Amazon Payって何?ECサイトに導入するメリットを詳しく解説!

EC運営者のみなさん、こんにちは。
今回は便利な決済方法「Amazon Pay」についてご紹介します。

Amazon Payは通販サイトAmazonが提供する決済サービスです。日本はもちろん、世界規模で注目を集めるこのサービスの魅力はどこにあるのでしょうか?

Amazon Payとは?

Amazon Payとは、世界最大の通販サイトAmazonが提供する決済サービスで、Amazonのアカウントを使ってECサイトの決済をおこなうことができます。

サービスの中でもとくに注目したいのが、Amazon以外の外部ECサイトでもサービスを利用できるということ。例えば、Amazonとはまったく関係ない自社ECサイトを運営している場合でも、Amazon Payを支払い方法に追加することができます。

日本では2015年からサービスがスタートし、多くのECサイトで導入されています。

ECサイトにAmazon Payを導入するメリット

それでは、ECサイトにAmazon Payを導入するメリットはどこにあるのでしょうか?
今回は3つのポイントから詳しく見ていきましょう。

ECサイトにAmazon Payを導入するメリット

1.面倒な入力をスキップできる

ECサイトのショッピングでは、お届け先や支払いに使うクレジットカード情報の入力など、面倒なステップを踏まなければなりません。こうした入力作業はユーザーにとって大きなストレスとなり、商品の購入に至る前にサイトから離脱(カゴ落ち)してしまう原因の1つともなっています。

Amazon Payでは、Amazonに登録したアカウントを使って外部のECサイトでも決済を行うことができます。すでに登録してある情報を使用するため、面倒な入力作業は必要ありません。

ユーザーはスムーズに商品を購入することができ、ECサイト側はカゴ落ちを回避することができます。
Amazon Payはユーザーの利便性向上だけでなく、サイト運営者側にとっても売上アップを狙える魅力的なサービスと言えるでしょう。

(こちらの記事もチェック?:「カゴ落ちとは?その理由と対策」)

2.Amazonユーザーを獲得できる

Amazon Payのメリットとして、すでにAmazonアカウントを持っているユーザーを獲得できる点が挙げられます。

みなさんの中にもAmazonで商品を購入した経験がある方も多いでしょう。世界的に普及率の高いAmazonは、アカウントの登録者数も膨大です。
そのアカウントを使って決済を行えるAmazon Payを導入すれば、これまでAmazonを使っていたユーザーが自社サイトでも商品を購入する可能性が高まることになります。

また、普段から利用している決済方法を用意できれば、個人情報の取り扱いに不安を抱えるユーザーにも安心感を提供できるでしょう。

3.よりシンプルな購入体験を提供できる

競争が過熱するEC業界では、より実店舗での買い物に近い購入体験を提供することが求められています。
「気に入った商品を手にとって、レジですぐに購入する」といった手軽さを、ECサイトでも再現するイメージです。
さまざまな手法が考えられますが、スムーズな決済方法もその1つでしょう。

Amazon Payは、時間と手間を取られる入力作業を簡略化でき、スムーズな決済を実現できます。ECサイトでのショッピングをよりリアルな購入体験に近付けることができる点は、Amazon Payの大きなメリットと呼べるでしょう。

まとめ

Amazon Payは、Amazonアカウントを利用することで面倒な入力作業を省略し、ユーザーにスムーズな決済を提供できます。
また、サイト運営者にとってもユーザービリティを高め、売上アップを狙える魅力的なサービスです。

リピストでは単品通販に強いネットショップを誰でも簡単に立ち上げることができます。もちろん、今回ご紹介したAmazon Payにもしっかり対応。
新規でのネットショップ開設を目指す方や、Amazon Payの機能をサイトに導入したい方はぜひ一度リピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト