このエントリーをはてなブックマークに追加

ステップメールから集客につなげるために

【6月】ステップメールから集客につなげるために

ステップメールを始めたのはいいけれど、集客になかなか結びつかない。そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。ステップメールを集客に結びつけるためには、どのような工夫が必要なのかを知っておきましょう。

ステップメールから集客につなげる5つのコツ

どのようにすればステップメールから集客に繋げられるのか。そのコツを5つにまとめました。

1. 大事なことはゴールを決めておくこと

ステップメールは、あらかじめ決めておいたシナリオを、設定したタイミングでそれぞれのお客さまに配信できるという、優れた面があります。つまり、お客さまを徐々にゴールへ誘導できるのです。

では、ステップメールでお客さまを最終的に何に誘導したいのか。そのゴールをまずは決めましょう。商品の購入なのか、会員登録なのか、それともキャンペーンの応募なのか。このゴールを決めなければ、集客に結びつけることはできません。

2.ランディングページへ誘導しよう

ランディングページとは、メールや広告から誘導して最初に行き着くウェブページ(着地ページ)のことです。ステップメールだけでは不十分な情報を、ランディングページに記載して、最終的なゴールへ誘導します。

ランディングページへ誘導されるお客さまは、あなたが送ったステップメールの情報を、さらに詳しく知りたい方がほとんどです。

ステップメールから直接商品を販売したり、会員登録させたりということもできないことではありませんが、ランディングページへ誘導したほうが効果は高くなります。

3.ステップメールで行動をはっきりと誘導する

ステップメールから読者にどのような行動を起こして欲しいのか。これは早い段階で明確に伝えておきましょう。

「さらに情報を知りたい方は、こちらをご覧ください」とランディングページに誘導したり、「お得な特典をゲットできる会員になりませんか?」と、会員登録サイトへ誘導します。

ステップメールの最初の方では、なかなか行動を起こしてくれません。しかし、繰り返し同じメッセージを伝えることで、読者もステップメールを読んでその意図が理解でき、最後は誘導され集客に結びつきやすくなります。

4.ステップメールでの行動を絞る

ステップメールでの集客では、読者の行動を一つに絞ってください。あるときはランディングページへの誘導、またあるときは商品の購入の促し、別の時は会員登録、というようにバラバラにならないように。

お客さまは一貫性のあるメッセージを望んでいます。あくまでも最初に設定したゴールに向かうためのメッセージを伝えるように心がけてください。

5.行動に対する特典を与える

最終的なゴールに向けての行動を起こしてくれた読者に対して、特典を与えると集客に結びつきやすくなります。例えば、会員登録をしてくれた方にクーポン券を差し上げる、キャンペーンに応募した方には非売品の情報をPDFで送る、といったもの。

こういった特典欲しさに、こちらが意図した行動を起こしてくれる方もいます。ステップメールで毎回違った特典を設定して、回を重ねるごとにグレードアップしていくという手段もあります。

集客は一日にしてならず

メールで集客を行う場合、1回だけではなかなか反応してくれません。繰り返してアプローチすることで、あなたへの親近感が高まっていきます。ステップメールはそのためのツールとしては最適なものです。

ぜひステップメールを使いこなして、繰り返しのアプローチで読者にゴールに向かう行動を誘導していきましょう。

リピストでは商品ごとに設定したシナリオを、設定した配信タイミングで送ることができる「自動ステップメール」を搭載したECサイトをつくることができます。商品ごとにさらなる集客効果を狙うこともできますので、ぜひ検討してみましょう。

bn_stepmail

このエントリーをはてなブックマークに追加