このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングオートメーションツールとは?

マーケティングオートメーションツールとは?

マーケティングオートメーションツールとは、マーケティングに必要な施策を自動化するツールのこと。デジタルマーケティング時代を象徴するようなツールですが、具体的にどのようなことが可能になるのでしょうか?

マーケティングオートメーションツールとはなにか

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)は略してMAと呼ばれることも。文字通りマーケティング必要な施策を自動化し、ECビジネスの効率性を飛躍的に高めます。

近年、データ集積・分析技術が驚くべきスピードで発展しました。そのデータを有効に活用することで、ユーザー個人の行動パターンや嗜好に合わせたマーケティングができるようになります。

膨大な顧客データをもとに、ユーザー1人1人に対して、最適なアプローチをかけるのは人力では至難の業です。マーケティングオートメーションツールとは、人力では何時間もかかってしまう作業をサクッとこなしてくれる、心強いツールなのです。

マーケティングオートメーションで自動化されること

マーケティングオートメーションツールがマーケティング施策を効率化してくれることはわかりました。しかし、具体的になにをどう自動化してくれるのでしょうか?自動化できる施策のなかからいくつかピックアップしてご紹介します。

リードの情報管理

リードとはいわば見込み客のこと(現場に応じてさまざまな言い回し、定義があります)。サイトのフォームやアンケートの情報入力などで獲得したリード情報を、マーケティングオートメーションを使ってデータベース化することができます。膨大な情報のなかから、必要なときに必要なデータを効率よく得られ、容易に今後のマーケティングに活用することができるのです。

リードの行動を分析&スコアリング

リードの獲得経路、メールのクリック率、サイト上での行動履歴など、マーケティングオートメーションツールはリードのデータを自動で蓄積し分析します。

分析したデータをもとにユーザーをスコアリングし、よりCVに結びつきやすそうなユーザーを抽出することも可能です。営業チームと協力すれば、成約率の高い営業ができるでしょう。

リードへのメールマーケティングやコンテンツ最適化

マーケティングオートメーションがスゴイのは、データの管理・分析だけではありません。ある条件で絞ったり、特定のプロファイルに一致するリードに対してメールを送信したり、アプローチすることもできます。

さらにリードが好みそうな広告をデータを基にカスタマイズすると、ユーザー個人の嗜好に沿った広告が配信され、効率的にリードとの距離を縮めることができます。

マーケティングオートメーションツールが「できないこと」

いくらマーケティングオートメーションツールが優れているとはいえ、決して万能ではありません。MAができないこともまだいくつか存在します。

戦略の立案

リードに送信するメールの内容からアクションプランなど、戦略性のあるメール配信でないと顧客は獲得できません。マーケティングオートメーションツールは、効率的なメール配信はできます。

しかし、どのような戦略に則ってアプローチするかを考えるのは人間の仕事です。コンテンツの内容もしかり。どのユーザーにどの広告を配信すればよいかを戦略的に考えるのは、MAにはできません。

人的リソースの完全削減

MAは生産性を劇的にアップしてくれるツールですが、人的リソースを完全に0にしてくれるわけではありません。ツールを使いこなすにもスキルを持った人間が必要です。

膨大なデータや複雑な分析を行うツールならなおさらのこと。使いこなせる人間がいるからこそ、マーケティングオートメーションツールの機能が活きます。

マーケティングオートメーションツールはこれからの主流

マーケティングオートメーションツールを使えば、ビジネスの効率を大幅に上げられます。ぜひ使いこなせるようになりましょう。

うちでのこづちと提携したリピストなら、顧客分析からメール配信までお手のものです。「うちでのこづち×リピストのCRM/MAツール」、リピーター獲得が命の単品通販サイトに特にオススメです。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加