ECサイトはフルSSL化必須!あなたのサイトは「https」ですか?

ECサイトのセキュリティを高めるために不可欠なのが、サイトのSSL化(https)です。
SSLはネット上のデータ通信を暗号化することで、サイトの安全性を高める仕組みのことを言います。

今回は、ECサイトにSSL化が必要な理由や、SSL化がSEOの面で与える影響などについてご紹介します。

SSL(https)ってなに?

まずは、SSLとはどんな仕組みなのか見ていくことにしましょう。

ECサイトでは、ユーザーにとって大切な個人情報やクレジットカード番号などを頻繁にやり取りします。そのため、サイトのセキュリティー対策は運営者にとって必須課題です。
そこで重要となってくるのが、SSLです。

SSL(https)ってなに?

データ通信を暗号化することで安全性を高める

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、ネット状のデータ通信を暗号化することで、セキュリティを高める仕組みを言います。

SSLをサイトに導入することで、個人情報の流出やハッキングなどを防ぐことができ、サイトの安全性を高めることに繋がります。

SSL化されたサイトの目印は「https」

「http」から始まるURLは、みなさんにとってもお馴染みですよね。
実はこのURLの部分から、今訪れているサイトがSSL化されているかを確認することができます。

SSL化されたサイトでは、URLが「https」と表示されています。もしSSL化されていないサイトであれば、URLは「http」のままになっています。

非常に分かりやすく見分けることができるので、さまざまなサイトを訪れて実際に確認してみてください。

SSLをサイトに導入するメリットは?

サイトのセキュリティを高めることができるSSL。
それでは、これ以外にSSLを導入するメリットはどこにあるのでしょうか?

SEOに効果を発揮する

SSL化されたサイトはGoogleの検索エンジンからの評価が高まります。これはECサイトのSEO対策を考えるうえで大きなメリットと言えるでしょう。

Googleは、ユーザーが真に求める情報やサイトを検索上位に表示されることを目指しています。ユーザーにとってセキュリティが高く、安全なSSL化されたサイトは「質の高いサイト(情報)」と判断されることから、検索エンジンからの評価が高まるのです。

ECサイトのSEO対策を考えるなら、ぜひともサイトのSSL化を急ぎましょう。

SEOに効果を発揮する

ユーザーからの信頼が高まる

SSL化されたサイトはURLの「https」表示で誰でも簡単に確認することができます。
これは、ECサイトを利用するユーザーにとっても同じこと。自分が訪れたECサイトが「http」のままでは、安心して買い物をすることができません。そのままサイトを離れてしまうということも十分考えられます。

これがSSL化された「https」のサイトであれば、ユーザーは安心して買い物をすることができます。
ユーザーにとって目に見える形でサイトの安全性をアピールできる点も、SSL化のメリットと言えるでしょう。

Chromeでは「保護されていない」表示も開始

2018年7月からGoogle Chromeでは、SSL化されていないサイトのURL部分に「保護されていない通信」という表示を行うようなりました。

これまでは「http」と「https」という表示だけでしかSSL化の有無を判断できませんでしたが、これによりユーザーはより直接的な表現でサイトの安全性を確認することができます。

ECサイトのURLに「保護されていない」という文字が表示されれば、すぐにサイトを離れてしまいますよね。これはサイトの集客や売上げを考えるうえで無視できない変更点と言えるでしょう。

まとめ

今回はネットの情報通信を暗号化するSSL化についてご紹介しました。
SSL化はSEOでの影響や、ユーザーからの信頼感を高めるうえでもぜひ導入したい機能です。

また、Google Chromeではより直接的な表現でSSLの有無を確認できるよう仕様が変更されました。
ECサイトの集客や売上げへの影響も考えられることから、いち早くSSLへの対応を目指していきましょう。

リピストでは、本格的なネットショップを誰でも簡単に立ち上げることができます。
新しくネットショップをスタートしたい方や、便利な機能を導入したいとお考えの方はリピストに相談してみましょう。

単品通販をはじめるならリピスト