このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップで安心感を伝えられると購入率が上がる

ネットショップで安心感を伝えられると購入率が上がる

ネットショップで商品を購入するか迷ったとき、決め手の1つとなるのが「安心感」です。
ユーザーは商品の価格や品質と同じように、ネットショップの安心感を大切にしています。

今回はネットショップの購入率アップに繋がる安心感について、具体例を交えながら見ていきましょう。

どうして安心感が重要なのか?

まずは「どうして安心感が重要なのか?」というポイントから押さえていきましょう。

1.ユーザーはさまざまな不安を抱えている

はじめて訪れたネットショップでは、ユーザーはさまざまな不安を抱えています。
商品の品質や価格、配送オプション、アフターサービスの有無などなど、知りたいことは山ほど…。

こうした不安を抱えたままの状態では、商品の購入にはなかなか繋がりません。これでは購入率はいつまで経っても上がらないままになってしまいます。

ユーザーはさまざまな不安を抱えている

安心感が購入を後押しする

そこで大切となってくるのが、ネットショップへの安心感です。

サイトに対する疑問や不安が解消されるようなコンテンツやサービスが用意されていれば、ユーザーは安心して商品を購入することができます。

「あのショップなら信頼できる」「あのショップだから安心して購入できる」といったサイクルが生まれれば、自然と購入率も高まってくるでしょう。

安心感を生むための4つの方法

それでは、具体的にどうすれば安心感を持ったネットショップになるのでしょうか。
ここでは4つの方法をご紹介します。

1.レビューやお客様の声を用意する

1つ目の方法は「商品のレビューやお客様の声」を用意すること。
商品レビューやお客様の声は、ユーザーが実際に使ってみた「生の声」を聞ける貴重な機会です。商品への不安や、購入を迷っているユーザーにとって重要な判断材料となります。

また、ネットショップに対しても「お客様の声を大切にしている」といったプラスのイメージを持ってもらえるでしょう。

2.作り手の顔や想いを載せる

商品を製造する人の顔写真や、商品に込めた想いを掲載するのも安心感を生むのに効果的です。
ネットショップでは対面で商品を受け渡せないことが、ユーザーの不安を膨らませる原因にもなっています。

そこで、どんな人が商品を作っているのか、どんな思いで作っているのかを顔写真やメッセージを通してユーザーに伝えてあげるようにしましょう。
この方法は、安心感だけでなくネットショップに対しての親近感を育むうえでも効果的です。

(こちらの記事もチェック☞:「定期購入カートには必須の機能!購入ユーザーのレビュー機能!」)

3.ユーザーを迷子にさせない機能を用意する

ネットショップでの買い物中に、サイトの中で迷子になってしまった経験はありませんか?

例えば「商品を購入したいけど、購入ボタンが分からない」、「種類別で検索したいけど、機能が用意されていない」といった場面です。
ユーザーはこうした「迷子」になる状況にストレスを感じてしまいます。初めて訪れたサイトなら、そのままサイトを離れてしまうでしょう。

そこで、ユーザーを迷子にさせないためのショップガイドや、検索機能を充実させましょう。
こうした機能が用意されていれば、ユーザーはストレスを感じることなく安心してショッピングを楽しむことができ、ネットショップへの安心感にも繋がります。

4.製造工程や成分内容を表示する

購入する商品がどんな工程で製造されているのか、どんな成分が使われているのか知ることができれば、ユーザーは安心して商品を購入することができます。

反対に、こういった情報が掲載されていないネットショップに対しては不安感を覚えるはずです。とくに健康食品や化粧品といった商品では、ユーザーもより詳しい情報を求めてるでしょう。

そこで、製造工程にフォーカスしたコンテンツを追加するアプローチや、すべての商品に成分表記を徹底するなどユーザーが安心感を覚えるような工夫を施しましょう。

製造工程の様子

まとめ

今回はネットショップの購入率アップを目指すために必要な「安心感」について、具体例を交えながらご紹介しました。
安心感あるショップ作りは、定期購入やリピーター、ファンを育てることにも繋がります。ご紹介した方法を参考にしながら、安心感あるショップ作りに取り組んでいきましょう。

ユーザーの安心感に繋がる機能や、サポート体制が整ったサービスをお探しなら、リピストがおすすめです。
単品通販に強いリピストで、安心感あるネットショップ作りを目指してみましょう。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加