このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天と自社ECサイト運営の3つの違い

楽天と自社ECサイト運営の3つの違い

「ECサイトを始めるなら、楽天と自社ECどちらで始める方が良いの?」
楽天と自社ECにはそれぞれ違った特徴があり、どちらを選択すれば良いのか頭を悩ますところです。

そこで今回は、両者の違いを3つのポイントから比較してみたいと思います。それぞれのメリット・デメリットを知ってあなたにぴったりなECサイトはどちらなのか見極めてみましょう。

1.集客

ECサイトにおいて何よりも重要なポイントとなるのが、「集客」です。
まずはこの点から見ていくことにしましょう。

集客

【楽天】高い集客力が魅力

楽天のメリットとして挙げられるのが、優れた集客力です。

楽天はすでにブランドとしての知名度が高く、多くのユーザーが日常的に利用しています。新たにECサイトを立ち上げるとなると集客は大きな課題となりますが、その点楽天でサイトをオープンすれば集客面での不安を感じることなく、事業をスタートできるでしょう。

また、「楽天スーパーセール」といった目玉となるキャンペーンが展開されるのも、楽天の強みと言えます。

【自社EC】自社での集客が必要となる

自社ECでは、ゼロからサイト立ち上げることになるため、集客も自分達で取り組む必要があります。SEOや広告運用に自信がある方は問題ないですが、ECの運営ノウハウを持たない場合、手探りの状態で集客を行うことになりかねません。

運営ノウハウがなく集客への不安がある場合は、専門性の高いASPなどを利用するなどして弱点をカバーするようにしましょう。

(こちらの記事もチェック☞:「EC初心者必見!システムプラットフォームごとの特徴」)

2.ブランディング

競争の激しいEC業界では、いかに他社との差別化を図るかが重要です。
その際に重要となってくるのが「ブランディング」です。次はこのブランディングの面から両者を比較してみましょう。

【楽天】あくまでも楽天が主体

まず、楽天から出店した場合、ブランディング面への影響はどうなのでしょうか。
楽天でECサイトを出店した場合、あくまでもモール内の1店舗という扱いになってしまいます。

そのため、楽天が定めたルールの中でブランディングを行う必要があり、自社ECに比べて自由度が制限される可能性があります。
「よりオリジナリティあるサイトを構築したい」という方にとっては、やや動きづらい面も出てくるでしょう。

ユーザーとしてもあくまで楽天で買い物をしている感覚なので、お買い物をしたお店の名前まで覚えているのは珍しく、ブランディングが難しいと言えるでしょう。

【自社EC】自由度が圧倒的に高い

ブランディングを行う場合、どれだけオリジナリティを出せるかは重要なポイントとなります。

自社ECはサイトのデザインや販売方法など、ほぼすべての面で自由なブランディングを行えます。また、ユーザーのニーズに合わせて細かなアプローチが可能な点も、自社ECの魅力です。

「自分だけのお店を持ちたい」という方ならば、自社ECの方が適しているでしょう。

3.運営

次に「運営」に注目して両者を比較してみましょう。
運営面ではどのような違いがあるのでしょうか。

運営ノウハウ

【楽天】既存のフォーマットを活用できる

楽天に店舗を出店した場合、楽天が運営するシステムをそのまま利用することができます。
自分でカートシステムを構築する必要がないため、専門知識がない方でも安心です。

また、梱包や配送といった流通に関しても楽天がサポートしてくれるため、初心者でも安心してサイトをオープンできます。

一点デメリットを挙げるなら、運営ノウハウの蓄積ができないということ。あくまでも楽天のフォーマットを利用して運営を行うため、将来的に自社ECに移行することを考えるなら、自社でノウハウを養うための工夫が必要となります。

【自社EC】運営に関しては自社で行う

自社ECでは、基本的に運営に関してはすべて自分達で行う必要があります。
専門的な知識が必要となる場面も多く、その点が立ち上げへのハードルとなるでしょう。
運営面でも集客面と同じように、ASPなどのサービスを利用するなどしてうまく弱点を補っていきましょう。

メリットとしては、ECサイトに関する運営ノウハウの蓄積が進むということ。初心者でも専門のASPなどでサポートを受けながら、自社ECに挑戦してみるのも1つの方法と言えるでしょう。

まとめ

今回はECサイトを立ち上げる際の方法について、楽天と自社ECの2つを比較してみました。
楽天では高い集客力と既存の運営システムを利用できる点が、自社ECでは自由度の高いショップ運営とブランディングのしやすさがメリットとして挙げられます。

自社ECでのサイト立ち上げをお考えなら、頼りになるパートナーを選ぶのが大切。
リピストは専門性の高いサイトを、誰でも簡単に立ち上げることができます。集客や運営面での相談もできるので、はじめてECサイトに挑戦する方でも安心です。
ECサイトの立ち上げをお考えなら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加