このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップでウェブ広告を始める前に知っておきたいポイント

ネットショップでウェブ広告を始める前に知っておきたいポイント

ネットショップを開設しても何もしなければお客様はやってきません。集客のためにはウェブ広告を活用しましょう。
目的によって使うウェブ広告は違いますが、今回はどの広告にも共通して言える基本となるポイントをご紹介します。

ウェブ広告を始める前に知っておきたいポイント

ウェブ広告を始める前に、基本的な心得や特徴をおさえておくきましょう。重要なポイントをいくつか抜粋してご紹介します。

目標を明確にしておく

ウェブ広告にはさまざまな種類が存在しているので、ネットショップの規模や目標や改善点に応じて、適切なウェブ広告を選択し、運用しなければなりません。

たとえばネットショップを開設したばかりなのであれば、まずはアクセス数を増やすことが目的になります。ある程度のアクセス数がなければそもそも改善するべき項目が見つけられません。

まずは少額からでも始められるリスティング広告の運用から始めるのが一般的でしょう。

「周りのネットショップがやっているからうちも…」といった漠然とした意識ではなく、はっきりとした目標をもって広告を運用しましょう。

広告は複数のパターンを用意する

掲載するウェブ広告の原稿(クリエイティブと呼ばれます)は複数パターン用意するのが基本です。画像やテキストの組み合わせを変えたり、訴求メッセージを変更して、いくつか広告を作ってみましょう。

広告クリエイティブは作った本人からすると力作でも、お客様も同じように感じるとは限りません。
クリエイティブ作成のコツは、

お客様が価値を感じられるか?

を意識することです。

クリエイティブをいくつか作成したら、第三者にチェックをお願いするのがおすすめです。自分では気づかなった問題点が浮かびあがってきて、よりよいクリエイティブを作ることができます。

訴求ポイントは1つに絞る

クリエイティブにあれもこれもと情報をつぎ込んでしまうのは間違いです。訴求するポイントはひとつに絞りましょう。

訴求ポイントが多すぎると、結果的に何を言いたいのかがよくわからない広告になってしまいます。自分のネットショップで「これだけは譲れない」というポイントをピックアップして、強みを集中的にアピールしましょう。

ウェブ広告で集客するためには広告効果測定が大切

ウェブ広告の運用で集客をして売上につなげるためには、広告効果測定が重要です。ユーザーがどのような広告を経由して商品を購入しているのか、どのような年齢・職業の人たちがどの広告をクリックしているのか。これらの情報を集積・分析すれば、効率的に集客し売上アップにつなげることができます。

費用対効果の見えるカートでネットショップ運営

ネットショップ運営者ならば、ウェブ広告の目的や役割を理解しておきたいものです。各広告の特徴をおさえて結果につながるような広告運用を目指しましょう。

リピストなら広告費用対効果がハッキリと見えるので、広告運用がより戦略的に。広告の効果を毎日確認して、日々効果的な広告運用に励みましょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加