売上アップ!?BtoBのEC事例と注目すべきポイント

近年、BtoBのEC化が進んでいます。BtoB企業がECサイトを導入することで、さまざまなメリットがあるようです。今回は、BtoBのEC事例と注目すべきポイントをまとめてみました。

BtoBとは?

BtoB(Business-to-business)とは、メーカーと卸売企業または、卸売企業と小売企業など、企業間の商取引のことです。対して、BtoC(Business-to-consumer)とは、企業と消費者間の購買取引のことです。

ECサイトといえばBtoCの楽天やAmazonを思い浮かべる方が多いかもしれません。BtoBのECサイトよりもBtoCのECサイトの方が、一般消費者にとっては馴染み深いですが、実際の市場規模は、BtoBの方が大きく、EC化も進んでいます。

BtoBとBtoCの市場規模とEC化率

では、具体的な数字を元にBtoBの市場規模とについて確認していきましょう。

btoc ec market size

経済産業省が行った「電子商取引に関する市場調査(2018年度)」によると、日本国内におけるBtoCの市場規模は約18.0兆円で前年比の8.96%増(16.5兆円:2017年度)となっています。


一方のBtoBの市場規模は、344.2兆円。こちらも前年比から8.1%増(318.2兆円:2017年度)と、ECの市場規模が年々拡大傾向にあることが分かります。

特筆すべきは、BtoCとBtoBの市場規模の違いでしょう。単純計算でもBtoBはBtoCの約19倍の市場規模をほこっており、そのマーケットの大きさがよく分かります。

また、市場取引におけるECの利用率をあらわすEC化率は、BtoCが6.22%だったのに対して、BtoBでは30.2%となっています。こちらも、BtoBのEC市場の活況が窺える数字です。

参照データはこちら→『平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)』

BtoBのEC化によるメリット

では、BtoBの市場規模とEC化率が伸びてきている理由は、どこにあるのでしょうか?BtoB企業がEC化することによるメリットを見ていきます。

メリット1.取引が継続されやすい

BtoBの場合、取引先を変更するとなると、会社内での決裁手続きの手間がかかるので、一度取引が始まると、取引が継続されやすくなります。

メリット2.業務の効率化ができる

BtoBがEC化することにより、今までFAXや電話注文で行っていた業務の効率化が図れます。データ入力作業にかかる人件費の節約やミスが減少しますし、顧客側も、ECサイトの管理画面をチェックするだけで、発注の状況や納期の確認ができます。

メリット3.機会損失が抑えられる

電話注文だと、企業の営業時間内でしか注文を受け付けることができません。EC化することにより、顧客の都合の良い時間に注文ができるので、売り上げのチャンスを逃すことが少なくなります。

注文の際にかかる時間も、ECサイトでの注文の方が短時間で済ませることができるので効率がよくなります。

メリット4.お金が早く回る

BtoBのEC化で顧客からの注文が直接倉庫へ届けることもできるので、発送作業がスピーディになり、納品までの日数を短くすることができます。すると、商品代金の回収も早くなり、お金が早く回ります。

また、さまざまな決済方法を導入することによって、顧客の利便性も上がり、結果として売り上げアップに繋がるかもしれません。

メリット5.新規取引先の増加が期待できる

EC化により、これまで営業で訪問しきれなかった遠方の企業との新規取引の可能性が期待できます。また、効率化によって、大口注文のみの注文に応じていた企業も、小口注文に対応できるようになります。

BtoBのEC事例をご紹介

ここからは、実際にBtoBのECサイトの参考事例を見ていくことにしましょう。業界でも人気を集めているBtoBサイトにはどのようなものがあるのでしょうか?

1.モノタロウ

monotaro toppage
まずご紹介するBtoBのECサイトはモノタロウです。

近年急速に成長を続けているモノタロウでは、資材や工具といった業者向けの商品を取り扱っています。人気を集める理由は、圧倒的な商品数。サイトでは1,800万点を数える商品を揃えており、ユーザーは必要な商品を一括で購入することが可能です(2020年3月現在)。

サイトも詳細なカテゴリ分けがなされておりUIやUX面に優れているのも特徴の1つです。

2.アスクル

askul top page
次にご紹介するのが、アスクルです。

アスクルはBtoBのECサイトとしてはトップクラスの売上高をほこる人気サイトで、企業に欠かせないオフィス用品や事務用品を中心に、仕事場に関わるあらゆるアイテムを取り扱っています。

一般的な事務机から介護用品まで、商品のバリエーションが多いことが特徴で、BtoB型ECサイトの代表格の1つと呼べるでしょう。

3.ミスミ

misumi top page
ミスミも、BtoB系のECサイトとして成功を収めている事例の1つです。

ミスミは製造業に特化したECサイトとして知られており、専門性の高い機械部品などを豊富に取り扱っています。従来までは製造会社に直接依頼をする必要があった商品でも、手軽にネットショップで購入できるとあって、事業者からは高い評価を受けているサイトです。

2019年3月期の発表では、売上高は8期連続で過去最高を記録するなど、BtoBのECサイトでも勢いのある企業の1つでしょう。

4.BtoBにくらす

btob nikurasu top page
最後にご紹介するのが、BtoBにくらすです。

BtoBにくらすでは、家具、洗剤、食器、清掃用具といった生活雑貨全般を取り扱っており、事業者はサイトを通じて自社で販売する商品を仕入れることができます。

セレクトショップや雑貨店を営むユーザーにはとくに人気が高く、BtoBにくらすのオリジナルブランドも多数揃っている点も評価を得る理由でしょう。

時代はBtoBのEC化

BtoBのEC化によって、売上の拡大が期待されます。さらに今後ますますBtoBのEC化が進んでいき、顧客はEC化している企業に流れていくでしょう。

リピストは事業規模に応じて様々なな機能を必要な分だけ付け足すことができます。無駄なランニングコストの削減にもつながり、魅力的なECサイトの構築を後押しします。

ネットショップの構築をお考えなら、ぜひ1度リピストへお気軽にお問合せください。

単品通販をはじめるならリピスト