このエントリーをはてなブックマークに追加

eコマースに関連するさまざまなサービスを紹介

eコマースに関連するさまざまなサービスを紹介

eコマース業界では競争を勝ち抜くために関連サービスを導入するショップが増えています。
サービスの幅はショッピングカートから集客サービスまで幅広く、ECサイトの運営をグッと便利にしてくれるものばかりです。

eコマースは便利なサービスでより効率的に

ご存じの通りeコマース業界は戦国時代に突入しています。その競争の激化とともに誕生したトレンドがeコマース関連サービスです。

より効率的なEC運営を可能にしてくれる便利なサービスが次々と生まれ、発展しています。ライバルとの差を埋めるためにも、まずはどんなサービスがあるのかを把握しておきましょう。

eコマースに関わるサービス4選

eコマースに関わる代表的なサービスを4つご紹介します。各サービスは大手向きだけでなく、中小企業向けサービスも充実しているので、低予算でも導入できるタイプも豊富です。

ショッピングカート

ショッピングカートとは、ECサイトを手軽に開設できるツールのこと。昨今のショッピングカートサービスは、ECサイトの開設はもちろんのこと、広告分析やサイトをスマホ・タブレットに対応してくれるなど、幅広い機能を備えています。

また、単品通販のリピート販売に特化したカートなど、特定領域に特化したサービスも登場しているのが特徴です。

予算が少なくても気軽に導入できるのも嬉しいポイントで、eコマースに初めて挑戦する人でも安心です。ただしお金がかからないぶん、カスタマイズの自由度は低くなる傾向があります。

EC決済サービス

決済はeコマースの売上を左右する重要な要素です。せっかくユーザーが商品をカートに入れても決済方法が煩雑だと、カートに商品を残したまま離脱してしまう「カゴ落ち」を引き起こす可能性もあります。

そこでEC決済サービスを使えば、これらの決済方法をサクッと導入でき、ユーザーの購入ハードルが下がります。

ただし、決算手段は多ければ良い、新しければ良いというものではなく、自社のECサイトの顧客年齢や性別と導入する決済方法を一致させることが最も重要なポイントです。余計な決済手段の存在はむしろマイナスになると考えてください。

たとえば顧客の中心が中高年層で、銀行決済やクレジットカード決済を好むのであれば、IDや電子マネー決済を売りにしているサービスの魅力は下がります。

まずは、自社サイトの顧客がどのような決済方法を好むのか。新しい決済方法の導入でどれだけ顧客の取りこぼしを防げるのか。決済サービス導入前にじっくり考えてみましょう。

CRMサービス

顧客との関係はビジネスの生命線です。顧客のニーズが「個客化」つまり、顧客個人によって最適なアプローチが求められる昨今、マニュアル対応で顧客との優良な関係を維持するのはあまり現実的ではありません。

CRMサービスは顧客ごとに多様化するニーズをすくいとり、自動で最適なアプローチをかけて顧客との関係を維持します。

たとえば、商品を初めて購入した顧客、ロイヤルティの高い顧客など、分析データを基に顧客属性の割り出しの処理能力は抜群で、メールやアンケートも、顧客属性に合わせて最適化された内容を最適なタイミングで配信してくれます。

データを基にした施策がますます主流になっていくeコマースにおいて、CRMサービスの重要性もこれから増してくるでしょう。

EC集客サービス

少ない予算で多くのユーザーを集客できたら、eコマース運営者としてこれほど嬉しいことはありません。しかしネット広告の運用からSEO対策まで、集客施策を自社ですべてこなそうと思うとなかなか大変です。

そこで知っておきたいのが集客施策も効率化することができるEC集客サービスです。たとえば、eコマースの集客には、リスティング広告、リターゲティング広告、SNS広告などを利用しますが、運用ノウハウが無ければ広告運用サービスを利用するのも手です。SEOやコンテンツマーケティング施策も、コンサルティングサービスを活用することができます。

大切なのはツールを使う目的を知っておくこと

競争が激化しさらなる効率化を求められるeコマース業界。ただし、サービス導入の目的があいまいなまま導入しても、予算の無駄使いになる可能性もあります。なにを実現したくて、そのためになにが必要なのかは使う前に一度確認しておきましょう。

ECサイト開設サービスのリピストなら、事業の拡大に合わせてさまざまなオプションを追加することができます。しっかりとした現状把握と目的を持って事業を拡大させていきましょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加