化粧品ECのCVRを改善するための3つの方法

化粧品ECの運営者のみなさん、CVR(コンバージョン率)は意識されていますか?
ECサイトを運営しているとついついセッション数やPV数に目が向かいがちですが、化粧品ECの目的はあくまでも「売上を高める」ということ。

そのためには、セッション数だけでなくCVRを意識することはとても重要です。
今回は化粧品ECのCVRを高めるための方法を3つご紹介します。

CVRを高める大前提は「ユーザー目線」

化粧品ECのCVRを高めるには、前提となる重要なポイントがあります。
それは「ユーザー目線」を絶えず意識するということ。

ECサイトでは、サイトを訪れたり商品を購入してくれるユーザーの顔を直接見ることができません。そのため、ユーザーのニーズが運営者に届きにくいといった可能性があります。

例えば、「化粧品を取り扱うからとにかくおしゃれなサイトを作ろう!」と意気込んでも、ユーザーがそれを求めていなければ意味がありません。
「おしゃれを意識するあまり使いづらいサイトに仕上がってしまった」、という例は化粧品ECでよく見られる失敗例です。

こういった展開に陥られないためにも、運営者は常に「ユーザー目線」を意識することを忘れないようにしましょう。

ポイントは3つ!化粧品ECのCVR改善方法

それでは、ここからは具体的に化粧品ECのCVRを改善する方法について見ていきましょう。

1.ユーザービリティを意識する

CVRを改善するには、まずはユーザビリティを意識しましょう。

先ほどの前提条件の部分でも触れましたが、おしゃれさやかっこよさを意識するあまり、ユーザーが置き去りになってしまうサイトを作ってしまうことは避けなければなりません。

「このサイトは不親切だ」と一度イメージが付いてしまえば、そのユーザーは二度と自社サイトを訪れてくれないでしょう。

ユーザーが迷子にならないサイトを目指す

ユーザビリティを意識する具体策には、スマホ対応や入力フォームの最適化などがあげられます。また、欲しい商品や気になる商品がすぐに見つけられるという点もECサイトでは重要です。化粧品ECは商品の種類が多く、ユーザーが迷子になってしまいやすい分野です。

サイトを作成する場合、細かいカテゴリを用意したり、目的別の商品検索に対応するなどしてお客さんの気持ちに寄り添ってみましょう。

ユーザビリティを意識

2.直帰率・離脱率を改善する

ECサイトの担当者の方には、Googleアナリティクス等の分析ツールを使ってユーザーの動向を細かく確認している方も多いのではないでしょうか。

もしCVRの改善に効果的な指標をお探しなら、まずは直帰率と離脱率に注目してみましょう。直帰率や離脱率が高いページは、ユーザーが求めている情報と異なる内容だったり分かりづらい導線になっている可能性があります。

どこに改善の余地があるのかユーザー目線になってページを見直すきっかけにしましょう。

化粧品ECのデザインはバランス感覚が求められる

例えば、直帰率が高い原因として「ファーストビューが魅力的でなかった」「読み込みが遅かった」「内部リンクが分かりづらかった」といった原因が考えられます。
とくに化粧品ECではファーストビューが大切です。

先ほどおしゃれ過ぎて使いづらいサイトでは意味がないと述べましたが、あまりに野暮ったいサイトも、化粧品EC向きとは呼べないでしょう。おしゃれさと使いやすさを両立するバランス感覚が、化粧品ECのCVRを高めるポイントと言えそうです。

(こちらの記事もチェック☞:「【事例3選】コンサル考察!化粧品ECはデザイン面でどんな工夫をしているのか?」)

3.コンテンツを充実させる

CVRの改善を目指すなら、サイト内のコンテンツを充実させてみましょう。
ユーザーが疑問に思っている点や、もっと知りたいというポイントを深堀りできるコンテンツがあれば、コンバージョンへ繋がりやすくなります。

信頼や安心感を伝えるコンテンツを

化粧品を購入するユーザーの多くは、店舗でサンプルを試してから商品を購入する傾向にあります。化粧品は直接肌に触れる商品だけに、使用感や安全性を確認してから商品を購入したいというニーズが高いようにです。
そこでコンテンツを追加する際は、信頼や安心感を伝えるような内容を追加するのも効果的な方法です。

例えば、化粧品の安全性を伝えるために製造過程を詳細に紹介するページを用意してみるのも良いでしょう。また、実際に商品を使った人の口コミも有効な方法です。

どんなコンテンツがユーザーに信頼や安心感を与えるのか想像しながら、新たなコンテンツを追加してみましょう。

PDCAサイクルを回し続ける

最後に、CVRを高めていくために大切なポイントをもう1つご紹介しましょう。
それは、絶えずPDCAサイクルを回し続けるということ。

ECサイトのデザインや機能には、正解はありません。その時々のユーザーのニーズにあわせて、細かく修正を加えていく必要があります。

また、新たな施策が思ったほど成果をあげられないこともあるでしょう。そういった場合も、なぜこの方法がダメだったのか?次の施策にどう生かすのか、といった思考を止めないことが大切です。

PDCAサイクルを回し続ける

まとめ

今回は化粧品ECのCVRを改善するための方法をご紹介しました。
化粧品ECはライバルも多く、競争の激しい業界です。だからこそ、ユーザーに寄り添った施策を投入することが求めれます。

今回ご紹介した内容を参考にしながら、自社でトライ&エラーを繰り返しつつ、CVRを高めるための努力を続けていきましょう。

リピストでは化粧品ECに最適なカートシステムをご用意しています。
ネットショップの立ち上げや改善をお考えなら、ぜひ一度リピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト