このエントリーをはてなブックマークに追加

年商1億円も夢じゃない!単品通販って知っていますか?

年商1億円も夢じゃない!単品通販って知っていますか?

ECサイトの種類のひとつに「単品通販サイト」というものがあります。
あまり知られていないかもしれませんが、実はこの「単品通販サイト」、たった1種類の商品だけを販売していって、年商1億~数十億円まで生み出すこともできるという大きな可能性を秘めています。

この記事では単品通販の詳細から、単品通販カートに必要な機能まで余すことなくご紹介します。

単品通販とは

「単品通販」とは、その言葉通り、1つもしくは少数の種類の商品を、ネットショップなどWeb経由で販売するモデルです。「単品だけで通販サイトができるの?」という疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、多くのネットショップが少数の商品のみで通販サイトを運営しています。

リピーター獲得がポイント

単品通販サイトは扱う商品数が少ないことから、必然的に獲得できる顧客の数も限られています。そのため、何度も購入してくれるリピーターを獲得することがなによりも重要です。リピート顧客を獲得することを目指していることから、「単品リピート通販」などとも呼ばれます。

単品通販に適した商材

ECサイトが簡単に作れるようになったこともあり、今では多種多様な商品がネットショップで販売されています。ただ、単品通販はその独特の形態から向いている商材、向いていない商材があります。

たとえば、同一の商品の再購入が見込めないアパレルなどは、単品通販の商材には向いていませんし、逆に定期的に再購入を促せる化粧品や健康食品などは、単品通販に向いています。

なぜ単品通販は利益が出やすいのか?

単品通販をおすすめするのは、簡単に始められるという理由からだけではありません。次は単品通販サイトが利益を出せる理由をご紹介しましょう。

定期販売による集客コストの縮小

ネットショップでもっとも難しく費用がかかるのは新規顧客の獲得です。ネットショップを始めたけど広告費がかさんで利益が残らない…といった話は決して珍しい話ではありません。

その点、単品通販で固定客を獲得できれば、余計な費用を発生させずに売り上げをあげ続けることが可能です。

通販だから初期投資、維持費が少なくてすむ

リアルに店舗を持とうとすると、初期投資や維持費はネットショップの比ではありません。簡単に作れ、安価に運営できることも単品通販の魅力のひとつです。

単品だから在庫コストが安価

ネットショップでも、商品数が多いと在庫管理に膨大な費用や手間が発生します。その点、単品通販であれば在庫管理コストを抑制できるので、利益が残りやすくなります。

単品通販の成功イメージ

ここまでお読みいただければ、なぜ単品通販は利益が出しやすいかをご理解いただけたかと思います。とはいえ、「素人には難しいんじゃ…」とお考えの方もいることでしょう。

もちろん、ネットショップを運営する以上、専門的な知識は必要です。ですが、単品通販を始める方の多くが初心者。ショップ運営の知識がゼロからでも、十分に成功することが可能です。ここからは、単品通販で成功した事例をご紹介します。

副業を考えていたAさん

副業から単品通販

メーカーに勤めるAさんは、副業からの独立を考えていました。今まで転売やアフィリエイトをしたことはありましたが、どれも利益が薄く長続きせずに断念。諦めかけていたところ単品通販の存在を知り、自分でサプリメントを商品企画し、単品通販サイトを立ち上げました。

サイト立ち上げ当初は顧客獲得に苦心したものの、効果の高い広告に予算を集中させることで黒字化。現在では副業からの収入が給与を超えるまで成長し、念願だった独立を無事果たすことができました。

新規事業担当者のBさん

新規事業で単品通販

化粧品の対面販売を行う企業で勤務するBさんは、ネットショップの立ち上げを任されました。しかし対面販売と合わせた在庫管理の難しさや、作らなければならないページ数の多さなどにより難航していました。そんな折、取引先から単品通販をすすめられ、取り扱い商品を主力ラインナップのみに絞り、単品通販のネットショップを立ち上げました。

在庫管理などのバックヤード側の作業コストを可能な限り減らし、Bさん自身はマーケティングに注力。SNSマーケティングの成功に後押しされ、目標の150%達成となりました。社内でもWebの重要性が浸透し、プロジェクトリーダーとして忙しい毎日をおくっています。

卸売業で赤字が続いていたCさん

単品通販をはじめる

卸売業を営む会社の二代目であるCさんは、年々減少する売上に会社を畳もうかと考えていました。期の変わり目に販売状況を見直したところ、地元の名産を活かした加工食品の売り上げだけ好調なことに気が付き、最後の望みをかけてtoCの単品通販サイトを設立。

単発での購入しか獲得できていない状況が続いていましたが、単品購入の購入内容確認ページでお得な定期商品を紹介するようにしたところ、定期購入が少しずつ増加していき、最終的に売上の80%が定期購入によるものになりました。定期購入中の顧客への販促もうまくいき、会社は危機を脱することができました。

単品通販をするにはカート選びが重要!

単品通販ではこのような形で成功を収めている方が多くいます。もし何かアイディアをお持ちであれば、自分でショップを開くのを検討してみてもいいかもしれません。

もし、未経験の状態から単品通販を始めるのであれば、ASPを利用するのがおすすめです。ASPとはApplication Service Provider (アプリケーション サービス プロバイダー)の略で、必要な機能をレンタルする形でネットショップを作ることができるサービスです。

とはいえ、どのASPでもいいわけではありません。単品通販に合わせた機能があるカートでないと固定客を獲得することは困難です。それでは、どのような機能があるASPを探せばいいのでしょうか?次は、単品通販に必要な機能をみていきましょう。

アップセル機能

アップセル機能

アップセルとは、ある商品の購入を考えている顧客に、その商品よりも上位の商品を紹介するマーケティング手法のことです。単品通販サイトにアップセル機能があれば、単発購入の確認ページにお得な定期の商品を紹介することで、定期顧客へと引き上げる効果が期待できます。

ステップメール機能

ステップメール

ステップメールとは、顧客の状態に合わせて段階的に送るメールのこと。単品通販サイトでなによりも重要なのはリピーターの獲得ですが、トライアルを購入した顧客にも段階的にアプローチしていくことが重要になります。

ステップメール機能があれば、一度登録しておくだけで、自動でメールを配信することが可能です。単品通販をするにあたって、なくてはならない機能といってもいいかもしれません。

広告効果計測機能

広告効果測定

ネットショップを開いても、集客をしないと顧客を獲得することはできません。広告はそのための重要な手法のひとつですが、効果のある広告とない広告がある点に注意が必要です。

重要なのは、どの広告の効果が高いのかしっかりと計測すること。広告効果計測機能があれば、どの広告に資源を集中させればいいのか迷うことなく判断することができるでしょう。

単品通販のスタートアップはリピストがおすすめ!

この記事を読むまで、「単品通販」という言葉すら知らなかった方も大勢いるかもしれません。ただ、そういった方の中から成功を手にする人が出ているのも事実。なにげなく過ごしている生活の中に、思わぬアイディアが転がっているかもしれません。

もし、ご自身で単品通販サイトを始めるなら、簡単に始められるASPカートのリピストがおすすめです。リピストは、ここでご紹介した機能だけでなく、単品通販に特化したさまざまな機能を備えています。サポート体制も万全なので、初心者の方も無理なく始めることができるでしょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加