初心者でもわかる!リスティング広告とは?

「リスティング広告とは?」と聞かれてうまく答えられない方は、まずは一番基本的な部分をおさえるところから始めましょう。リスティング広告の特徴や仕組みについても簡単にご説明します。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でキーワード検索したときの検索結果ページに表示される広告のことです。主に「Yahoo!プロモーション広告」か「Google AdWords」を利用してリスティング広告を掲載できます。

広告の出稿先によって表示のされ方や掲載先が少し異なります。詳しくは下のリンクでご確認ください。

Yahoo!プロモーション広告
http://marketing.yahoo.co.jp/service/promo/

GoogleAdWords
https://www.google.co.jp/adwords/

リスティング広告の特徴

リスティング広告の特徴や仕組みについてご説明します。

表示内容がシンプルである

リスティング広告とはテキスト情報だけの広告で、表示されるものは「タイトル」「説明文」「URL」のみ。電話番号をオプションでつけることも可能ですが、とてもシンプルな内容です。

検索結果にはいくつかリスティング広告が並びますので、そのなかからクリックしたくなるタイトルや説明文を指定の文字数内で考えることが大切です。

クリックで課金される

リスティング広告は、表示されただけでは料金は発生しません。クリックされてはじめて料金が発生します。クリック課金型の広告はPPC広告(Pay Per Click)とも呼ばれており、リスティング広告の特徴の一つです。

広告単価が入札方式で決定される

リスティング広告とは、広告単価が検索で表示されたいキーワードごとに入札で決定されます。人気の高いキーワードほど高額になります。広告の掲載位置は、入札価格とページの品質スコアで自動的に決定されることも知っておきましょう。

リスティング広告には品質スコアという概念があり、
 ・広告テキストと説明文の関連度
 ・広告のクリック率
 ・ランディングページとキーワードの関連度
で決まります。

広告の掲載順位は 品質スコア×広告単価 で決まるので、これらが高ければ同じ順位でも安い広告単価で広告を掲載することができます。

リスティング広告とマス広告の違い

マス広告(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌に載せる広告のこと)とリスティング広告との違いをみていきましょう。

「攻め」と「受け身」

マス広告とリスティング広告の大きな違いは、ユーザーとの関わり方にあります。

マス広告は、不特定多数の人に対して一方的に情報を届けるプッシュ型(攻め)。リスティング広告は、ユーザーからの発信(アクション)に応えるかたちで情報を提供するのでプル型(受け身)と言われています。

多くの人に見てもらうことができるマス広告と、ユーザーのニーズに合わせて出せるリスティング広告。これらはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、基本的には広告の目的をはっきりとさせた上で、どんな人に見てもらいたいか、ということを基準に選ぶことが重要です。

費用

マス広告の多くの人に見てもらうことができますが、実際は費用が高く、ハードルが高いという側面があります。

一方、リスティング広告は、クリックで課金されるシステムです。少額から運用することができ、予算に合わせて1日や1か月単位で上限を設定することができます。

実際には広告にかけられる費用は決まっているはずですから、少額から始められるリスティング広告などのネット広告を念頭に情報を集めておきましょう。

メリットをうまく活用した運用をしましょう

リスティング広告は、予算に応じて、必要なターゲットにリーチすることができます。メリットをうまく活用して、効果の高い広告を打ち出してみましょう。

リピストでは、広告の費用対効果を見える化することで広告の分析をサポートします。初めての方でも使いやすいリピストをぜひご検討ください。

単品通販をはじめるならリピスト