このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品ECに最適な広告媒体とは?その特徴と活用事例について解説

化粧品ECに最適な広告媒体のその特徴と活用事例について

化粧品ECを運営されている方で、どんな広告媒体を活用すべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
ネット広告の媒体は種類が多く、それぞれ特徴にも違いがあることから、どの広告媒体を選べばよいか悩んでしまいます。

そこで今回は、広告媒体ごとの特徴や化粧品ECでの活用事例をご紹介。
記事の内容を参考にしながら、どの広告媒体を活用するか探っていきましょう。

化粧品ECで広告を掲載する際の2つのポイント

化粧品ECでネット広告を掲載する場合、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

ユーザーとの信頼感が重要

化粧品は直接肌に触れる商品なため、ECサイトでは初回購入のハードルが高い分野とされています。
そのため、まず重要となってくるのがユーザーとの信頼感を育むこと。

最初から商品購入を押していくプッシュ型の戦略では、商品に対しての不信感や不安感を抱かせてしまいます。商品やブランドに対しての信頼や安心感を育みながら、じっくりと購入へと導いていくプル型の戦略が化粧品ECでは定石と言えるでしょう。

メッセージはシンプルに

ネット広告では、どれだけ視覚的にアピールできるかがまず重要となってきます。
商品のより詳しい内容や説明は、LP画面に飛んでもらってからでも遅くありません。まずは商品のポイントや強み、何をユーザーに伝えたいのかを端的に掲載しておくことが大切です。

あまりに情報を詰め込み過ぎても、情報量の多いネット上ではすぐにページをスクロールされてしまいます。
化粧品ECの広告を掲載する場合も、シンプルなメッセージを意識しておきましょう。

1.リスティング広告

ここからは、それぞれの広告媒体の詳しい特徴を見ていきましょう。
まずご紹介するのが「リスティング広告」です。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに表示されるネット広告を言います。

試しにGoogleを使って「化粧品 人気」というキーワードで検索してみましょう。

リスティング広告

この検索結果の上部分に表示された「広告」とついた部分。これがリスティング広告です。

リスティング広告ではユーザーが入力したキーワードと関連度の高い広告が表示され、クリックされるごとに広告費用が発生するシステムになっています。

リスティング広告のメリットとして、検索エンジンのトップに表示されることから注目度や認知度が高い点が挙げられます。

また、大手検索エンジンに表示される場合、検索エンジンの知名度が商品やブランドへ対しての信頼度を高めてくれる効果も期待できるでしょう。

お得感とストレートなキーワード

化粧品ECのリスティング広告では、お得感とストレートなキーワード選びがポイントとなります。
とくに化粧品は実際に試してから購入したいというニーズが高いことから、お試しセットや気軽に購入できる割引価格などは魅力的です。

また、リスティング広告では文字を記載できる広告スペースが限られてしまいます。そこで、商品の魅力をストレートに表現できるキーワード選びも、リスティング広告を活用する際は重要となってくるでしょう。

2.ディスプレイ広告

次に「ディスプレイ広告」について見ていきましょう。
ディスプレイ広告の分かりやすい例がYahoo!のトップぺージです。

yahoo!ディスプレイ広告

赤枠で囲んだ部分が広告掲載スペースとなり、画像や文字を使って視覚的にユーザーへとアピールできます。

そのほかにも、サイトやブログの画面右側や下部に広告を掲載しているケースも多く見られます。

魅力的な画像とシンプルな見やすさがポイント

化粧品ECのディスプレイ広告を見ると、商品の魅力が伝わる画像選びに力が注がれています。
直感的に「きれい・かわいい」「使ってみたい」と思わせるような画像を掲載することで、クリック率が上昇するでしょう。

魅力的な画像とシンプルな見やすさ

また、バナー全体のデザインもシンプルで見やすいものに統一されています。
あまりに情報量が多いバナーは、商品の魅力やイメージにかえってマイナスの効果を与えてしまいます。

分かりやすさを重視した広告展開は、ディスプレイ広告のポイントと言えるでしょう。

3.SNS広告

最後に「SNS広告」について見ていきましょう。
SNS広告とは、FacebookやInstagramなどのSNSツールを使った広告媒体です。SNSのタイムライン上に表示されることから、ユーザーに対して自然な流れで商品やブランドをアピ―ルすることができます。

また、SNSはプライベートなツールとして利用さることが多いことから、ユーザーとの距離感を近づけやすいといったメリットもあります。

親近感とさりげなさを意識する

SNS広告を掲載する際のポイントとして、親近感を持たれる広告づくりが大切です。
あからさまに商品を宣伝するような広告は、ユーザーからすぐさま「あざとさ」を見抜かれてしまいます。

とくに化粧品のように初回購入へのハードルが高い商品では、一度マイナスのイメージを抱かせてしまうと購入へのハードルは一層高くなってしまうでしょう。

実際にSNS上での活用事例を見てみると、ユーザーの親近感を育むため商品の宣伝をあえて控えめに抑えた広告も多く見られました。
化粧品ECでSNS広告を掲載する際は、タイムライン上に流れてきても不自然ではないさりげなさを意識してみましょう。

まとめ

今回は化粧品ECの広告媒体について、それぞれの特徴をまとめてみました。
どの広告も掲載する際のメリットに違いがあることから、自社の商品の特徴やどういったユーザーをターゲットにするのかで、広告媒体を選んでみましょう。

リピストでは化粧品ECに最適なネットショップの構築をお手伝いしています。
機能性やデザイン性が高い本格的なネットショップを誰でも簡単に開くことができます。
化粧品ECの構築をお考えなら、ぜひリピストにお声掛けください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加