輸入販売で始める化粧品ECのススメ

これから化粧品ECを始めたいという方、輸入販売については調べましたか?
かつてはハードルが高かった輸入販売ですが、ネット環境が進歩することで個人でも始めやすいビジネスとして注目を集めるようになりました。

そこで今回は、化粧品ECを輸入販売で始めるための情報をご紹介します。

EC市場で輸入販売が注目される理由は?

はじめに、近年EC市場で輸入販売が注目されている理由について見ていきましょう。

個人でも始められる環境が整った

EC市場で輸入販売が活発化している理由として、ネット環境の進歩が挙げられます。
かつては仕入れ先と情報のやり取りをするだけでも一苦労でしたが、現在ではメールやスカイプを利用すればいつでも簡単に情報交換ができます。

また、ネットショップで買い物をする購入形態が当たり前になってきたことで、実店舗を持たずにビジネスをスタートできる点も魅力的です。
仕入れ先と販売するためのネットショップさえあれば、個人でも十分運営して行くことができるでしょう。

個人でも始められる環境が整った

語学力や法律知識は必要

個人からでも始められるビジネスとして注目される輸入販売ですが、仕入れ先とのやり取りをする際にある程度の語学力は必要となってくるでしょう。

また、輸入販売は関税や各種法律の知識が必須となってきます。何も知らない状態でビジネスをスタートすると、思わぬリスクを背負いかねません。
簡単にスタートできる点は魅力ですが、事前にしっかりとした準備をすることを忘れないようにしましょう。

化粧品ECを輸入販売で始めるポイントは?

さて、ここからは化粧品ECにフォーカスしながら、輸入販売について見ていきましょう。

化粧品ECではユーザーへの安心感が大切

化粧品ECを運営する際に大切となるのが、ユーザーへの安心感。
直接肌に触れる商品である化粧品は、はじめて使うメーカーやアイテムとなると、不安を感じてしまうものです。

特に輸入販売では海外の製品を取り扱うことになるため、ユーザーに対していかに安心や信頼を与えられるかが売上げに大きく影響してきます。
化粧品のネットショップを立ち上げる際は、サイト内で商品の客観的なデータや成分の安全性をしっかりと表示し、ユーザーが安心して購入できるサイト作りを意識してみましょう。

化粧品ECではユーザーへの安心感が大切

医薬品や成分内容をしっかり確認する

化粧品の輸入販売で注意したいのが、医薬品の取り扱いです。
輸入する商品が医薬品の場合、薬機法の対象となります。この場合、ネットショップで商品を販売する際も薬機法に則った表記や取扱が必要となるため、あらかじめ商品について確認しておくことが大切です。

また、輸入する化粧品の成分に日本国内では許可されていない成分が入っている場合、輸入することができない・認可に時間が掛かってしまうといったケースも考えらえるでしょう。

詳細な情報はJETRO(日本貿易振興機構)などのサイトを確認しながら、必要であれば各種相談機関を利用するなどして情報収集を行っておきましょう。

化粧品ECの立ち上げはどうするの?

ECでの輸入販売を始めるためには、商品を販売するためのネットショップが必要となります。
ネットショップの形態は、大きく「モール型」と「レンタルカート型」の二種類があります。

楽天市場など既存のネットショップに出店するのがモール型です。集客力に優れており、すでに出来上がったプラットフォームでビジネスをスタートできる半面、競争が激しい・ビジネスの自由度が制限されるといったデメリットがあります。

自由度の高いレンタルカート型

より自由度の高いビジネスを行いたいなら、レンタルカート型がおすすめです。
レンタルカート型はネットショップに必要な機能を、手頃な月額料金で利用できるサービス。サイトのデザインや機能などを自由に設定できるため、自分だけのお店を持ちたいという方にぴったりです。

デメリットとしては、集客や流通などの業務を自分で行わなければならない点が挙げられます。レンタルカート型のサービスでは、ネットショップの構築だけでなく集客などをサポートしてくれるサービスもあるため、各社を比較して最適なものを選んでみましょう。

自由度の高いレンタルカート型

まとめ

今回は、これから化粧品ECを輸入販売で始めたいという方に向けて、輸入販売のメリットやデメリット、化粧品を取り扱う際のポイントなどをご紹介しました。

頼りになるレンタルカートサービスをお探しなら、リピストがおすすめです。
誰でも簡単に本格的なネットショップをスタートでき、あなたのECビジネスをしっかりとサポートしてくれます。
化粧品ECの構築をお考えなら、ぜひ一度リピストにご相談ください。