このエントリーをはてなブックマークに追加

RFM分析のためのフリーソフトをまとめてみた

RFM分析 フリーソフト

RFM分析を始めてみようかな、という方のためにRFM分析のフリーソフトを紹介します。

自分のショップに合ったソフトを使用することで、より良くRFM分析が行えます。
フリーソフトを活用し、自分に合ったRFM分析方法を見つけ出しましょう。

そして、フリーソフトで気に入ったものがあれば有料のソフトを使うように、無駄な出費を出さないためにもまずは、フリーソフトを使うことをお勧めします。

RFM分析ができるフリーソフトとは

ここで紹介するRFM分析のフリーソフトは、使える期間に制限があります。

そのほとんどが30日間程度の利用期間です。

しかし、30日間程度、利用できればRFM分析のやり方などは大体分かってきます。
無料版を使ってみた後で、今の自分にはRFM分析が必要なのかどうかの判断もできます。
また、無料版を使い比べてみると、より自分に合ったソフトが見つかります。

BitRFM4

30日間の無料体験版があります。ソフトの取り込みや、設定も簡単に行うことができます。

細かいランク分けができるので、優良顧客のグループが正確に分かります。細かいグループ分けによって、よりきめの細かい販促ができるでしょう。

しかし、分析件数に制限があります。また他のソフトとの連動ができません。そのためお客様への販促メールの作成の際には、メール作成のためのソフトでもう一度、RFM分析の結果を見ながらグループ分けをしてメールを送る必要があります。

少し手間が掛かりますが、RFM分析を行うには十分な機能があります。

顧客管理withFirebird

起動回数30回まで無料で利用できます。

RFM分析によるグループ分けを行い、そのグループ毎にメールを送信することもできます。また、FAXの作成や納品書、請求書の作成もでき、カレンダー管理機能も付いています。様々な機能を搭載したソフトなので、販促の際に手間が省けるでしょう。

しかし、起動回数による制限があるので、十分機能を試すことはできないかもしれません。

使いやすいと感じた方は、有料版の購入をお勧めします。

やよいの顧客管理14

30日間、無料で使用することができます。

サポート体制が充実しており、操作も分かりやすいです。他のソフトと連動させることもできるので、メールによる販促はスムーズにできるでしょう。名刺作成機能も付いています。

※実店舗向けのソフトになっているのでネットショップ運営者には、少し使いづらいかもしれません。

いいお客様Pro

31日間無料で利用できます。

メール送信やはがき作成の機能も充実しています。

まずは、RFM分析をしてみようという方は、このソフトから使ってみるといいでしょう。

どのソフトを選ぶか

ここまで、RFM分析を行うためのフリーソフトを紹介してきましたが、いずれも有料ソフトへの移行が必要になります。

エクセルでRFM分析を行うことも可能ですが、エクセルでのRFM分析は大変な時間と手間が掛かります。より早く、スムーズにRFM分析を行うには有料のソフトを使った方がいいでしょう。

RFM分析は、ショップの販促を行うにあたって有効な分析方法です。ショップの顧客の把握に困っている運営者、顧客が多すぎて管理に困っている運営者は、RFM分析が役に立ちます。

出し惜しみをせずに、有料のソフトを使うか、時間を掛けて顧客の分析をしましょう。

フリーソフトで比較しよう

フリーソフトによるRFM分析では、使える期間に制限があります。
その中で機能を比較して、自分の使いやすいソフトを導入しましょう。

しかし、ショップを立ち上げたばかりで顧客のデータが集まっていない状態でRFM分析を導入しても意味がありません。ソフト導入のタイミングも注意してください。

ショップ運営にあたっては、RFM分析だけでなく様々な顧客管理、販促の方法があります。

様々なツールを比較しながら最適な運営方法を考えましょう!
月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加