ネットショップをサポートする物流代行について

ネットショップ運営の効率化を図りたいなら、物流代行が強い味方となってくれます。

今回は一般的に生じやすい事業者の悩みとともに、物流代行サービスのメリットについてご紹介します。

ネットショップの物流代行サービスとは?

ネットショップの物流に関する業務を、事業者に代わって一手に引き受けてくれるのが「物流代行サービス」です。

物流アウトソーシングとも呼ばれるこのサービスは、物流に関するノウハウが乏しい事業者や、物流の効率化を図りたい事業者にとって、とても便利なサービスです。

こんなあなたにおすすめ・物流代行のメリット

それでは、実際に物流代行サービスを取り入れることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。事業者が抱える悩みを例にあげながら、具体的にみていきましょう。

1.物流代行で本業に集中できる

「物流の業務に追われてばかりで、本業まで手が回らない」こんな悩みを抱えている事業者の方には、物流代行サービスが向いています。

物流代行では配送だけでなく、商品の入庫から保管、梱包までを一手に引き受けてくれます。これまで物流業務に割いていた時間を本業に向けることで、事業の運営をより効率化することが可能です。

2.物流業務の不安をサポート

「ネットショップ初心者で物流業務ができるか不安」新しくネットショップを立ち上げた事業者の方にとって、物流業務は未知の世界。そんな方にも、物流代行サービスはおすすめです。

物流に関するオペレーションを丸ごとカバーしてくれる企業もあり、初心者のショップ運営をしっかりサポートしてくれます。

また、すでにネットショップの運営を始めている方でも、物流に関するノウハウが乏しく不安を感じている場合も、物流代行が強い味方となってくれるでしょう。

3.在庫や出庫管理を代行してくれる

「在庫管理を簡単におこないたい」ネットショップの業務のなかでも、在庫管理は手間のかかる業務のひとつです。商品の数が多ければそれだけ管理に時間がかかり、スペースを確保する必要にも迫られます。

物流代行サービスでは、こうした在庫管理にも対応しているサービスもあります。バーコードを使った一括管理を導入する代行業者も多く、在庫の数や出庫状況を手早く確認することができます。

4.売上げアップに貢献する

「物流業務を効率化して売上アップにつなげたい」ネットショップの在庫状況や出庫管理をオンラインでおこなえば、リアルタイムで商品の動きを把握することができます。これにより、商品の仕入れや生産数を細かく調整でき、コストカットにつなげることができます。

また、従量課金制の物流代行を利用すれば、在庫管理の無駄が省けます。大量の在庫を管理するには、それだけ大きなスペースを確保しなければなりません。

しかし、これでは、在庫の多い・少ないに関わらず一律の料金を負担する必要があります。商品の従量によって料金が決まる従量課金制であれば、負担する料金も在庫分だけに収めることができるため、コストカットに効果的です。

物流代行を利用して業務を効率化する

物流代行サービスは、ネットショップを運営するうえで欠かせない物流業務の負担を大きく減らしてくれます。サービスのメリットをうまく取り入れながら、ネットショップの業務運営の効率化に役立ててみましょう。

リピストでは簡単にECサイトを開設することができます。お客様の業務をサポートするアライアンス先のご紹介もおこなっているので、ECサイトの運営にお悩みの際は、ぜひご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト