このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO内部対策の意味と重要性

SEO内部対策の意味と重要性

ネットショップ運営者にとってSEO内部対策は絶対に必要です。しかし、ネットショップを運営し始めたばかりの方は、知識が不足していることも事実。そこで今回はSEO内部対策の意味と重要性をわかりやすく解説します。

SEO内部対策とは?

SEO内部対策についてお話しする前に、SEOの意味をおさらいしましょう。SEOとは自分のWebページを検索結果上位に表示させる施策。検索ページに上位表示されないとアクセスは集まらないので、SEOはネットショップ運営に必要不可欠です。

SEO対策は外部対策と内部対策の2種類。外部対策とは、外部サイトにページのリンクを貼ってもらうことでページの評価を高め、検索結果の上位に表示させること。一方の内部対策とは、サイト内のコンテンツや構造を最適化して、評価を高める施策です。

SEO内部対策のカギはユーザーと検索エンジンからの評価

SEO内部対策において意識したいことは主に2つ。ユーザーからの評価と検索エンジンからの評価です。最終的に検索エンジンから評価されて順位を上げることが目的ですが、検索エンジンから評価されるためには、ユーザーからの評価が不可欠ですん。

役に立つコンテンツでユーザーからの評価を獲得

現在SEOにおいて最も重要なことはコンテンツの質です。ユーザーにとって役に立つ・利益になるコンテンツを作成しましょう。ユーザーに評価されれば、SNSでシェアされたり、自然と質の高いリンクが集まります。

「ユーザーは何を求めているか?」「どうやったら彼らの役に立てるか?」といったことを意識しながらコンテンツを作るのが、ページの評価につながります。

ときにはコンテンツを削除することも有効です。サイト内の質の低いコンテンツは、サイト全体の評価を下げてしまう要因になりかねません。必要のないコンテンツを削除したら順位が上がった、という報告もあります。

内容を適切に伝えて評価を獲得

検索エンジンに評価してもらうためには、コンテンツの内容をわかりやすく伝えることも必要です。すぐにできる対策をまずはおさえておきましょう。

タイトルタグ

そのページの名前となるタイトルタグは、検索エンジンが非常に重視しています。対策キーワードをしっかりと入れましょう。

文字数は、PCだけではなく、スマートフォンでの表示も考慮して設定します。また、ほかの上位サイトとの差別化も必要なので、タイトルはオリジナルになるように注意しましょう。

※関連記事「SEOのためのキーワード選定に役立つ考え方

メタディスクリプションタグ

タイトルとともに検索結果に表示される文章です。こちらは直接SEOには効果がないとされていますが、ユーザーがクリックするときの判断材料になることは確かです。

検索したキーワードが太字で表示されるので、キーワードを盛り込んだ簡潔な文章を意識しましょう。

どうしてSEO内部対策が重要なのか

“検索”することが日常化している今、検索エンジンで表示される膨大なウェブサイトのなかから見てもらうことが重要です。いくら良いコンテンツをもっていても、内部対策がおろそかなことが原因で、上位表示に失敗してしまうともったいないですよね。

近年、質の低い被リンクを集める外部対策は、Googleからペナルティーを受けることがわかっています(被リンクを集めること自体は今でも非常に有効)。

そういった外部対策のリスクが指摘されるようになり、相対的に内部対策の重要性が上がってきたという文脈で語られることもありますが、そもそも内部対策は重要なのです。

SEO内部対策でサイトの集客力UP

サイト運営者の方は、SEO内部対策は当たり前にこなせるレベルを目指しましょう。コンテンツの質やサイトの構造など、意識することが数多くあり大変なのは確かです。しかし、長期的な視野で見れば、SEO内部対策は必ずサイトの利益になります。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加