健康食品ECのCVRを改善するための3つの方法

健康食品ECの運営者のみなさん、こんにちは。
今回は、運営者のみなさんなら誰もが気になるポイント、CVR(コンバージョン率)の改善について取り上げます。

CVRはECサイトの最大の目的である売上アップに直結する指標です。だからこそ、その改善方法はきちんと押さえておく必要があります。
健康食品ECのCVR改善のためにはどんな方法があるのか、さっそく見ていきましょう。

健康食品ECに求められるものとは

突然ですが、みなさんに質問です。健康食品ECに求められるものとは、いったい何でしょうか?
その答えの1つは「安心・安全」です。

健康食品は自分の口から直接摂取する商品だけに、購入の際はその原料や製造方法がとくに気になるものです。健康食品ECを運営する際も、この安心・安全を第一に考えたサイト運営がユーザーの購買意欲を大きく左右します。

つまり、安心・安全を考えたサイト運営は、CVRの改善を目指す上でも欠かせないポイントなのです。
まずはこの前提条件をしっかりと覚えておいてください。

安心安全

CVRの改善に繋がる3つの方法

それでは、具体的に健康食品ECのCVRを改善するための方法を見ていきましょう。

1.コンテンツを充実させる

CVRの改善を目指す方法として、コンテンツを充実させるアプローチは効果的です。
サイトを訪れたユーザーは、自分が購入を検討する商品が魅力的なものかをサイトのコンテンツを通じて判断しようとします。

どれだけ良質な商品であっても、コンテンツの魅力が乏しければ、それがそのまま商品イメージへと繋がってしまうでしょう。

例えば、健康食品ECであれば、商品の安全性や製造過程などを紹介するコンテンツはユーザーも欲しがる情報です。また、商品の画像やバナーなどを充実させるのも、効果的な施策の1つでしょう。

2.分析ツールを活用する

サイトの問題点や改善点をいち早く見つけ、修正を加える作業はCVRの改善には欠かせません。それではこうした問題点をどのように把握すれば良いのでしょうか?そこで鍵となるのが分析ツールです。

Googleアナリティクスのような分析ツールの指標は、CVRの改善を目指す上で重要なヒントを与えてくれます。

例えば、入力フォームのページで離脱率が高い場合、「入力フォームが使いづらい」「入力する項目が多すぎる」といった問題が考えられます。
また、直帰率が高いページは、ユーザーの求めている情報と異なる内容だったと考えられます。

このように、1つの指標から、サイトの問題点や改善点を見つけられるのが分析ツールの強みです。細めに分析ツールを確認しながら、ページの改善を繰り返してCVRの向上に繋げていきましょう。

Googleアナリティクスのような分析ツール

3.ユーザビリティを意識する

ユーザビリティとは、ユーザーにとっての「使いやすさ」や「分かりやすさ」を指す言葉として知られています。
しかしCVRの改善を目指すなら、単純に使いやすい・分かりやすいページを目指すだけでなく、より商品やユーザーの特徴に寄り添ったアプローチを目指す必要があります。

例えば、健康食品の購入を検討するユーザーは、比較的年齢層の高い世代が想定されます。こうした世代は、ネット通販に対しての免疫も少ないため、はじめての利用でもストレスなく使えるサイト作りが必要となってくるでしょう。

また、健康食品は商品の種類が多く、個別の商品の特徴がはっきりしないことがあります。そこで、「お悩み別商品」といったカテゴリを用意してみるのもアイデアの1つです。

ユーザーが「ストレスを感じないか」や、「迷子にならないか」を常に意識してサイトづくりを進めていくことが、CVRの改善を目指すためのユーザビリティです。

まとめ

今回は健康食品ECのCVR改善方法をご紹介しました。
CVRの改善には、根気と粘り強さが必要です。さまざまな施策を投入しながら、その効果や反応をしっかり分析する必要があります。その過程でしっかりとPDCAサイクルを回しながら、自社にとっての最適解を探してみましょう。

リピストでは、健康食品に最適なネットショップづくりをお手伝いいたします。
売上アップに繋がるネットショップ構築を目指すなら、ぜひ一度リピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト