このエントリーをはてなブックマークに追加

大手ネット通販サイトの強みと特徴

大手ネット通販サイトの強みと特徴

競争激しい通販サイト業界の中で、圧倒的な影響力を持つのが大手のネット通販サイトです。

今回は、総合サイトのAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3サイトの強みと特徴を見ていきます。

通販業界を引っ張る大手ネット通販サイト

オンラインユーザーの行動分析を専門とするヴァリューズの調査によると、2016年上半期のサイト訪問者数ランキング上位のなかで「ショッピング」に分類されているのは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3サイトでした。(参考:2016年上半期サイト訪問者数ランキング、キュレーションメディアが大幅伸長【ヴァリューズ調査】

Amazon

国内大手通販サイトの双璧を担うAmazon。Amazonはあくまでもマーケットプレイスなので、店舗を出店するのではなく、商品を出品する形になります。圧倒的な知名度とアクセス数を誇るので、集客力は抜群です。

品揃えの豊富さもさることながら、検索のしやすさがAmazonの武器の1つ。検索結果は単品ごとに表示されるので、欲しい商品を即座に見つけることができます。

モッピーラボの調査でもAmazonの利用客は10代、20代で、年齢が高くなるほど反比例する結果に。効率よくパパッと買い物できる使い勝手のよさが、若年層にうけているのかもしれません。(参考:「楽天市場」の人気は年齢に比例して上昇、一方「Amazon」は年齢に反比例

楽天市場

Amazonと人気を二分する大手通販ネットサイトが楽天市場です。検索のしやすさはAmazonに劣るものの、100円ごとに1ポイント貯まる楽天ポイントは同サイトの大きな武器。

ポイントキャンペーンで還元ポイントが10倍になることも珍しくなく、楽天カードを使って支払いをすればポイントは2倍になります。

上記のモッピーラボの調査では、Amazonとは対照的に年齢が上がれば上がるほど、利用率も比例して上昇しているのがわかります。中年層にアプローチしたい方にオススメです。

Yahoo!ショッピング

毎月2800万人がアクセスするYahoo! JAPAN提供のYahoo!ショッピングも集客力に定評のあるネット通販サイト。利用する年齢層の偏りは少ないものの、30代~50代の利用率が同じぐらいなのが印象的です。

Yahoo!ショッピングの最も大きな特徴は、無料でお店を開けること。初期費用、月々の固定費、売上ロイヤルティが無料になっており、予算が少なくてもネットで商品を販売可能です。

月商100万円以上を目指すプロフェッショナル出店なら、メルマガ配信機能や分析レポート作成機能も装備されています。

あえて大手サイトを選ばない手も

大手ネット通販サイトは圧倒的な集客力をもっているため、販売サイドは嬉しい限りです。

ただし、サイト内には数多くの店舗が競争を繰り広げており、個別のプロモーションや商品開発は必須です。大手サイトで販売したい方は、集客力のみに依存することのないよう気をつけましょう。

リピストは単品リピート通販に特化した通販サイト開設サービスですので、大手サイト内での競争を避けたい方、ターゲットを絞ってリピーター獲得にフォーカスしたい方におすすめです。ぜひ一度お問合せください。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加