Googleアナリティクス講座:Direct(ノーリファラー)訪問を理解する

googleアナリティクスのチャネルの1つである「direct」。ノーリファラーとも呼ばれるdirectですが、どのような流入がdirectに分類されるのでしょうか?

今回はdirectとはどのようなチャネルなのか詳しく見ていきましょう。

「direct(ノーリファラー)」とは?

googleアナリティクスに複数あるチャネルの1つが「direct(ノーリファラー)」です。directとは、文字通りサイトに直接(direct)流入してきたアクセスのことを言います。

参照元がない情報が分類される

直接アクセスか判断するために必要なのが、参照元(リファラー)情報。参照元情報がない(ノーリファラー)アクセスは、directに分類されます。

[check]参照元なし → directに分類
参照元あり → その他のチャネルに分類[/check]

具体的には、次のようなアクセスがdirectに分類されるので、確認しておきましょう。

・URLを直接入力した
・ブックマーク(お気に入り)からアクセスした
・アプリからアクセスした
・スマホのサジェスト機能を利用した

directが増加傾向にある?

近年、このdirectからのアクセスが増加傾向にあります。主な理由の1つが、スマートフォンの普及です。

スマートフォンは機種によって、参照元情報を送信しない場合があります。またサジェスト機能を使ったブラウザ検索も増加要因の1つ。ブラウザ検索で表示されたURLをタップしてサイトへアクセスすると、参照元情報がないためdirectとして集計されます。

また、directにはアプリからのアクセスも含まれます。この他にも、セキュリティ強化のために用いられるSSLなどの暗号化通信が広がっているのも、directが増加している背景の1つです。

キャンペーンパラメータを設定して参照元を特定しよう

direct(ノーリファラー)に分類されてしまうと、どこからの流入なのかがはっきりとせず、有効なマーケティング施策につなげることができません。そこでオススメしたいのがキャンペーンパラメータを設定すること。

例えば、さまざまなアプリから流入がある場合、それぞれのアプリのリンクごとにキャンペーンパラメータを設定します。

例)
・LINE: http://sample.com/index.html?utm_source=LINE&…
・facebook: http://sample.com/index.html?utm_source=facebook &…

このようにリンクを分けておけば、googleアナリティクスでも分かれて計測されるので参照元の特定が可能です。

※キャンペーンパラメータの詳細に関しては別記事をご参照ください。

[check]・directの増加理由はスマートフォンの普及やセキュリティの強化。
・キャンペーンパラメータを設定すれば参照元を特定できる。[/check]

実際にdirectを確認してみよう

ここからは実際にgoogleアナリティクスを使って、directを確認してみましょう。

チャネルごとに比較して分析する

チャネル
まずはレポートの「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」の順で操作してみましょう。

2

するとレポートには、チャネルごとのデータが表示されます。データにあるdirectに注目しながら、他のチャネルと比較するなどして分析をおこないましょう。

ランディングページでの確認も可能

3

directのより細かい情報を見たい場合は、directをクリックしてランディングページの一覧を表示してみましょう。ランディングページを確認しながら、どのようなページがアクセスを集めているかを確認できます。

また、あるページがdirectのアクセスを集めている場合、そのページがブックマークされている可能性もあります。ブックマークはdirectに分類されるので、どのような記事がdirectに集計されているか確認することで、ユーザーの関心や注目度を分析することが可能です。

directの分析でユーザー像を想像する

googleアナリティクスのチャネルの1つであるdirectは、今後も増加していくことが予想されます。特にスマートフォンを使ったアクセスはdirectに分類されることも多いため、パラメータを設定してしっかりと追跡できるようにしておくことが重要です。

directのデータを材料にしながら、どのようなユーザーが利用しているのかを予測し、サイトの改善やコンテンツの投入、さらにはWeb以外のマーケティング施策へと役立てていきましょう。

単品通販をはじめるならリピスト