このエントリーをはてなブックマークに追加

通販事業を成功に導くための戦略について

通販事業を成功に導くための戦略について解説する

通販事業を成功させたいなら、事業をスタートさせる前の戦略立案が必須です。
戦略とは通販事業者の道標を照らす灯台のようなもの。行き当たりばったりで余裕のない運営を防ぐため、あらかじめ戦略を立案しましょう。

通販事業における戦略とは

戦略の定義は立場によって幅がありますが、ビジネスではおおよそ次のような定義が成り立ちます。

戦略とは「設定したゴールを限りある経営資源を効率的に使って達成するための最適解」

通販事業でいえば売上をいつまでに○万円達成する、○○分野で顧客を○人獲得する、が基本的なゴールといえるでしょう。

ゴールを達成するためには経営資源(金、人、時間)が必要です。そして限られた経営資源を最大限効率的に使ってゴールを達成するためのプランが戦略です。戦略がないと、より具体的な戦術、日々の実践的なタスク設定ができません。

競合を意識した戦略が必須

戦略は別の言い方をすれば「いかに競合に勝利するか」とも言えるでしょう。通販事業に限らずビジネスを戦略抜きでスタートさせることはありません。

理由はとてもシンプルで、市場には競合がいるからです。戦略なきビジネスは遅かれ早かれ行き詰ってしまうでしょう。

どうすれば通販事業を戦略的に進められるのか

通販事業をスタートさせるためには、綿密な計画が必要です。「なにを」「いつまでに」「どのように」などの具体的なアクションプランまで落とし込む必要があります。

通販事業を戦略的に進められるかどうかを左右するのは、

(1)戦略の具体性・妥当性。短期・中期・長期で達成したいゴールを設定をして、それらのゴールを達成するための戦略設定を具体的なアクションにまで落とし込むこと。

(2)業界・競合の現状を現実的に反映したものであること。

2つのうちどちらかが欠けても、戦略的に通販事業を進めることはできません。具体性に欠けているということは、大雑把な地図で航海するようなものです。しっかりと時間をかけて戦略的に通販事業を運営しましょう。

通販事業における戦略の一例

通販事業における戦略の一例をご紹介します。ただ、参入する分野、事業の規模、経営資源などの条件によってとるべき戦略は事業者によってさまざまです。自社や競合、市場を分析し戦略を細かくカスタマイズして具体的な戦略を練りましょう。

ニッチ戦略

たくさんの小規模通販が実践しているのがニッチ戦略です。ニッチとは細かく分類された市場のセグメントのこと。

たとえばオーガニック商品市場といっても、値段、配合成分、年齢、性別などによって細かく市場が分類されます。

細分化されたセグメントに属するターゲットに対して、ピンポイントで訴求するのがニッチ戦略です。大手との競争を回避できますし、小さな市場でも独占できれば大きな収益を狙えます。

差別化戦略

通販事業において販売する商品が重要なのは言うまでもありません。通販事業サイトが乱立するなか、消費者があなたのサイトで買い物するためには特定の理由が必要です。

他サイトでは手に入らないオリジナリティの高い商品や魅力的な価格での提供ができれば、それは消費者が買い物する立派な理由になります。大手と違って価格競争が困難な小規模通販事業者は、商品のオリジナリティやクオリティが決め手になるでしょう。

行動の指針となる戦略で通販事業を成功に

実践するのにハードルが高そうな戦略も、突き詰めてみるとシンプルなものです。戦略があやふやなまま事業をスタートしてしまうことのないようにじっくり本質を見極めながら整理していきましょう。

リピストは月額14,800円から始められる単品通販サイト構築サービスです。すぐに始められ、カスタマーサポートも手厚いので運営面のバックアップはお任せください。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加