単品通販のECサイトにおける有効な分析手法をご紹介

単品通販のECサイトにはさまざま分析手法があります。
それぞれの分析手法には違った特徴があることから、目的に合わせて最適な手法を選択することが大切です。

今回は単品・定期通販ECに有効な分析手法を3つご紹介します。それぞれの特徴を把握して、自社のマーケティング活動に役立ててみましょう。

1.RFM分析

まずご紹介するのは「RFM分析」です。
RFM分析は顧客の過去の購買履歴を分析する手法で、単品通販の中でも代表的な手法として知られています。

1.RFM分析

RFM分析では3つの軸がある

RFM分析では3つの軸(データ)を用いて顧客分析を行います。

    ・Recency:最終購入日
    ・Frequency:購入回数
    ・Monetary:購入金額

この3つの指標によって顧客をランク付けして分析するのがRFM分析です。
一般的にR,F,Mをそれぞれ5つのランクに振り分け、顧客をグルーピングします。
3つの軸をからめて分析を行うことから、特定の顧客層を抽出する際にとても役立ちます。

分析からより費用対効果の高い販促に繋げる

例えば、RFM分析では「Rの値が小さい方が反応率が高い」というデータがあります。
そこでDMを郵送する際も、このR値が小さい顧客を抽出してDMを郵送することで、より費用対効果の高い販促活動を行うことができます。

このように、RFM分析では顧客の購買履歴を分析することで、より効果的な販促活動に繋げることが可能です。

(こちらの記事もチェック☞:「RFM分析とデシル分析の違い」)

2.CPM分析

次に単品通販に有効な分析手法として「CPM分析」を見ていきましょう。
CPMとはCostomer Portfolio Managementの略で、日本語では「顧客ポートフォリオマネージメント」と呼ばれています。

2.CPM分析

顧客を10個のパターンに分類する

CPM分析は、購買履歴などのデータをもとに、顧客を10個のパータンに分類する分析手法です。

購入回数、購入総額、在籍期間、離脱期間のデータを抽出することによって、顧客を以下の10パターンにグルーピングします。

  1. 初回現役客
  2. よちよち現役客
  3. コツコツ現役客
  4. 流行現役客
  5. 優良現役客
  6. 初回離脱客
  7. よちよち離脱客
  8. コツコツ離脱客
  9. 流行離脱客
  10. 優良離脱客

それぞれのパターンはサイトの状況に合わせて自由に設定することができ、例えば「優良現役客」は「一定期間内に5万円以上の購入があった」といった形式です。

パターンごとに最適なアプローチを行う

それぞれのパターンごとに顧客の分類が進めば、パターンに合わせて最適な販促活動を行うことができます。
この活用法は基本的にRFM分析と同じですが、よりシンプルに分析活動を行えるという点がCPM分析のメリットと言えるでしょう。

3.バスケット分析

最後に、「バスケット分析」について見ていきましょう。
バスケット分析とは、顧客の買い物カゴ(バスケット)の中身を分析する手法です。

3.バスケット分析

一緒に買う商品を分析する

バスケット分析では、例えば「どんな商品が一緒に買われているのか」「この顧客はどんな商品(種類)を購入する傾向にあるのか」といった点に注目します。

一緒に買われている商品が分かれば、レコメンド機能などで表示する商品や、メルマガ等でおすすめする商品を効率的に選ぶことができます。

また、顧客の購入傾向が分かれば、それに合わせた販促活動を行えるでしょう。「食料品を購入する傾向が高いから、飲料品も併せておすすめする」といった具合です。

分析する商品をどこまで絞り込むか

バスケット分析のポイントは、分析する商品をどこまで絞り込むかという点です。

例えば、飲料水というジャンルで留めるのか、アルコール飲料という部分まで踏み込んで分析するのかでは、顧客へのアプローチも違ってきます。
この絞り込みの部分は、自社で扱う商品やターゲットに合わせて柔軟に対応を変えてみましょう。

まとめ

今回は、単品・定期通販ECで有効な分析手法を3つご紹介しました。

それぞれの分析手法の特徴は把握できたでしょうか?分析手法はさまざまな種類があることから、どの方法を導入するのかもポイントになります。自社サイトの特徴や取り扱う商品などに合わせて、最適な分析手法を選んでみましょう。

リピストは単品通販に強いネットショップの構築サービスを提供しています。
自社の売上アップに繋がるサービスをお探しなら、機能性とサポート体制に優れたリピストをぜひお選びください。