このエントリーをはてなブックマークに追加

EC事業とは?はじめてのECビジネス基礎知識

EC事業とは?はじめてのECビジネス基礎知識

EC事業に興味を持ちはじめた方に、最初に知っておきたい基本をご紹介します。
EC事業とはどんなものをさすのか、そしてどういったものが必要なのか、今からしっかりと押さえておきましょう。

そもそもECとは?

EC、eコマースとも言われ、「Electronic Commerce」の略。日本後に訳すと「電子商取引」になります。

Amazonや楽天などで買い物をするときを思い出していただくとわかりやすいと思いますが、ECとはインターネット上で契約や決済を行い、物やサービスを売買することの総称です。

EC事業のメリット

一般的なお店で販売する場合と違って、ECには次のようなさまざまなメリットがあります。

お店を持たなくても運営できる

EC事業はインターネット上のお店だけでよいので、実店舗を持たなくても商売を行うことができます。そのため、店舗管理費(家賃や地代、光熱費など)のコストの削減が可能です。

場所の制約を受けない

お客様が直接来店するわけではないので、どこに住んでいても行えるのがEC事業の大きなメリットです。商品やサイトのつくりによっては全国、全世界に向けてEC事業を展開できます。

24時間年中無休で開店できる

すべてのお客様がインターネットを経由して商品を購入するため、時間を一切気にすることなくお客様が利用していただけます。EC事業を自動販売機として活用することが可能になるのです。

小資本でスタートできる

店舗を持たない、やり方によっては在庫を持たずにEC事業を行うことができます。最小限必要なのは、インターネット上にECサイトを開設する費用のみ。これならば少ない資本で事業を開始できます。

EC事業を始めるのに必要なものとは

では、早速EC事業を始めたい。そう思ったときに必要なものをご紹介しましょう。

1.事業計画を立てる

どのような事業も、まずは事業計画を立てることが必要になります。「予算はどのくらいかけるのか」、「スタッフの必要性は」、「売り上げの目標は。」そして大事なのは「誰に」「何を」「どのように」売るのか。これを明確にしておきましょう。

これらをもとに、次の段階の準備を検討します。

2.どこでECサイトを開設するか

ECサイトの開設方法もさまざまです。

・レンタルショッピングカードを使う
・ショッピングモールに出店する
・自社独自のショッピングサイトをつくる

予算や売上規模、インターネットに対しての知識によって方法が変わるので、しっかりと検討しましょう。

3.決済方法を決める

EC事業には欠かせない決済方法、主に次のような種類があります。

・クレジットカード
・コンビニ決済
・ネットバンク決済
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換

クレジットカードやコンビニ決済は、決済代行サービス会社を利用するのが一般的です。手数料などもふまえて、どの決済方法を使うのかを決定しましょう。

4.発送方法を決める

EC事業で物販を行うのであれば、商品の配送が必要になります。どの運送会社を使うのかも必要ですが、規模によっては発送代行サービスを活用することも検討するといいでしょう。

EC事業開始後も大切

EC事業とは、スタートしてからが大切です。在庫管理、顧客管理、入金管理などの管理業務。アクセス解析などを行い、お客様を呼び寄せるための改善。EC事業とはインターネット上で販売するだけでなく、さまざまな管理や改善までセットで考えておくことが必要です。

リピストは月額0円から運営でき、簡単に開設できる通販専用カートです。管理画面も使いやすく、分析・測定機能搭載で効果の “見える化”も行います。今からEC事業を行う方、ぜひリピストを活用してみてください。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加