単品通販でネット広告を運用する前にしておきたいこと

ネット広告を効率的に運用するために重要なポイントは3つあります。このポイントを把握していれば、ネット広告運用の方向性が見えてくるでしょう。ネット広告を運用する前の心得として3つのステップをご紹介します。

ステップ1.単品通販の特徴を知る

ネット通販は大きく2つのタイプがあります。さまざまなジャンルの商品を取り扱う「総合通販」と、ある特定の商品に特化した「単品通販」です。単品通販には、総合通販とは異なる強みがあります。ネット広告を運用する際には、この強みを活かすことが非常に大切です。

取り扱う商品が限定されている

単品通販のもっとも大きな特徴は“特定の商品に絞って販売”することです。つまり、商品が限定されるので

商品を購入する消費者も限定される

ということです。

消費者が限定されているのであれば、その特定のニーズに合った集客を行なう必要があります。逆を言えば、その商品に関心のないユーザーに対しては、わざわざアプローチしても意味がないということです。

ステップ2.消費者の特徴を知る

消費者が限定されているのであれば、その消費者に合わせたネット広告を打ち出せばよいわけです。特定の消費者の興味をひくようにネット広告を運用するには、消費者がどんな人たちなのかを把握する必要があります。

ターゲット層の関心事とは何か

あなたのサイトに購入する消費者はどんなことに関心があるのでしょうか?
年代層、性別、地域が限定されているでしょうか?
これらの点をイメージして細かく設定することで、限定された消費者を効率よく集めることができます。

ステップ3.自社の強みを把握する

特定の商品に特化した単品通販では、自社商品の強みがしっかりアピールできているかがポイントとなります。今回自社の商品を購入してもらったとしても、次回購入する際には消費者は容易に他社製品に乗りかえてしまう、ということはよくあることです。

競合他社との違いを消費者が理解しているなら、リピート購入につながります。単品通販では、既存顧客(リピーター)を増やすことが安定した売り上げに不可欠です。

ネット広告を運用する際にもこの点を念頭に置いて、リピート購入の動機づけとなる自社の強みをアピールするようにしましょう。

商材やサービスの強みをしっかり把握してネット広告をつくる

自社のアピールできる強みを考える際に覚えておきたいのが、自社がアピールしたい点と消費者のニーズがマッチしているかどうか。他社にはない特徴があったとしても、消費者にとってそれが魅力的であるかどうか、ということです。

ネットショップ運営者にとって次のことは鉄則ですが、ネット広告を運用する際にも同じことが当てはまります。つまり“消費者の観点で考える”ということです。

自社のアピールポイントを前面に出せばよいというわけではなく、“消費者のニーズに合わせる”ことをいつも念頭に置くのが成功の秘訣です。

ネット広告の効果最大化を図る

単品通販でのネット広告を実際に運用する前に、特定の消費者がイメージできているか、その消費者はどんなことを求めていて、自社商品はどのようにそのニーズを満たすことができるのかを明確にしましょう。

安定したネットショップ運営には、ネット広告の費用対効果を改善していくことが大切です。PRECSのリピストは広告費用対効果の見える化で効果の最大化を図ります。まずはお気軽にご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト