リスティング広告費用を抑えるためには

リスティング広告の費用を抑えるためには、意識すべき3つのポイントがあります。コストを抑えることで、より効率的な広告効果を引き出せば、ビジネスの好循環につなげることができます。

リスティング広告は他社との競合が必須

ネットビジネスの中核を担うリスティング広告は、他社との競合が多くみられます。そのため、より効果的な広告効果を引き出すうえで、費用を抑える工夫が必要です。

費用を抑えるためのポイントについて、詳しくみていきましょう。

費用を抑えるポイント1.ロングテールキーワードを狙う

リスティング広告などのネットビジネスには、「ヘッド」と「テール」という言葉が存在します。キーワードの人気を横グラフであらわすと、人気キーワードが大きく急な山を描き、反対にマイナーなキーワードは長く緩やかな山を描きます。

それぞれのキーワードの山を、「ヘッド(頭)」、「テール(しっぽ)」とたとえて表現するのがこの言葉の由来です。テール部分は、長い山を描くため、「ロングテール」と表現します。

ロングテールキーワードは費用を抑えられる

ロングテールキーワードは、ひとつひとつで得られるアクセスは微々たるものですが、大量にまとまればビッグキーワードを凌駕するボリュームを期待できます。また、競合の少ないキーワードでもあるので費用も安く抑えられます。

費用を抑えるポイント2.品質スコアを上げる

リスティング広告は、品質スコアと呼ばれる数値で判断されます。品質スコアは、キーワードとサイト情報の関連性やユーザーにとっての利便性を評価する指標で、質の高いサイトほど品質スコアが高くなります。

品質スコアアップで広告費用を抑える

リスティング広告の掲載順位は広告ランク(品質スコア×入札単価)で決定します。つまり、品質スコアが高くなれば、入札単価を抑えることができるので、広告費用を抑えることにつながります。

また、品質スコアの改善により検索キーワードと広告の関連性が高まれば、最終的な成果(購入やお申込みなど)の期待値も高まります。

費用を抑えるポイント3.キーワードを見直す

キーワードの見直しは、サイトへのアクセスを改善するうえで効果的です。サイトとの関連性が高いキーワードであれば、アクセス数は増加します。

他のサイトと競合しない、オリジナリティあるキーワードを組み合わせるのも効果的です。

キーワードを除外するのも一手

キーワードの見直しをする際は、キーワードを除外する方法も取り入れてみましょう。キーワードを検索するユーザーが、どのようなものを求めているのかを分析することで、余計なワードを除外していきます。

こうした改善に取り組むことで、サイトへのアクセスや商品の購入頻度があがり、結果として広告費用を抑える効果につながります。

広告費用を抑えるための最善手を選択する

リスティング広告は、キーワード設定や広告の品質スコアを向上させることで、費用を抑えることができます。広告費用を抑えて成果を出すための改善策を常に考えていきましょう。

リピストでは広告の費用対効果を見やすくすることで、広告効果の最大化サポートしています。お気軽にお問合せください。