このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクス講座:訪問してくるユーザーのタイプを知ろう

【googleアナリティクス】訪問してくるユーザーのタイプを知ろう

googleアナリティクスではユーザーのタイプを、新規ユーザーとリピーターに分類します。今回は新規とリピーターの違いや、注目すべきポイントについてみていきましょう。

新規ユーザーとリピーターの定義を確認

新規ユーザーとリピーターという言葉はしばしば耳にしますが、googleアナリティクス内ではそれぞれのユーザーについて、きちんとした定義が決まっています。

1.新規ユーザー

googleアナリティクスでは、新規ユーザーは次のように定義されています。

・過去2年間以内にサイトを訪問したことがないユーザー

サイトを初めて訪れたユーザー、もしくは2年間サイトを訪問していなかったユーザーが、新規ユーザーとして分類されます。

2.リピーター

新規ユーザーに対して、リピーターは次のように定義されています。

・過去2年間以内にサイトを訪問したことがあるユーザー

新規ユーザーも、2回目以降からリピーターとしてカウントされることを覚えておきましょう。

アナリティクスで新規とリピーターを確認する

それでは、実際にgoogleアナリティクスを使って、新規とリピーターの動向を確認してみましょう。

アナリティクス内での呼び方を覚える

まず「ユーザー」→「行動」→「新規とリピーター」の順で操作します。

リピーター 確認方法

表示された表のユーザータイプという欄には、「New Visitor」と「Returning Visitor」という項目が表示されます。

リピーター 確認方法2

この2つが新規ユーザーとリピーターの部分となり、それぞれ

New Visitor = 新規ユーザー
Returning Visitor = リピーター

となります。

New VisitorとReturning Visitorはgoogleアナリティスク内での新規ユーザーとリピーターの呼び方なので、この機会に覚えておくとよいでしょう。

新規とリピーターの活用方法は?

新規ユーザーとリピーターのページにはセッションや直帰率が表示され、自社サイトに対するユーザーの印象を予測する際に役立てることができます。

いくつか例をあげてみていきましょう。

データ 活用方法

例(1):新規ユーザーの直帰率が高い

直帰とは、1回の訪問(セッション)で1ページしか閲覧しなかったユーザーの割合を指します。新規ユーザーの直帰率が高いということは、

・サイトの魅力が乏しい
・サイトのデザインや作りが見づらい
・次のページへの導線がない、もしくはわかりづらい

といった原因が考えられるでしょう。

例(2):リピーターに比べ新規のコンバージョンが低い

ECサイトでのコンバージョンの例としては、商品の購入があげられます。リピーターのCVR(コンバージョンレート)が高く、新規のCVRが低いということは、

・購入ページの入力フォームが使いづらい
・商品の魅力が十分に伝わっていない
・サイトへの信頼性が低い

などの要因も考えられます。

アナリティスクの情報から改善策を検討する

例(1)の場合であれば、

・新規ユーザーでも見やすいように、サイトのデザインを変更してみる
・各ページへ誘導するためのメニューを追加する

といった対策が考えられます。

例(2)の場合は、

・購入ページの入力フォームを分かりやすくする
・創業年数や受賞歴、売上数などの客観的データを掲載する

といった案が考えられるでしょう。

このように、googleアナリティクスから得られる新規ユーザーとリピーターの情報は、自社サイトの改善策を検討するうえでの重要な材料となります。特に、新規ユーザーとリピーターの数値におおきな開きがある場合は、その部分について検討する価値がありそうです。

ユーザーの動向からサイトの改善へつなげる

googleアナリティスクの目的は、集計したデータを元に、自社サイトをより良いものへと改善することにあります。ユーザーの動向をしっかり見極めながら、より効果の高い改善策を投入していきましょう。

ピストは、高度な分析機能を持つ単品通販カートです。定期購入商品の通販を考えられている方は、ぜひお気軽にお問合せください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加