ネットショップ事業を始めるなら、結局どこがいい?

ネットショップの出店で、どこがいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

ネットショップの出店形態には、大きく分けるとモール型、無料サイト型、ECサイト型があります。それぞれの特徴を説明していきますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

モール型ネットショップ

モール型ネットショップといえば、楽天市場やYahoo!ショッピングが有名です。たくさんのショップがモール内に出店しています。

メリット・デメリット

モール型のネットショップの最大のメリットは、集客力が高い点です。楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大手のショッピングモールは利用者も多く、テレビCMや関連サービスからの集客も期待できます。

しかし、出店しているショップの数が多いので、ただ出店しただけでは埋もれてしまいます。他社と差別化したオリジナル商品や魅力的な商品を取り扱っているネットショップが有利です。

費用はどのくらい?

楽天市場は、初期費用64800円、月額費用は一番安いプランで21060円、そのほか、システム利用料や売上ロイヤルティ、決済サービス利用料金がかかります。

さらに、広告を出す場合は別途費用がかかります。お客様に自社の商品を見つけてもらうためには、広告を出して競合ネットショップより目立つ必要があり、モール出店は資金力がある企業向きだといえるでしょう。

無料サイト型ネットショップ

BASEやイージーマイショップなどの無料サイト型ネットショップは、初期費用や月額費用が無料ということで、手軽にネットショップを開設することができます。

メリット・デメリット

無料サイト型ネットショップは、費用の負担がない点が魅力です。しかし、集客サービスがなく、集客は自分でする必要があるので、ブログやFacebookなどのSNSで商品を紹介して自分の商品を売り込む必要があります。

集客に時間をかけられる方は、無料サイト型でもやっていけるかもしれません。費用をかけずにネットショップを運営してみたい方や、副業や趣味で商品を販売したい方は、まずは無料サイト型を検討してみると良いでしょう。

ECサイト型ネットショップ

ECサイト型ネットショップは、モール型よりも安い費用で開設することができます。MakeShop、カラーミーショップ、ショップサーブが有名です。

メリット・デメリット

ECサイト型ネットショップは、集客を効率的に行える機能はありますが、直接的な集客サービスはありません。
直接的な集客をサービスの一部として持つものもありますが、毎月の売上予測に組み込めるほどのボリュームにはなかなかなりません。
そのため、集客に一切予算を組めない方にはおすすめできません。

しかし、きちんと運用できれば集客効率が最も高くなるため、広告予算をかけられる方はECサイト型が向いているでしょう。

まずは、それぞれの特徴を把握しよう

結局どこがいいのかは、ネットショップの運営にどのくらいの時間がかけられるか?資金はどのくらい使うことができるか?そして、今後どのようにやっていきたいか?を明確にする必要があります。

「リピスト」は、月額0円から運営できる「定期購入・頒布会」専用カートです。ネットショップ開設はどこがいいか迷われている方は、ぜひ、リピストもご検討ください。

ネットショップで開業をお考えならリピスト