このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクス講座:ページビュー数・セッション数・ユーザー数の違いとは?

【googleアナリティクス】ページビュー数・セッション数・ユーザー数の違いとは?

googleアナリティクスでは、さまざまな指標を使って解析を行いますが、細かく分析できるゆえに混同してしまいやすい指標が多々あります。
その中でも特に間違いやすいのがページビュー数・セッション数・ユーザー数の3つ。

まちがった分析とならないよう、それぞれが何を意味するか、しっかりと把握しておくことが重要です

3つの指標のカウント方法

ページビュー数・セッション数・ユーザー数の3つは、いずれもページの閲覧を測る指標で、カウントするタイミングが異なっています。

ペーシビュー数(PV)

ページビュー数とは、「サイトで閲覧されたページの数」をカウントした指標です。カウントされるのは、次のような場面となります。

・サイトのページが表示された
・更新ボタンを押し、ページを再度読み込んだ
・戻るボタンで前のページに戻った

これらの行動によってページが表示されるたびに、1ページビューとしての数値がカウントされます。

ページビュー数

セッション数

セッション数は、ユーザーが「サイトを訪問した数」をカウントする指標です。ユーザーの訪問が終了したと見なされるまでを、1セッションとしてカウントします。

次のような条件を満たすと、訪問が終了したとみなされ、あらたな1セッションとして追加されることを覚えておきましょう。

・30分間何も操作をしなかった
・30以内の訪問であっても、別のルートでサイトにたどり着いた
・日付をまたいだ

セッション数

ユーザー数(UU数)

ユーザー数は、ユニークユーザー(UU)数とも呼ばれる指標で、「サイトを訪問した人数」とされることが一般的です。とはいえ、厳密にユーザー数=サイトに訪れた人数、ではないということは注意しなければいけません。

例えば、1人が同じパソコンを使っていても、Internet ExplorerとGoogle Chromeからそれぞれ訪問があれば、別々のユーザーとしてカウントします。また、同じ人がPCとモバイルから別々にサイトを訪問しても、2ユーザーとしてカウントします。過去2年間の間にサイトへの訪問履歴がないと、新しい1ユーザーとしてカウントされることもおぼえておきましょう。

ちなみに同じ人がPCとモバイルでアクセスした際に、それを同一人物として扱った上で分析することを「クロスデバイス分析」といいます。ECサイトのようなユーザーに個別のIDが発行されるタイプのサイトであれば、Googleアナリティクスでクロスデバイス分析を行うことも可能です。

ユーザー数

各指標のグラフをおおきく表示してみよう

アナリティクスの各指標をグラフで表示することで、日別の推移など細かく数値を追うことが可能です。ユーザーサマリーのページから、「サマリー」の下にあるボタンを操作してみましょう。このボタンを使って項目を選択すれば、見たい指標のグラフを表示できます。

・選択ボタンからページビュー数を選択
画像3 

・ページビュー数がグラフで表示される
画像4

数値に異常が見られた際など、発生日時を特定する際に重宝します。

各指標を理解すれば詳細な行動分析につながる

今回ご紹介した、ページビュー数・訪問数・ユーザー数の3つの指標は、カウントの仕方に違いがあります。それぞれの指標の意味をしっかり理解することで、googleアナリティクスを使った詳細な行動分析にいかしていきましょう。リピストは、高度な分析機能を持つ単品通販カートです。定期購入商品の通販を考えられている方は、ぜひお気軽にお問合せください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加