このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクス講座:ランディングページを分析して価値の高いページを見つけよう

Googleアナリティクス講座:ランディングページを分析して価値の高いページを見つけよう

今回のGoogleアナリティスク講座では、ランディングページを使った分析を取り上げます。ランディングページの意味や、具体的な分析方法についてみていきましょう。

ランディングページとは?

まずはgoogleアナリティスクでの分析方法を確認する前に、ランディングページの意味をおさえておきましょう。

ユーザーが最初に訪れたページ

ランディングページ(LP)とは、

ユーザーがWebサイトを訪問した際、最初に訪れたページ

を意味します。最初に訪れるページは、云わば「サイトの入口」。この入口への経路や、その後の行動を分析することで、サイトの改善に役立てることができます。

通販サイトでは、商品やサービスを紹介する1枚もののページをLPと表現することも多いので、覚えておきましょう!

ランディングページを確認してみよう

では実際にgoogleアナリティスクを使って、ランディングページを確認してみましょう。

まずは、「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」の手順で操作します。

アナリティクス操作方法

すると、下記のようなレポートが表示されます。

ランディングページ一覧

レポートには集客や行動、コンバージョンといった項目がランディングページごとに集計されており、

・どのランディングページの集客が多いか
・コンバージョンに繋がったランディングページはどこか

といった情報を確認することができます。

ランディングページを使った分析方法

それでは、ランディングページでどのような分析が可能かをご紹介します。ここでは一例として、ブログの記事ごとの集客力などを見てみましょう。

1.アドバンスフィルタでブログを絞って表示する

アドバンスフィルタとは、表示されているレポートの中から、条件を絞ってデータを抽出する機能です。先ほどご紹介したランディングページの、レポート右上に注目してみましょう。「アドバンス」の文字と、検索ボックスが表示されています。

5

例えば、ここに「blog」と入力してクリックすると、ランディングページの中から、blogに該当するものだけを絞り込むことができます。任意の条件でレポートを確認したい場合には、とても便利な機能なので覚えておきましょう。

2.コンバージョンを見たい項目に変更する

次に、コンバージョンに注目した分析方法を見ていきましょう。

googleアナリティクスのレポートから、「コンバージョン」の横にあるリストボックスをクリックします。

4

任意の項目を選ぶと、コンバージョンを見たい項目に変更することができます。

この機能のポイントは、あらかじめ目標を設定しておくことで、細かな分析が可能となること。例えば、このように細かく目標を設定しておくことで、より詳細な分析が可能となります。

・1分以上滞在した
・3ページ以上見た
・特定の商品ページまでたどり着いた

コンバージョンとアドバンスフィルタは、あわせて設定することで、より高度な分析をおこなうことができます。複数の条件を掛け合わせ、多面的な視点で分析をしながら、さまざまな仮説を導き出していきましょう。

複数の条件を掛け合わせGAを使いこなす

ランディングページの分析は、ユーザーの流入経路はもちろん、条件を設定することで多面的な情報を得ることができます。googleアナリティクスは、レポートから得られる情報を単品で扱わず、複数の条件を掛け合わせて分析することが大切です。

分析作業が行き詰まったときは、視点や条件を変更してみながら、さまざまなアプローチ方法を試してみましょう。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加