このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品ECによくある失敗

化粧品ECによくある失敗

化粧品ECに失敗はつきもの…ですが、できることなら失敗なく円滑なサイト運営を目指したいですよね。
そこで今回は、化粧品ECにありがちな失敗例をご紹介します。

実際にどんな失敗があるのか、あらかじめ知っておけば自社のサイト運営に役立てることができます。

1.化粧品ECの失敗例:デザイン

化粧品ECの失敗例として、まずはデザイン面から見ていくことにしましょう。
サイトデザインはECの顔とも言えるだけに、どんな失敗例があるか確認しておきたいところです。

サイトデザインが野暮ったい

化粧品ECの失敗例として、サイトのデザインが「野暮ったい」といった例が挙げられます。
化粧品ECを訪れるユーザーは、「美しさ」や「可愛さ」を求めています。そのため、サイトそのもののデザインにも、ある程度のおしゃれさを期待しているはずです。

あまりに野暮ったくセンスを感じさせないデザインでは、商品そのもののイメージにもマイナスに作用してしまうでしょう。
化粧品という「美」を扱う商品を提供するなら、サイトのデザインにもしっかりこだわりたいところです。

アート感が出過ぎている

おしゃれなサイトデザインが化粧品ECには必要と述べましたが、あまりにおしゃれ過ぎるサイトデザインも失敗例の1つ。
とくにおしゃれさを意識し過ぎてアート感が先行し過ぎてしまうと、結果として使いにくいサイトができあがってしまいます。

ECサイトの目的は、あくまでも商品を購入してもらうこと。サイトのデザインに気を取られるあまり、「購入ボタンが分からない」といった基本的なミスに陥らないように気をつけましょう。

(こちらの記事もチェック☞:「【事例3選】コンサル考察!化粧品ECはデザイン面でどんな工夫をしているのか?」)

2.化粧品ECの失敗例:機能

次に、機能面での失敗例を見ていきます。

サイトの読み込みが遅い

化粧品ECに関わらず、サイトの読み込みが遅いと購入率は低下してしまいます。
ユーザーはECサイトでショッピングを楽しみたいと考えています。わざわざストレスを溜めてまで商品を購入しようとは考えないでしょう。

サイトの読み込みの遅さは、ユーザーのストレスポイントとして代表的な例です。せっかくサイトを訪れやユーザーがすぐに離脱してしまわないように、機能面を充実させましょう。

購入までの道のりが長い

商品を購入するまでの道のりが長い点も、代表的なECサイトの失敗例です。
とくに化粧品ECは初回購入のハードルが高い分野として知られています。せっかく購入へのアクションを起こしても、入力作業が長く購入までのページが多いようでは、途中で購入を諦めてしまうでしょう。

入力フォームの最適化や、決済方法を充実させるなどして、購入までの道のりをスムーズにしてあげましょう。

化粧品ECの失敗例:機能

3.化粧品ECの失敗例:情報

ECサイトに掲載する情報量も、気を付けておきたいポイントです。

必要な情報が少ない・載っていない

情報量の失敗例として、商品の情報が少ない・載っていないといった例が挙げられます。
とくに化粧品では、成分表示の有無が大切なポイントとなってきます。

商品にどんな成分が使われているのか、どんな工程で製造されたのか、といった情報がないとユーザーは不安を感じ購入を躊躇ってしまうでしょう。

また、化粧品の情報を掲載する場合は、表現にも注意が必要です。効果や効能をうたった表現は、薬機法に違反する恐れがあります。サイトに掲載する情報に違反がないかも、しっかり確認しておきましょう。

写真の魅力に乏しい

掲載されている商品写真の魅力に乏しいという点も、化粧品ECでは注意したい失敗例です。

暗い、ボケている、影が写り込んでいるといった写真は、商品の魅力にマイナスのイメージを与えてしまいます。ECサイトでは商品を実際に手に取って確認することができません。
それだけに、掲載する商品写真には人一倍こだわりたいものです。

掲載する商品写真には人一倍こだわりたい

まとめ

今回は化粧品ECサイトによくある失敗をポイントごとに紹介しました。
ご紹介したポイントを参考にしながら、自社の化粧品サイトをもう一度見直してみると、新たな改善点が見つかるかもしれません。
化粧品を購入するユーザーにとって使いやすいサイトを目指して、売上アップに繋げていきましょう。

リピストでは、機能面・デザイン面に優れたネットショップを立ち上げることができます。
「これから化粧品ECを立ち上げたい」「現在のサイトを見直した」という方は、ぜひ一度リピストのご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加