピート販売に繋がりにくい傾向にあります。

その点単品通販は取り扱う商品を限定しているので、ブランドや商品のファンが生まれやすく、リピート販売に繋がりやすい傾向にあります。

また、自社ブランドを取り扱うことも多いため、総合通販のように価格競争に巻き込まれず、利益率が高くなる点もメリットの1つでしょう。

単品通販のビジネスモデルはこれ!

それでは、単品通販の具体的なビジネスモデルを見ていくことにしましょう。

1.定期販売

単品通販のビジネスモデルの中でも代表的なのが「定期販売」です。
気に入った商品を長く使い続けるユーザーに対して、毎回注文をする手間を取らせず商品を購入してもらえるのが定期購入の特徴ですが、継続的に収益性の高い顧客を獲得できるという点で単品通販では欠かせないビジネスモデルとなっています。

初回購入からいかに定期購入に誘導するかは、単品通販での売上アップを目指すうえで重要なポイントと言えるでしょう。

売上アップを目指す

2.お試し・トライアルセット

単品通販では、初回購入にどう繋げるのかも事業を成功させる上でのハードルと言えるでしょう。

そこで効果的なのが「お試しセット」や「トライアルセット」です。
本商品の購入をためらうユーザーに対して、低価格やセット形式の商品を用意することで気軽に商品を購入してもらうことが目的となります。

まずはユーザーとの接点を作り、徐々に本商品へと誘導していくというこの方式も、単品通販ではメジャーなビジネスモデルです。

(こちらの記事もチェック☞:「なぜ大事?化粧品(コスメ)ECでの初回お試し商品(お試しセット)」)

3.クロスセル

購入する商品と関連性の高い商品を「あわせ買い」してもらうクロスセルも、単品通販のビジネスモデルの1つです。

例えば、化粧品ECであれば「化粧水を購入したお客様に保湿クリームもおすすめする」といったパターンが考えられます。
クロスセルはリピーターに対してとくに効果を発揮し、継続的な売上に+αを加える意味でも有効なアプローチです。

4.アップセル

クロスセルとあわせて紹介されることが多い「アップセル」。
アップセルでは、現在購入している商品のグレードを上げることで、売上のアップを狙う販売戦略です。

例えば健康食品でサプリメントを購入するお客様に、30日用の商品ではなく45日用の増量タイプを販売するといったアプローチが挙げられます。
このアップセルも単品通販のビジネスモデルの1つです。

まとめ

今回は単品通販のビジネスモデルについてご紹介しました。
単品通販は総合通販と比べ、小規模からでもスタートすることができます。個人でも取り組むことができるビジネスとしても注目されており、今後もさらなる成長が見込まれるでしょう。

はじめて単品通販に取り組むなら、より収益性の高いサイトの構築を目指したいもの。
リピストでは、単品通販向けの機能と充実のサポート体制で、あなたのショップ運営を支えます。単品通販をお考えなら、一度リピストのご相談ください。