ランディングページを改善してみよう

ランディングページを改善すれば直帰率が下がり、商品が購入される可能性が高くなります。ユーザーが一目で「買いたい!」と思えるようなランディングページを作りましょう。

ランディングページを改善するためのコツ5選

「ランディングページの改善が重要なのはわかるけど、具体的にはどうすればいいの?」といった方もご心配なく。売れるランディングページには共通点があります。ちょっとしたコツをおさえながら、ランディングページを改善していきましょう。

お申込みボタンはわかりやすく配置

ランディングページの目的はユーザーにお申し込みボタンをクリックしてもらうこと。ユーザーにクリックしてもらうためには、お申込みボタンを工夫しなければなりません。

改善のコツは「とにかくわかりやすく」です。ボタンであることが明確にわかるようにページ内の他の要素と差別化しましょう。

差別化する方法としては

  • 配色を変える
  • グラデーションをかける
  • 影をつける
  • 矢印をつける

といったものがあります。

商品の魅力がしっかりと伝わるキャッチコピー

ランディングページの改善は、ページのビジュアルを手直しするだけでは不十分です。言葉の力を最大限に活用して、ユーザーの心に訴えかけなければなりません。「ユーザーの悩みは何か?」「商品を使用することでユーザーにどのようなベネフィットがあるのか」などを意識してキャッチコピーを作成しましょう。

具体的な数字で商品の凄さをアピール

人気商品のランディングページで「○年連続売上NO.1」「20XX年度業界1位!」といったコピーを目にしたことはありませんか。具体的な実績が数字で示されていれば、商品への信頼がグッと増すことは間違いなし。数字をメダルや王冠でデコレーションすれば、さらなる効果を期待できるでしょう。

商品やサービスの効果が伝わる写真を使用

人間は目から得られる情報に依存している生き物。ファーストビューで目にする写真や画像が気に入らなければ、すぐにページから離脱してしまいます。重要なのはユーザーが一目で商品の効果を想像できるような写真です。

たとえば、化粧品を販売しているのなら実際に商品を使用している人の写真を掲載しましょう。ユーザーは瞬時に効果を連想でき、クリック率へとつながります。

お客様の声を載せて説得力がグンとUP

お客様の生の声を掲載するのも改善のコツの1つ。売り手側が商品の魅力を1から10まで説明しても、説得力はいまひとつ。しかし購入者の実際の声を写真と共に掲載すれば、説得力がグンとUPします。ネットショップでも、商品のレビューがよいとつい買ってしまいますよね。

ランディングページを改善すれば売上大幅UPも夢じゃない

商品購入の可能性を高めるために、とことんユーザーの目線で考えましょう。真剣にユーザーの立場になってページを作れば、おのずとよいランディングページができるはずです。

リピストのランディングページは、カゴ落ちを大幅に減らすと同時に、注文フォームも搭載しています。リピストの申し込みフォーム一体型LPで、売上UPを目指しましょう!

単品通販をはじめるならリピスト