これだけは押さえておきたい eコマースビジネスの特徴

驚異的な早さで浸透しつつあるeコマースビジネスには、独自の特徴がいくつかあります。
他のビジネスにはないユニークな点を知れば、なぜ最近eコマースという言葉を頻繁に耳にするようになったのか納得できるはずです。

eコマースビジネスとは

そもそもeコマースとはElectric Commerceの略で、日本語に訳すと「電子商取引」といいます。要するにインターネットを介した商品売買・お金のやり取りの総称です。

eコマースビジネスとは、「インターネットで商品を売ってお金を稼ぐビジネス」と言えます。

eコマースビジネスの特徴

他のビジネスにはないeコマースビジネス独自の特徴を見ていきましょう。

少ない予算でスタートできる

eコマースビジネスの最も特筆すべきポイント、それが少ない予算で始められること。通常小売店を始めようと思えば、土地や建物、レジ、空調設備、セキュリティなど、初期投資に莫大なお金がかかってしまいます。売上が少ないうちから月々の維持費も負担しなければなりません。

一方、eコマースは、インターネット上で商品を売るので土地や建物は必要なし。サイト開設は無料から可能ですし、少ない予算でも気軽に始められます。ちょっとグレードの高いサービスを使えば、店舗の自由なカスタマイズも可能です。

思い立ったらすぐに始められる

「土地を買って、店舗の届け出をして、内装を整えて、スタッフを雇って、次は…」時間がかかってしまう実店舗の開店と比較すると、eコマースはそこまでの労力や手間がかかりません。

サービスによっては1時間以内にサクッとネット上にお店を構えられることもあります。昨今のビジネスはスピード勝負。潜在的なニーズを発掘して、いち早くニーズを満たすことが成功のカギです。

思いついたアイデアをすぐに形にできるので、隠れたニーズを見つけたらすぐにでもビジネスに参入できます。

データを基にした効率的な運用ができる

eコマースは、インターネットの利点をフルに活用できるビジネスです。サイトで買い物したユーザーたちの行動は記録され、貴重な経営データとして蓄積されます。

たとえば、ユーザーが購入した商品の履歴、購入金額、購入頻度、メルマガの開封率などがあります。

そしてユーザーの行動パターンや購入ステージに応じて、最適なアプローチができるCRMツールやMA(マーケティングオートメション)ツールを使えば、ビジネスを極限まで効率化できます。

実店舗ではこういったデータを完全に取るのは不可能で大きな労力とコストがかかります。eコマースではショップ運営の方向性を決める貴重な情報が、ほぼリアルタイムで手に入るのです。

世界中を相手にビジネスができる

インターネットによって、私たちは地球の裏側に住んでいる人たちとでもリアルタイムでやり取りができるようになりました。eコマースビジネスは、極端にいえば世界中の人たち全員が潜在顧客です。地理的制約がないため、対面しなくても商品の売買が可能です。

ただし、国境を越えたeコマース「越境EC」と呼ばれる分野はまだまだ発展途上です。国ごとのニーズの違い、集客コスト、決済方法、物流の手間など、乗り越えるべき課題も多くあります。

現時点で成功するのは簡単なことではありませんが、今後さまざまなノウハウが蓄積されることや、イノベーションにより集客、決済、物流のコストが低下することを考えると、参入を検討する価値は多いにあるでしょう。

これからますます盛り上がるeコマースビジネス

独自の特徴を備えたeコマースビジネスは、こらからもどんどん成長が見込める分野です。少ない予算しか投資できない個人でも気軽にスタートできるので、興味のある方は小さな規模から始めてみてはいかがでしょうか。

eコマースビジネス開設をサポートするリピストは、月額0円からご利用可能です。手軽に始められるだけでなく、運営サポートや便利な機能も充実しています。

単品通販をはじめるならリピスト