このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOチェキの見方と使い方|無料のSEOツールを使いこなそう

SEOチェキの見方と使い方|無料のSEOツールを使いこなそう

無料ツールとして便利な「SEOチェキ」は、簡単な使い方を覚えるだけで利用できます。今回は、実際の操作方法をご紹介しながら、ツールの魅力に迫ってみましょう!

SEOチェキの機能と特徴は?

SEOチェキの使い方をご紹介する前に、まずはツールの機能や特徴をみていくことにしましょう。

無料ツールとして使えるSEOチェキは、URLデータを入力するだけで、サイトのSEOデータを取得することができます。簡単な操作だけで、検索順位やキーワードの出現頻度などをすぐさま表示してくれることから、サイトのSEO情報を確認したい場面ではとても役に立ちます。

・検索順位などのSEOデータを取得できる
・簡単操作ですばやく情報表示

実際にSEOチェキを使ってみよう!

では、実際にSEOチェキの使い方を確認しながら、機能を詳しくみていきましょう。

1.サイトSEOチェック

まずは、「サイトSEOチェック」の使い方からみていきます。サイトSEOチェックページ、画面中央のURL入力欄に、検索したいサイトのURLを入力し、「チェック!」ボタンを押してみましょう。(ここではhttps://precs.jp/blog/を入力してみます)

画面には、

・サイトのタイトルや説明
・検索順位
・SNSでの「いいね」の数

などが分かりやすく表示され、サイトのSEO情報を簡単に確認することができます。

1

2.検索順位チェック

次に、「検索順位チェック」の使い方をみていきましょう。検索順位チェックでは、指定したキーワードでの検索順位が確認できます。

まず、URLの入力欄に調べたいサイトのURLを入力しましょう。次に、検索順位を確認したいキーワードを入力します。キーワードは3つまで入力でき、複合キーワードにも対応可能です。

検索後に表示された画面には、GoogleとYahoo!、それぞれのキーワード検索順位が表示されます。

3

検索キーワードの順位を参考に、SEOの観点からサイトの改善を施してみましょう。

・より順位の高いキーワードを使用する
・サイトでのキーワード利用率を高める

といった改善例が考えられます。

3.キーワード出現頻度チェック

「キーワード出現頻度チェック」では、ページ内でのキーワード出現頻度を確認することができます。

使い方は、検索したいサイトのURLを入力するだけ。「チェック!」ボタンを押して検索すると、出現頻度の多い順にキーワードが表示されます。

2

出現回数や比率とあわせて確認できるので、サイトの改善策や新しい施策を考える際の参考にしてみましょう。

例えば、「検索順位の高いキーワードをしっかりカバーしておく」といった施策は重要なポイントです。

また、競合サイトとの比較も有効な手段となります。

・狙っているキーワードで上位に検索されるサイトの頻出キーワードを知る
・自社サイトと比較して、キーワードの傾向や数を比較する

といった使い方も有益となるでしょう。

自社の分析だけでなく他社サイトとの比較も有効

今回ご紹介したSEOチェキは、簡単な使い方で有益な情報をすぐさま取得することができます。SEOチェキを使って自社サイトを分析するのはもちろん、他社サイトと比較する作業もおすすめです。

サイトの改善点はもちろん、これまで気づかなかった新たな視点を発見することにも繋がります。便利なツールを使いながら、より良いサイト作りに生かしていきましょう。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加