このエントリーをはてなブックマークに追加

EC初心者必見!システムプラットフォームごとの特徴

初心者にありがちな過ち

ECサイト開設をご検討中の方は、主要なプラットフォームの特徴をおさえておくと便利です。

自社の規模、商品、予算などを慎重に検討したうえで、最適なプラットフォームでECを開設しましょう。

主要ECプラットフォームを紹介

ECのプラットフォームは、種類ごとに特徴が異なり、同じECサイトとは思えないほど見た目や機能も違います。さらにプラットフォームによって、必要な予算や開設の手間も千差万別です。

主要なECプラットフォームの特徴を大まかに掴んでおくだけでも、どれを使ってECを開設すればよいかの判断がしやすくなります。

「競合が使っているから」「とにかく安いから」といった理由ではなく、自社の状況と照らし合わせながら考えてみましょう。

モール

最も一般的なECプラットフォームがモールです。楽天、Amazon、ZOZOTOWNなどがモールの代表格。モールにもいくつか種類がありますが、共通する特徴としては集客力が強いこと。楽天やAmazonは圧倒的な知名度を誇るため、自然と多くのユーザーがアクセスしてきます。

ただしモール内でも競争はあるため独自の集客対策が必要です。出店料や月額使用料などのコストもかかる、などはモールを使用する際の注意点となるのでしっかりと把握しておきましょう。

モールは楽天のように1つの店舗として出店する方法、Amazonのように商品を出品する方法、またアパレルのように複数の店舗をブランドごとに一括して展開する方法などに分けられます。

「モールでECを始める」から一歩踏み込んで、どのタイプのモールでECを開設したいのかまで検討しましょう。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、自社もしくは委託先が一から作成したECプラットフォーム。独自ECとも呼ばれ、自社の個性を存分に押し出せる手法です。

サイト内の機能も自由にカスタマイズできます。ただし、予算と時間が膨大にかかり、かつインハウスで要件定義ができる人材が必要なので、基本的に大手向きのプラットフォームと言えます。EC未経験でフルスクラッチで作成するのはやめましょう。確実に失敗します。

インスタントEC

フルスクラッチとは対極に位置するのがインスタントEC。その名の通りサクッとお手軽にECが始められるプラットフォームです。インスタントECの代表であるBASEやStores.jpを使えば、無料かつ短時間でECビジネスに参入できます。

機能は制限されるものの、デザインテンプレートが豊富なので、見た目の自由度も低くありません。個人でごく小さい規模で展開したい方に最適で、ブログやSNSで宣伝してブランディングする楽しみもあります。

オープンソース

EC開設コストとカスタマイズの自由度を備えたのがオープンソースです。ECの基本性能を備えたソースコードを、自社のサーバーにインストールして使用します。

最低限の機能なら無料で使用でき、かつカスタマイズの幅が広いのが特徴です。ただし独自性を打ち出そうとして、便利な機能を加えるとそれだけコストもかかってしまうので本当に必要かどうかを見極めることも大切です。

オープンソースによって、多く言語対応や優れたマーケティング機能を実装できるなどの強みが異なります。

ショッピングカートASP

最後にご紹介するプラットフォームがショッピングカートASPです。EC開設サービスを月額でレンタルする方法で、初期費用もお手軽でサポート体制が手厚いのが特徴です。

予算や機能面、サポート体制を吟味すると、初心者の方に最もオススメなのがショッピングカートASPになります。

ASPの面白いところは、サービスごとに特化している分野がまったく異なることです。たとえばリピート通販に特化したサービスや、BtoB専門のサービス、越境ECにフォーカスしたサービスなどがあります。自社の状況やビジネスの特性によって、ピンポイントで最適なASPを選択できます。

情報を集めてまずは最適なプラットフォームを探しましょう

ECのプラットフォーム選びは、ECビジネスを始める重要な一歩です。最適なプラットフォームを選択できれば、業務の効率化や売上アップにつながっていきます。

リピストはリピート通販に特化したショッピングカートASPサービスです。単品通販でリピーターを獲得したい方に最適な機能を豊富に揃えています。ECサイト開設を検討中の方はぜひ一度お問合せください。

ネットショップで開業をお考えならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加